【必見】グラフィックデザイナーにおすすめする本を紹介します!

グラフィックデザインとは

グラフィックデザインは、視覚的な要素を使用して情報を伝えたり、製品やサービスの魅力を引き立たせたりするための芸術と技術の組み合わせです。これは、文字、イラスト、写真、カラーなどの要素を調和させ、デザインされた素材を通じてメッセージやコンセプトを効果的に伝達することを目的としています。グラフィックデザインは広告、ウェブデザイン、ロゴ制作、パッケージデザインなど、さまざまな分野で利用されています。デザイナーは視覚的な魅力と機能性を組み合わせ、対象となる観客や顧客に訴えかけるデザインを生み出す役割を果たしています。

グラフィックデザイナーに求められるスキル

グラフィック作成ソフトの知識

グラフィックデザイナーに求められる主要なスキルの一つは、様々なグラフィック作成ソフトの知識です。Adobe Creative Cloud(Illustrator、Photoshop、InDesignなど)やSketch、Figmaなどのツールを使いこなし、プロフェッショナルなデザインを生み出すために必要な技術力が求められます。

デザインアイデアを考える企画力

優れたグラフィックデザイナーは、クリエイティブなアイデアを生み出す企画力が重要です。プロジェクトのコンセプトや目的に基づいてデザインアプローチを考え、独創的で効果的なデザインを実現する能力が求められます。

効果的かつ伝わる形を創造するデザイン表現力

デザイナーには、デザインが視覚的に魅力的でありながらも伝達力があることが求められます。適切な配色、タイポグラフィ、レイアウトの知識を活かし、目的に合った効果的なデザインを生み出す表現力が必要です。

周囲と意思疎通をするコミュニケーション力

デザインプロセスでは、クライアントや他のチームメンバーと密接に連携することがあります。効果的なコミュニケーション能力は、要件やフィードバックを理解し、円滑なプロジェクト進行に貢献します。

デザイン意図を伝えるプレゼンテーション力

デザインの提案や成果物を他者に効果的に伝えるためのプレゼンテーション力も重要です。デザインの背後にあるアイデアや意図を分かりやすく説明し、フィードバックを取り入れながらプロジェクトを進めることが求められます。

グラフィックデザインに関するおすすめ本

デザイン

あるあるデザイン

本書はデザインの基本である「レイアウト」に焦点を当て、言葉で理解しやすいフレーズを通じて、誰でも実践できるデザインのアイデアを提供しています。本書では著者の豊富なデザイン経験をもとに、どんな人でも理解しやすく、役立つデザインのポイントを説明しています。特に、言葉やフレーズを使って、デザインのルールやアプローチを分かりやすく解説しているのが特徴です。

けっきょく、よはく。余白を活かしたデザインレイアウトの本

本書は、デザインにおいて重要な役割を果たす「余白」に焦点を当て、その活用方法や効果的なデザインレイアウトについて解説しています。著者が、余白をどのように使ってデザインをより魅力的にし、視覚的な効果を高めるかについて示唆しています。余白はしばしば見落とされがちですが、正しく活用することでデザインに深みやクリアなメッセージを加えることができます。デザインにおける基本的な原則としての余白の役割や、実際のデザインにどのように組み込むかについての実践的なアドバイスを提供しています。デザイナーやクリエイターにとって、余白の有効な利用法を学びたい方におすすめの一冊です。

やってはいけないデザイン

本書では、デザインのプロセスや成果物において避けるべき「やってはいけない」デザインのポイントに焦点を当てています。著者自身の経験や視点から、成功例ではなく、むしろ注意が必要な失敗例や誤ったアプローチについて解説しています。これにより、読者はデザインプロセスでより効果的な判断を行い、成功につながるデザインを生み出すヒントを得ることができます。「やってはいけないデザイン」は、デザインの学習者や実践者にとって、失敗から学び、より洗練されたデザインを生み出すための示唆に富んだ一冊となっています。

なるほどデザイン

本書は、視覚的に楽しむことができる新しいデザインに焦点を当て、デザインの本質やアイデアを視覚的な要素を通じて探求しています。見ることでデザインの面白さや奥深さを理解し、新しいデザインのトレンドやアプローチに触れることができます。「なるほどデザイン」は、デザインに親しむ人々やデザインの学習者に向けられた本であり、視覚的なインスピレーションを求める方におすすめの一冊です。デザインの多様性や魅力を知りたい方にとって、楽しい発見があることでしょう。

ロゴ

ロゴデザインの教科書

本書は、ロゴデザインにおいて基本的な作り方から展開法までを学べる教科書となっています。ロゴデザインに関する基本的な原則やテクニック、作業手順が分かりやすく解説されており、初心者から中級者までが学びながら実践できる内容になっています。デザインの基礎から応用まで、幅広くロゴデザインに関する知識を提供しているため、ロゴデザインに興味がある方にとって有益な一冊となっています。

レイアウト

Balance in Design 美しくみせるデザインの原則

著者はKimberly Elam(キンバリー・イーラム)です。この本はデザインの原則に焦点を当て、美しいデザインを作り出すためのバランスの重要性について探求しています。キンバリー・イーラムはデザイン教育者であり、本書ではデザインのバランスや構成に関する基本的な原則をわかりやすく解説しています。増補改訂版では、新しい事例やコンテンツが追加されています。デザインにおける調和や均衡に興味を持つデザイナーや学習者にとって、有益な情報が詰まった一冊となっています。

ツール

これからはじめるIllustrator&Photoshopの本

この本では、IllustratorとPhotoshopといった主要なデザインツールを使いながら、基本的なデザインのスキルやテクニックを学ぶことができます。初心者向けに分かりやすく解説されており、デザインの基礎から応用まで広くカバーしているのが特徴です。IllustratorとPhotoshopの基本的な操作方法から実践的なデザインの手法まで学ぶことができるため、デザインの初学者や入門者にとって有益な一冊となっています。

まとめ

グラフィックデザイナーは常に学習を怠ってはいけません。今回紹介した本は幅広いレベルや興味に対応し、デザイナーのスキル向上やクリエイティブな視点を広げるのに役立ちます。もし気になる本があれば、まずは手に取ってみてください。

よくある質問

Q: デザインのトレンドはどのように追いかけるべきですか?

A: インターネットやデザイン関連のメディアを活用し、他のデザイナーや業界の新作を追跡することでトレンドをキャッチすることができます。

Q: どのデザインソフトが主流ですか?

A: Adobe製品が主流で、Illustrator(イラストレーター)、Photoshop(フォトショップ)、InDesign(インデザイン)などが一般的に利用されます。

Q: グラフィックデザインの学習方法は?

A: オンラインコースや専門学校での学習、書籍やウェブリソースを活用して自己学習する方法があります。実践も重要です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ