Amazon DSPとは?特徴やメリットについて解説します

DSPとは

DSP(Demand-Side Platform)とは、広告主が広告を効果的に配信するためのプラットフォームです。このプラットフォームを通じて、広告主は広告をターゲットとなるオーディエンスに表示し、広告のパフォーマンスを最適化することが可能です。一方で、SSP(Supply Side Platform)はメディア(ウェブサイトやアプリなど)が広告枠を提供し、広告を表示するためのプラットフォームを指します。

DSPとSSPは、広告エコシステムの中で協力して広告キャンペーンを実現します。DSPは広告主の代理で、広告をターゲットオーディエンスに配信するためのオプションを提供し、入札を行います。一方、SSPはメディアの代理で、広告枠を提供し、広告主からの入札を受け付け、最も適切な広告を選択して表示します。

通常、ユーザーがウェブサイトを訪れると、ウェブページ上の広告スペースがオークションのようになり、DSPとSSPの間で入札が行われます。DSPは、その広告主が設定した条件に基づいて入札を行い、最も適切な広告を表示します。この仕組みにより、広告主は効果的に広告をターゲットし、メディアは広告スペースを最適な価格で販売できます。

一般的なウェブユーザーが関連のない広告を見かける場合、それはDSPとSSPの協力によって、ターゲットオーディエンスに向けられた結果です。 DSPとSSPは広告業界において重要な役割を果たし、広告主とメディアの双方に利益をもたらしています。

Amazon DSPとは

Amazon外部からの顧客獲得

Amazon DSPを活用することで、広告主はAmazon外部のウェブサイトでもAmazonユーザーに対して効果的な広告を提供できます。これらのAmazonユーザーは一般的に中間層以上の世帯年収を持ち、高いクレジットカード保有率や購買意欲を備えています。この特徴的なユーザーグループに広告を展開することで、広告主は自社商品やサービスのプロモーションを成功裏に行え、大規模な顧客獲得を達成できます。Amazon外部のウェブサイトでもAmazon DSPを使用することで、広告主は幅広いオーディエンスにアプローチし、自社ブランドの認知度を高め、売上を増加させるチャンスを利用できます。このメリットは、Amazon DSPを活用してビジネスを成長させる上で重要な要素です。

Amazon内広告との違い

Amazon DSPとAmazon内広告(Amazonスポンサー広告など)は異なる目的を持っています。 Amazon内広告は購入行動に直接影響を与えることを主な目的としており、ユーザーに商品の購入を促すことがその役割です。これに対して、Amazon DSPはブランド認知を高め、購買検討段階にいる潜在的な顧客を増やすことを主要な目的としています。つまり、Amazon DSPを活用することで、未来の売上を増やすための準備を整える役割を果たします。

さらに、Amazon DSPを使用してAmazon外部のウェブサイトからユーザーをAmazonサイト内に誘導することができるため、Amazon内広告と連動して効果的な広告キャンペーンを展開できます。この連携により、顧客獲得から購入までの一連のプロセスを効果的に管理し、ブランドの成功に貢献します。 Amazon DSPとAmazon内広告を組み合わせて活用することで、広告戦略をより戦略的に構築できます。

Amazonの購買データの活用

Amazon DSPは、Amazonの膨大な購買データを効果的に活用できるため、広告のターゲティングを向上させることができます。これらの購買データには、ユーザーの購買履歴、閲覧履歴、検索クエリ、購買傾向などが含まれています。広告主はこれらのデータを分析し、自社商品に最も関心のあるユーザーグループを特定できます。

このデータの活用は、他の広告プラットフォームでは得られない大きな利点です。広告主は、より精確なターゲティングを実珅化でき、広告の効果を最大化できます。例えば、特定の製品カテゴリに興味を持つユーザーや、過去に似た商品を購入したユーザーに広告を表示できます。

このような高度なターゲティングにより、広告キャンペーンの成功率が向上し、広告費の無駄を減らすことができます。また、ユーザーにより適切な広告メッセージを提供することで、購買意欲を刺激し、売上を増加させる可能性が高まります。 Amazon DSPを活用することで、購買データを活用した戦略的な広告キャンペーンを展開できます。

参考:Amazon出品大学

AmazonDSPのメリット

Amazon販売が不要

Amazon DSPを活用する際、自社の商品をAmazonで販売している必要はありません。これは他のAmazon内広告(Amazonスポンサー広告など)とは異なる点です。つまり、Amazon DSP広告を展開する際、自社商品がAmazonで販売されていなくても利用できます。

この柔軟性により、広告主は広告のランディングページを自社が運営するウェブページにリンクさせることができます。自社商品をAmazonで販売している場合、自社ECサイトやブランドページ、キャンペーンサイトなど、様々なウェブページを広告のランディングページとして設定できます。

この特徴は、広告主にとって非常に重要です。なぜなら、Amazon以外のプラットフォームやウェブページを活用して、顧客に効果的にアプローチし、自社商品をプロモーションできるからです。 Amazon DSPを活用することで、広告主は自身のビジネス戦略に合わせた柔軟な広告展開が可能となり、広告の成功に貢献します。

Amazon外部での広告展開

Amazon DSPを利用することで、広告主はAmazon外部のウェブサイトでも広告を配信できます。この機能により、自社商品のプロモーションを大規模に展開でき、広告のリーチを拡大することが可能です。Amazon外部のウェブサイトに存在するユーザーを、Amazonサイト内に誘導する機会が増加し、売上を増加させる可能性が高まります。

特に、Amazon外部のユーザーを引き寄せることは、ブランドの認知度を高め、購買検討段階にいるユーザーを自社商品に関心を持たせるために非常に重要です。この方法を活用することで、広告主は広告展開の幅を広げ、新たな顧客を獲得し、既存の顧客との関係を強化することができます。また、外部のウェブサイトでの広告展開により、競争力を高め、ビジネスの成長を促進することが可能となります。 Amazon DSPの外部広告展開のメリットは、ビジネス戦略の一環として非常に価値がある要素です。

Amazonの購買データの活用

Amazon DSPを活用することで、Amazonの膨大な購買データを有効に活用できます。これは広告主にとって大きな利点となり、広告のターゲティングを向上させる役割を果たします。Amazonの購買データには、ユーザーの過去の購買履歴、閲覧履歴、検索クエリ、購買傾向などが含まれています。

広告主は、これらのデータを分析し、自社商品に最も関心のあるユーザーグループを精密に特定できます。例えば、特定の商品カテゴリに興味を持つユーザーに対してターゲットを絞ることが可能です。このような高度なターゲティングは、他の広告プラットフォームでは得られない利点であり、広告キャンペーンの成功に大いに貢献します。

Amazonの購買データを活用することで、広告主はより適切なユーザーにアプローチし、広告のパフォーマンスを最適化できます。結果として、広告のクリック率やコンバージョン率が向上し、広告費の無駄を削減できます。このデータの活用は、Amazon DSPを活用した広告戦略の成功に不可欠な要素です。

参考:Amazon出品大学

Amazon DSPについてのまとめ

Amazon DSP(Demand-Side Platform)は、広告主が広告を配信し、ターゲットとなるオーディエンスにアプローチするためのプラットフォームです。これは、Amazon外部のウェブサイトでも広告を展開し、Amazonユーザーを自社商品に誘導するための強力なツールです。Amazon DSPを使用することで、広告主はAmazon外部のウェブサイトでも広告を配信でき、高所得層で購買意欲の高いユーザーをターゲットとできます。この広告展開により、顧客獲得の機会が増え、売上を増加させる可能性が高まります。

また、Amazon DSPはAmazon内広告とは異なる目的を持ちます。Amazon内広告は購入行動に直接影響を与えることを目指すのに対し、Amazon DSPはブランド認知や購買検討段階にいる顧客を増やすことを目指します。これにより、広告主は未来の売上を増やす準備を整えることができます。また、Amazon DSPはAmazonの膨大な購買データを活用でき、広告のターゲティングを向上させます。広告主は自社商品に適したユーザーグループを効果的にターゲットでき、広告キャンペーンの成功に寄与します。 Amazon DSPは、広告主にとって戦略的な広告展開と顧客獲得の手段として非常に有用であり、競争力を高める重要なツールとなっています。

参考:Amazon出品大学

Amazon DSPについてのよくある質問

Q1: Amazon DSPとはどのようなものですか?

A1: Amazon DSPとは、Amazonが提供するDemand Side Platform(DSP)です。Amazon DSPを利用することで、広告主や代理店は、Amazonの広告在庫をリアルタイムで買い付け、ユーザーの属性や行動履歴に基づいて、最適なタイミングと場所で広告を配信することができます。

Q2: Amazon DSPのメリットは何ですか?

A2: Amazon DSPのメリットは、以下のとおりです。

  • Amazonの広告在庫を活用できる
  • ユーザーの属性や行動履歴に基づいてターゲティングできる
  • データの分析・活用ができる
CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ