【予算設定解説】Amazonスポンサー広告の効果的な予算と配信設定|成功のポイントも解説

Amazonスポンサー広告における1日の予算とは

以下の表は、Amazonスポンサー広告における予算管理や設定の特徴について示しています。

設定特徴
1日の予算平均化1日の予算未満である場合もあり、その月の残額を利用して最大で100%超過することもある
柔軟性トラフィックの多い日に最適な結果を得ることが可能
キャンペーン設定キャンペーンマネージャーからアクセスし、1日の予算を100%増やすか、25%のみ増やすかを選択可能
月末時点での広告費設定した1日の予算にその月の日数を乗じた金額を上回ることはない
請求限度額超過配信の調整が請求書で行われる

広告主はキャンペーンマネージャーからアクセスし、1日の予算を100%増やすか、25%のみ増やすかを選択することができます。
月末時点での広告費は、設定した1日の予算にその月の日数を乗じた金額を上回ることはありません。
請求限度額を超える請求がないよう、請求書では超過配信の調整が行われます。

この記事では、Amazonスポンサー広告の予算管理や設定に関する詳細な情報を解説しています。

【Amazon】Amazonスポンサー広告の始め方についてはこちら!

この記事では、Amazonスポンサー広告の予算管理や設定に関する詳細な情報を解説しています。

Amazonスポンサー広告における予算の平均化について

計算方法

以下の表は、Amazonスポンサー広告における1日の出稿金額の計算方法について示しています。

項目計算式金額
1日の予算設定予算 × 10%100円 × 10% = 10円
初日のクリック数90円分
翌日の最大クリック数設定予算 + 設定予算 × 10%100円 + 100円 × 10% = 110円
2日間の合計支出初日のクリック数 + 翌日の最大クリック数90円 + 110円 = 200円
1日あたりの平均支出2日間の合計支出 ÷ 2200円 ÷ 2 = 100円

設定予算が100円の場合、1日の予算は10円となります。
初日に90円分のクリック数を獲得し、翌日には最大で110円分のクリック数を獲得することができます。
したがって、2日間の合計支出は200円となり、1日あたりの平均支出は100円になります。
これによって、出稿金額が柔軟に変動し、広告キャンペーンの効果的な管理が可能となります。

選択可能な設定

以下の表は、Amazonスポンサー広告におけるキャンペーンの柔軟な予算設定について示しています。

選択肢予算増加率特徴
100%増加100%トラフィックの急増や重要なイベントへの対応に有益
25%増加25%柔軟性を持ちながらもコントロールされた予算管理が可能

広告主はキャンペーンマネージャーを通じてアクセスし、各キャンペーンに対して100%増加または25%増加の予算設定を選択することができます。
これにより、広告主は自らの目標や戦略に合わせて最適な選択を行い、柔軟で効果的な広告運用を行うことができます。

1日に複数回予算の変更を実施した場合

以下の表は、1日に複数回予算を変更した場合と月途中で1日の予算を変更した場合のキャンペーン費用の上限の計算方法について示しています。

状況上限費用計算式
1日に複数回予算変更当日の最も高い予算
月途中で予算変更月の残りの日数 × 新しい1日の予算

1日に複数回予算を変更した場合、その日のキャンペーン費用の上限はその日の中で最も高い予算になります。
月途中で1日の予算を変更しても、その月の残りのキャンペーン費用は新しい1日の予算にその月の残りの日数を乗じた値を超えません。
これにより、広告主は柔軟かつ効果的に予算を調整し、広告運用を最適化することが可能となります。

参考:Amazon広告ヘルプ

Amazonスポンサー広告における予算の超過対応について

予算の超過配信が起こった場合

以下の表は、Amazonスポンサー広告における予算の超過配信に対する具体的な調整方法と例を示しています。

状況調整方法具体例
広告費が請求前に超過調整金として請求額と相殺1日の予算が1000円であり、31日間の広告運用を行う場合、設定した予算は31,000円。31日目に広告費が30,000円に達した場合、超過分の1,000円は調整金として請求額と相殺される。
広告費が請求後に超過翌期間に無料の広告費として付与1日の予算が1000円であり、31日間の広告運用を行った結果、広告費が35,000円になった場合、超過分の4,000円は請求される。しかし、次の月には4,000円分の無料広告費が付与される。

広告費が請求前に超過した場合は、超えた分の広告費が調整金として請求額と相殺されます。
広告費が請求後に超過した場合は、翌期間に無料の広告費としてAmazonから付与されます。
これにより、広告主は予算を超えた費用に対しても適切に調整され、透明性を確保しつつ追加の広告掲載を無料で得ることができます。

スポンサープロダクト広告「相殺」のお支払いオプションについてはこちら!

無効なクリック・インプレッションに対しての調整について

以下の表は、Amazon Adsにおける無効なクリック・インプレッションに対する調整方法と具体例を示しています。

調整方法概要具体例
予算の自動調整無効なアクティビティに誤って請求された場合、自動的に予算が調整される。1日の予算が1000円であり、その日に無効なクリックが誤って請求された場合、自動的に1000円の予算から無効なクリックの金額が差し引かれる。
無効なイベントの検出無効なクリックやインプレッションは自動フィルターやオフライン分析によって検出され、クリック統計から削除される。検出は6時間以内に完了し、遡及的バッチアルゴリズムにより最大30日間継続される。キャンペーンのクリック統計に含まれていた無効なクリックが自動フィルターによって検出され、その日のクリック統計から削除される。

無効なアクティビティに誤って請求された場合は、自動的に予算が調整されます。
また、無効なイベントの検出は自動フィルターやオフライン分析によって行われ、6時間以内に検出されたクリックやインプレッションは遡及的バッチアルゴリズムにより最大30日間継続して調整されます。

参考:Amazon広告ヘルプ

Amazonスポンサー広告の予算や予算の配信設定についてのまとめ

Amazonスポンサー広告の予算と予算の配信設定には、重要なポイントがあります。

  1. 1日の予算の平均化と超過配信
    • 1日の予算は月全体で平均化されます。
    • 1日に費やせる金額は予算未満であることもあり、月の残額を使って1日の平均予算を最大で100%超えることが可能です。
    • これにより、トラフィックの多い日に最適な結果を得ることができます。
  2. 予算の柔軟な調整
    • キャンペーンマネージャーからは、すべてのキャンペーンで1日の予算を100%増やすか、25%のみ増やすかを選択できます。
    • 広告主は異なるキャンペーンに対して戦略的なアプローチを適用できます。
  3. 月末時点での広告費の調整
    • 月末時点での広告費は1日の予算に月の日数を乗じた金額を上回ることはありません。
    • 請求書では超過配信の調整が行われ、予算をコントロールしつつ予期せぬ支出を回避できます。
  4. 無効なクリックやインプレッションへの対応
    • 無効なクリックやインプレッションに対する調整が行われます。
    • 有効なイベントにのみ請求が行われ、誤った請求は自動的に調整されます。

これらの仕組みにより、Amazonスポンサー広告は柔軟性と透明性を提供し、広告主は効果的かつ効率的な広告運用が可能となります。

参考:Amazon広告ヘルプ

Amazonスポンサー広告の予算や予算の配信設定についてよくある質問

Q1: 1日の予算の平均化はどのように機能しますか?

A1: 1日の予算は暦月にわたって平均化されます。これにより、1日に費やせる金額が予算未満である場合や、月の残額を使用して1日の平均予算を最大で100%超えることが可能です。トラフィックの変動に柔軟に対応し、効果的な広告掲載が期待できます。

Q2: 予算の増加設定はどこで行えますか?

A2: スポンサー広告のキャンペーンマネージャーから、すべてのキャンペーンに対して1日の予算を100%増やすか、25%のみ増やすかを選択できます。これにより、キャンペーンごとに異なる戦略を適用できます。

Q3: 月末時点の広告費が設定した1日の予算を超えることはありますか?

A3: いいえ、月末時点での広告費は設定した1日の予算にその月の日数を掛けた金額を超えることはありません。超過配信の防止と予算管理を確保しています。

Q4: 無効なクリックやインプレッションに対する調整はどのように行われますか?

A4: 無効なアクティビティに対して請求が行われた場合、自動的に予算が調整されます。クリックはリアルタイムでフィルターにかかり、オフライン分析によっても除外されます。調整は遡及的バッチアルゴリズムにより最大30日間行われ、正確な広告費の支出を確保します。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/16】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ