定量調査とは?顧客ニーズを発見するための調査の手法とポイントを解説

定量調査とは

概要

定量的研究とは、数値データを収集し、統計的手法で分析することに重点を置いた研究手法の一種です。構造化された調査、実験、その他の定量的手法によってデータを収集し、変数間のパターン、関係、相関を明らかにしようとするものです。

定性調査との違い

参加者の主観的な経験や視点を理解することに重点を置く定性調査と比較すると、定量調査は客観的で測定可能なデータに重点を置いています。また、サンプル数が多く、統計的な分析が必要なため、より多くの母集団に調査結果を一般化することができます。

定量調査のメリット

統計学的手法を用いた分析ができる

定量的研究のもう一つの利点は、結果を定量化できることです。つまり、データを数値で表すことができるため、解釈や他の研究との比較が容易になります。また、変数間のパターンや関係を特定することができるため、意味のある結論を導き出すことができます。定量的研究は、心理学、経済学、マーケティングなど、情報に基づいた意思決定を行うために正確なデータが不可欠な分野でよく利用されています。

結果を数値化できる

統計的手法を用い、結果を定量化することで、研究者は信頼できる有意義な知見を得ることができ、様々な分野での進歩や理解の向上に役立てることができます。

定量調査の7種類を紹介

定量調査は、データを数値化して集め、統計的な手法を用いて解析する調査の方法です。以下に代表的な定量調査の7種類を挙げてみます。

電話調査

電話調査では、研究者は参加者に電話でインタビューを行い、通常、構造化された質問票を使ってデータを収集します。電話調査は、多くの参加者に迅速にアプローチできる費用対効果の高い方法であり、比較的高い回答率を得ることができます。しかし、電話調査は、電話の利用率が低い、選択バイアスの可能性がある、調査を実施するために熟練したインタビュアーが必要であるなどの要因によって制限される場合があります。

ネット調査

ネット調査では、参加者は電子メール、ウェブフォーム、ソーシャルメディアなどのデジタルプラットフォームを使用して、構造化されたアンケートに回答します。インターネットの普及とデジタル調査プラットフォームの利便性により、近年ますます人気が高まっています。しかし、ネット調査は、自己選択バイアス、低い回答率、不正または不正確な回答の可能性などの要因によって制限されることもあります。

訪問調査

訪問調査では、研究者は通常、構造化または半構造化された形式で、参加者と直接インタビューを行います。対面インタビューでは、研究者はフォローアップの質問をし、あいまいな回答を明確にし、参加者と信頼関係を築くことができます。しかし、対面インタビューは、インタビュアーのリクルートとトレーニングのコストとロジスティクスの課題、インタビュアーのバイアスや社会的望ましさのバイアス、回答者が対面での対話に不快感やプレッシャーを感じる可能性などの要因によって制限されることがあります。

街頭調査

街頭調査は、定量調査の一種で、公園やショッピングモール、路上など、公共の場で参加者に声をかけて調査を実施する方法です。街頭調査は、市場調査、社会科学調査、世論調査などでよく利用され、多様な人々の態度や意見を素早く把握するのに有効ですが、選択バイアスの可能性、訓練を受けた調査管理者が参加者にアプローチする必要性、回答者が公共の場で不快に感じたり急かされたりする可能性などの要因によって制限される場合があります。

郵送調査

郵送調査は、調査対象者に郵送で調査票を送付する方法です。進め方として、紙の調査票と返信用の切手を貼った封筒を使用する方法と、電子メールやウェブベースの調査のようなデジタル形式を使用する方法があります。

会場調査

会場調査では、選択バイアスの可能性、訓練を受けた調査管理者が参加者にアプローチする必要性、回答者が混雑や騒音の中で急かされたり、気が散ったりする可能性などの要因によって制限される場合があります。

ホームユーステスト

ホームユーステスト(HUT)とは、製品やプロトタイプを参加者の自宅に送付してテストする定量調査手法の一種で、製品の研究開発、消費者テスト、市場調査などでよく利用されます。製品の使い勝手や機能性、消費者へのアピール度など、実体験に基づいたフィードバックを得るために有効です。

定量調査のポイント

母集団や求める精度に応じてサンプル数を設定する

サンプルサイズは、対象集団のサイズと研究に必要な精度のレベルに基づいて選択する必要があります。サンプルサイズを計算するために、研究者はまず対象集団の大きさを決定します。次に、研究に必要な精度や正確さのレベルを決定する必要があります。これは、研究課題、収集するデータの性質、望ましい統計的有意性のレベルなど、さまざまな要因に依存します。

まとめ

定量調査の主な利点としては、分析に統計的手法を使用できること、調査結果をより多くの集団に一般化できること、客観的で測定可能なデータを作成できることなどがあります。しかし、定量的研究は、測定誤差、サンプリングバイアス、複雑な現象の過度の単純化の可能性などの要因によって制限される場合があります。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > Amazon > 広告 > 【予算設定解説】Amazonスポンサー広告の効果的な予算と配信設定|成功のポイントも解説

ページトップへ