Photoshopの画像アセットについて、つまずきがちなポイントを解説します!

Photoshopとはなにか?

Photoshop(フォトショップ)は、アドビシステムズ(Adobe Systems)が開発した、グラフィックデザイン、写真編集、画像処理などの多くの用途に使われるコンピュータソフトウェアです。主に2次元画像を編集・合成するためのツールで、写真修正、デザイン制作、イラストレーションなどさまざまなクリエイティブな作業に使用されます。Photoshopは、レイヤー、フィルター、ブラシなど、豊富なツールと機能を提供し、プロフェッショナルからアマチュアまで広く利用されています。

Photoshopのメリット

Photoshopの利点には以下のようなものがあります。

画像編集機能が充実

Photoshopは高度な画像編集機能を提供しており、写真やイラストの修正、合成、加工が簡単に行えます。色補正、トーン調整、リタッチなど、幅広い編集作業に対応しています。

パターンオーバーレイやエンボスなどの加工機能が多く、複雑なデザインがしやすい

Photoshopには多彩な加工機能が備わっており、テキストや形状に対してパターンオーバーレイ、エンボス、影の付与などを行うことができます。これにより、洗練された効果や複雑なデザインを容易に作成することが可能です。

Illustratorとの互換性が高い

PhotoshopとIllustratorは、アドビのクリエイティブスイートに属しており、相互に連携しやすい特徴があります。Illustratorで作成したベクターグラフィックスをPhotoshopに取り込んで編集することができるため、異なるソフトウェア間での作業がスムーズに行えます。

Photoshopのデメリット

Photoshopの欠点には以下のようなものがあります。

月額制であること

Photoshopは一度購入するだけでなく、定期的な支払いが必要なため、予算の制約がある場合には負担となることがあります。

使用したブラシの特定が出来ない

Photoshopでは複数のブラシを使用することが一般的ですが、特定のプロジェクトで使用したブラシを後から特定しにくいという問題があります。ブラシの整理や管理が難しいことがあります。

アップデートしたらブラシが消える

Photoshopのアップデートを行うと、一部のユーザーがカスタムしたブラシや設定がリセットされてしまうという報告があります。アップデートによって重要なデータや設定が失われる可能性があるため、注意が必要です。

画像アセットとはなにか?

画像アセットとは、デジタルデザイン、ウェブデザイン、アプリケーション開発、プリントメディアなどのコンテンツ制作において使用される画像ファイルや素材のことを指します。これらの画像アセットは、ビジュアルコンテンツを作成するために使用され、さまざまな形式や用途に合わせて用意されることがあります。画像アセットは、さまざまな種類の画像やイラスト、写真、アイコン、ボタン、背景画像などを含むことがあります。これらの素材は、ウェブページのデザイン、広告、ソーシャルメディアの投稿、アプリのユーザーインターフェース(UI)やグラフィックデザインプロジェクトなど、さまざまなコンテキストで使用されます。また、高解像度や低解像度、異なるファイルフォーマット(JPEG、PNG、GIF、SVGなど)で提供されることがあり、デザイナーや開発者がプロジェクトに組み込んで使用することができます。また、一般的に、商用利用が許可されたり、ライセンス条件が付与されていることも多いです。

画像アセットは、クリエイティブな作業を迅速かつ効率的に行うために不可欠であり、デザインプロジェクトやコンテンツ制作において重要な要素となっています。

画像アセット生成でつまずきがちなこと

画像アセット生成において、よく問題となるポイントがいくつかあります。その中でも特によく起こる問題について、解決策をご紹介します。

書き出ししたらボヤけてしまった場合

画像を書き出した際にボヤけてしまうことがあります。この問題を解決するための方法は、元画像をスマートオブジェクトとして配置することです。スマートオブジェクトを使用すると、画像が拡大縮小されても画質が損なわれません。

余白を含めて書き出したい場合

余白を含めて画像を書き出したい場合、対象をグループ化し、書き出し範囲でレイヤーマスクを使用する方法があります。特にAdobe Creative Cloud 2014以降のバージョンでは、この方法が有効です。また、Adobe Creative Cloudの場合、余白分のオブジェクトを背景に配置し、それらをグループ化する方法も考えられます。

SVGの書き出しがうまくできない場合

SVG形式での書き出しに問題がある場合、シェイプを使用して配置する方法があります。シェイプを適切に設定することで、SVGファイルが正確に生成されます。

まとめ

Photoshopの画像アセット生成は、デザイナーやクリエイターにとって非常に便利な機能です。これを使うことで、Webサイト、アプリ、プリントデザインなどで必要な画像やアイコンを簡単かつ効率的に生成できます。今回、特に初心者がつまずきそうなケースを紹介しました。Photoshopの画像アセット生成は、デザインプロジェクトから素早く必要な画像を抽出するのに非常に役立ちますので、何かつまずくことがあれば本記事を参考にしてみてください。

よくある質問

Q1:画像アセット生成って何ですか?

A1:画像アセット生成は、Photoshopでデザインした要素や画像を、異なるサイズやフォーマットの画像ファイルに簡単に変換する機能です。これにより、ウェブデザインやアプリ開発などで必要な画像を効率的に生成できます。

Q2:どうやって画像アセットを生成しますか?

A2:画像アセットを生成するには、Photoshopで画像や要素を選択し、その名前にサイズやフォーマットを指定したフォーマットを含めます。Photoshopはそれらの指示に従って自動的にアセットを生成します。

Q3:画像アセットの名前はどう付ければいいですか?

A3:レイヤーやグループの名前に「.」を使ってアセット名を指定します。例えば、”ボタン.png”や”アイコン.svg”のように名前を付けます。

Q4:どんなフォーマットの画像アセットを生成できますか?

A4:Photoshopはさまざまなフォーマットをサポートしています。一般的なフォーマットにはPNG、JPEG、SVGなどがあります。必要に応じて選択できます。

Q5:生成した画像アセットはどこに保存されますか?

A5:アセットはあらかじめ指定した出力フォルダに保存されます。ファイル > 画像アセット > 画像アセットエクスポートを選択すると、指定したフォルダに自動的に保存されます。

Q6:どのようにサイズを指定しますか?

A6:アセットのサイズを指定するには、レイヤーやグループの名前に対応するサイズを指定します。例えば、”アイコン.png”という名前にすると、Photoshopはアイコンのサイズを生成します。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/20】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ