Facebook広告のターゲティング設定のコツ?種類と選び方を合わせて解説

概要

Facebook広告のターゲティングはなぜ重要なのか

広告ターゲティングとは、Facebook広告を見る人を決めるために、特定のデモグラフィック、興味、行動、その他の要素を選択するプロセスのことです。この機能により、企業はターゲットオーディエンスを絞り込むことができ、自社の製品やサービスに興味を持つ可能性の高い人々だけに広告を表示させることができます。

Facebook広告のターゲティングの種類

コアオーディエンスを活用してターゲティングする

コアオーディエンスターゲティングは、企業が特定のデモグラフィック、興味、行動などを選択し、広告のターゲットオーディエンスを作成することです。年齢、性別、所在地、学歴、職種、興味などに基づいて、自社の製品やサービスに興味を持つ可能性が最も高い人々をターゲットにすることができ、ビジネスに最も興味を持つ可能性の高い人々だけに広告を表示させ、広告キャンペーンをより効果的にするための優れた方法です。

カスタムオーディエンスを活用してターゲティングする

カスタムオーディエンスターゲティングは、ウェブサイトへの訪問、購入、Facebookページへの参加など、すでに何らかの形でビジネスと関わりを持っている人をターゲットにすることです。あなたのビジネスに興味を示している人をターゲットにすることで、広告から高いエンゲージメントとコンバージョン率を得る可能性が高まり、購入する可能性が高い人たちにアプローチするのに最適な方法です。

類似オーディエンスを活用してターゲティングする

類似オーディエンスは、既存の顧客やオーディエンスの特徴に基づいたターゲットオーディエンスを作成することができるターゲティング手法です。既存の顧客や視聴者と類似した新しい人々にリーチしたい企業に最適で、これらの新しい人々が自社の製品やサービスに興味を持つ可能性が高くなります。類似オーディエンスターゲティングを通じて、リーチを拡大し、購入する可能性の高い新しい潜在顧客を見つけることができます。

ターゲティングが成果に繋がるポイント

ターゲットを絞りすぎない

適切なオーディエンスをターゲットにすることは重要ですが、ターゲットを絞りすぎると、広告のリーチが制限され、コンバージョンの減少やROIの低下につながる危険性があります。その代わりに、ターゲットとなるオーディエンスと、広告の目標を達成するのに十分な広さのオーディエンスの間のバランスを取ることを目指しましょう。

設定したターゲットを保存する

ビジネスに適したターゲットオーディエンスを作成したら、今後のためにターゲティングオプションを保存しておきましょう。これにより、今後広告を作成する際の時間と労力を節約でき、また広告のターゲティングに一貫性を持たせることもできます。

ターゲットを分けてオーディエンスを作る

ターゲットオーディエンスを特定の特性や行動に基づいてセグメントに分けることで、よりターゲットを絞ったパーソナライズされた広告を作成することができます。これには、デモグラフィック、興味、行動、その他ビジネスに関連する要素に基づいてオーディエンスをセグメント化することが含まれます。そうすることで、各セグメントに響く広告を作成することができ、エンゲージメントやコンバージョン率の向上につながる可能性があります。

オーディエンスの内容が被らないように

複数の広告セットやキャンペーンを作成する場合は、ターゲットオーディエンスが重複しないように注意してください。オーディエンスが重なると、広告疲れや混乱、広告費の無駄遣いにつながる可能性があります。ターゲットオーディエンスが重複せず、明確であることを確認することで、より効果的で効率的な広告キャンペーンを作成することができます。

目的に合わせてオーディエンスを選ぶ

認知度向上&リーチ拡大したいとき

ブランドの認知度向上や、より多くの人にメッセージを届けることが目的であれば、幅広いオーディエンスをターゲットにすることに重点を置きたいところでしょう。Facebookのコアオーディエンス機能を使えば、年齢、性別、場所、興味などのデモグラフィックに基づいてターゲットを絞ることができます。これにより、より多くの人にメッセージを届けることができ、これまであなたのブランドを知らなかったような人たちにもメッセージを届けることができます。

離脱客やリピーターを獲得したいとき

リピーターを獲得するためには、顧客があなたの商品やサービスに興味を持ち、継続して利用してくれるようにする必要があります。そのためには、Facebookの「カスタムオーディエンス」を使用して、過去のウェブサイトの訪問者、アプリの利用者、またはメールリストから、Facebook広告のターゲティングに使用できるオーディエンスを作成することで、過去にあなたのサイトやアプリを訪れたことのある人をターゲットにすることができます。一方、離脱客を獲得するためには、ターゲットをより広く設定することが必要です。つまり、ビジネスに興味を持つ潜在的な顧客全体を対象に広告を配信する必要があります。Facebookの「コアオーディエンス」を使用することで、広告を見る可能性のある大規模なオーディエンスをターゲットにすることができます。

来店を促したいとき

実店舗に多くの人を呼び込むことが目的であれば、近くに住んでいる人や働いている人をターゲットにすることに重点を置くとよいでしょう。Facebookのローカルアウェアネス機能を使って、あなたのビジネスから一定の半径内にいる人をターゲットにしたり、ロケーションベースのターゲティングを使って、最近、あなたの地域を訪れた人にリーチしたりすることができます。

サイトのトラフィックを増やしたいとき

ウェブサイトへの流入を増やしたいと考えているのであれば、自社の製品やサービスに興味のある人をターゲットにすることに重点を置きたいものです。Facebookのインタレストターゲティング機能を使って、興味や行動に基づいてターゲティングしたり、類似オーディエンスターゲティングを使って、既存顧客と似たような人にリーチすることができます。これにより、あなたのウェブサイトに興味を持ち、顧客化する可能性の高い人たちにリーチすることができます。

まとめ

Facebookは、いくつかの異なる広告ターゲティングオプションを提供しています。広告の目標と予算に最も適したターゲティング手法を選ぶことで、エンゲージメントとコンバージョン率を高め、コストを削減し、ROIを向上させますので、ブランドに対して適切なターゲティング手法を見つけましょう。

よくある質問

Q:Facebook広告のターゲティングってどうやって設定すればいいの?

A:Facebook広告マネージャー内の「ターゲット設定」から、ターゲットを設定することができます。具体的には、コアオーディエンス、カスタムオーディエンス、類似オーディエンスなどの設定があります。

Q:ターゲティングを絞りすぎると逆効果になるって本当?

A:はい。ターゲティングを過剰に絞りすぎると、広告が表示される人数が限られてしまい、広告の表示回数が減ってしまうことがあります。適切なターゲット設定を行うことで、広告の効果を最大限に引き出すことができます。

Q:オーディエンスを分けた方がいい理由は何ですか?

A:オーディエンスを分けることで、ターゲット層に合わせたメッセージを配信することができます。例えば、年齢層や興味・関心に応じて、異なる広告を配信することができます。また、オーディエンスを分けることで、広告の効果を分析しやすくなり、改善点を把握しやすくなります。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/20】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ