【初心者必見】LightroomとLightroom Classicの違い|使い方に合わせて解説

Adobe Creative Cloudについて

Adobe Creative Cloudとは?

Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)は、クリエイティブな作業を行うための包括的なソフトウェアスイートです。このクラウドベースのプラットフォームは、デザイナー、フォトグラファー、ビデオ編集者、イラストレーター、ウェブデザイナーなど、さまざまなクリエイティブな分野で働く人々に向けて開発されました。 Adobe Creative Cloudは、多くのアプリケーションとサービスで構成されており、クリエイティブなプロジェクトを効率的に実現するのに役立ちます。

写真関連には3つのアプリがある

Adobe Creative Cloudには、写真関連の作業に特化した3つの主要なアプリケーションが含まれています。これらのアプリケーションは、写真の編集、整理、補正などに役立ちます。

Photoshop

Photoshopは、写真の編集に最適なツールの1つです。写真修正、リタッチ、画像合成、フィルターの適用など、さまざまな編集作業を行えます。RAWファイルのサポートもあり、高品質な写真編集が可能です。

Lightroom

Lightroomは、プロの写真家からアマチュアまで幅広いユーザーに愛用されています。写真の整理、カラーコレクション、露出調整、クロップなどが簡単に行え、大量の写真を効率的に管理できます。

Adobe Spark

Adobe Sparkは、写真やイメージを活用してストーリーテリングやビジュアルコンテンツの制作を支援するアプリケーションです。ウェブページ、ビデオ、ソーシャルメディア用のグラフィックなどを素早く作成できます。

Lightroom ClassicとLightroomの違いについて

デバイス
Lightroom Classic

  • Lightroom Classicは、デスクトップアプリケーションとして提供されており、主にパソコン(WindowsまたはMac)で使用されます。 
  • デスクトップの高性能なコンピューターが必要で、大量の写真を処理するのに適しています。 
  • インターネット接続が必要ありませんが、クラウドストレージへのアップロードは手動で行う必要があります。

Lightroom

  • Lightroomは、デスクトップアプリケーションとモバイルアプリケーションの組み合わせで、Windows、Mac、iOS、Androidなどさまざまなプラットフォームで利用できます。
  • モバイルアプリケーションを使用することで、スマートフォンやタブレットで写真を編集および管理できます。
  • クラウドベースのストレージを使用し、写真の同期が自動的に行われます。

画像の保存先

Lightroom Classic

  • Lightroom Classicでは、写真のカタログと画像はローカルコンピューターに保存されます。 
  • ユーザーは自分でフォルダーを管理し、写真を特定の場所に保存することができます。

Lightroom

  • Lightroomでは、写真はAdobe Creative Cloudのクラウドストレージに保存されます。これにより、どのデバイスからでもアクセスでき、写真を共有できます。 
  • クラウドストレージを使用するため、写真ファイルのバックアップと同期が自動的に行われます。

機能性

Lightroom Classic

  • Lightroom Classicは、高度な編集機能とカスタマイズ可能なプリセットを提供し、プロの写真家向けに設計されています。 
  • カメラのRAWファイルに対する強力なサポートを備えており、カラーコレクションや写真の詳細な調整が可能です。

Lightroom

  • Lightroomは、直感的で使いやすいインターフェースを持ち、写真の基本的な調整やフィルターの適用が簡単に行えます。
  • シンプルな操作で写真を美しく仕上げたいユーザーや、モバイルデバイスで写真編集を行いたいユーザーに適しています。

Lightroom Classic 2021で画像の読み込み方法

写真の管理と編集を行うために、Adobe Lightroom Classic 2021を使用する方法をご紹介します。写真の読み込みから編集までのステップを詳しく解説します。

Lightroom Classicを開く

最初に、Lightroom Classicを開きましょう。デスクトップ上のアイコンをクリックするか、スタートメニューからアプリケーションを起動します。

カタログを選択または作成する

Lightroom Classicを起動したら、新しいカタログを作成するか、既存のカタログを選択します。カタログは写真の整理と管理に使用されます。

「ファイル」メニューから「フォルダーを追加」を選択

次に、画像を読み込むために「ファイル」メニューをクリックし、その中から「フォルダーを追加」を選択します。これにより、写真が保存されているフォルダーをLightroom Classicに追加できます。

フォルダーの選択

「フォルダーを追加」を選択すると、コンピューター内のフォルダーのブラウズウィンドウが開きます。ここで、写真が保存されているフォルダーを選択します。

オプションの設定

フォルダーを選択したら、追加オプションを設定できます。オプションには、プレビューの生成やコピーの方法などが含まれます。必要に応じて設定を調整しましょう。

「フォルダーを選択」または「読み込み」をクリック

設定が完了したら、「フォルダーを選択」または「読み込み」ボタンをクリックして、選択したフォルダー内の写真をLightroom Classicに読み込みます。これにより、カタログに新しい写真が追加されます。

カタログに画像を追加

選択したフォルダー内の画像がLightroom Classicのカタログに追加されました。これで、編集や整理を行う準備が整いました。写真の選択、調整、編集など、さまざまな作業を行うことができます。

Lightroom Classic 2021の写真補正機能

基本補正

基本補正は、写真の全体的な外観を調整するのに使用されます。露出、コントラスト、ハイライト、シャドウ、白レベル、黒レベルなどのパラメーターを調整して、写真の明るさ、コントラスト、トーンを最適化します。

トーンカーブ

トーンカーブは、写真のトーンとコントラストを細かく調整するためのパワフルなツールです。カーブをカスタマイズして、ハイライト、シャドウ、中間トーンのコントラストを調整し、写真に独自のスタイルを付けることができます。

HSLカラー

HSL(色相、彩度、輝度)カラーコントロールは、写真の色合いを調整するのに役立ちます。特定の色を強調し、彩度や輝度を変更して、色調を調整します。これにより、写真の色彩を豊かに表現できます。

カラーグレーディング

カラーグレーディングは、写真に特定のカラースタイルを適用するための方法です。カラーグレーディングパネルを使用して、写真にウォームなトーン、クールなトーン、ヴィンテージなルックなどを加え、独自の雰囲気を作成します。

ディティール

ディティールパネルは、写真のシャープネスとノイズを調整するために使用されます。シャープネスを増減させ、ノイズリダクションを適用して、写真の鮮明さを調整します。特にポートレート写真や風景写真において重要です。

トリミング

トリミングツールを使用して、写真の構図を調整します。余分な部分を切り取り、写真の構造を改善し、主題を強調します。また、縦横比を変更することも可能です。

段階フィルター

段階フィルターは、写真の特定の領域に調整を加えるためのツールです。グラデーションフィルターやラジアルフィルターを使用して、特定の部分に露出補正、カラーコントロール、シャープネス調整などを行います。

スポット修正ツール

スポット修正ツールを使用して、写真から不要な汚れ、ほくろ、キズなどを修正します。これにより、写真のクリーンナップを行い、不要な要素を取り除きます。

まとめ

「LightroomとLightroom Classicの違い」は、初心者向けに解説されており、使い方に合わせた詳細な情報を提供しています。 Lightroomはモバイルアプリとクラウドベースのストレージを使用し、シンプルな操作で写真の編集と管理を行います。一方、Lightroom Classicはデスクトップアプリケーションで、高度な編集機能とカスタマイズ可能なプリセットを提供し、RAWファイルのサポートもあります。どちらも異なるニーズに合わせて使える写真編集ツールです。

よくある質問

Q1:Lightroom Classicはどのような特徴がありますか?

A1:Lightroom Classicは、高度な写真編集、RAWファイルのサポート、プリセットのカスタマイズ、パワフルなカタログ管理などが可能です。プロの写真家や写真編集者に向いています。

Q2:LightroomとLightroom Classicはデータの保存方法が違うのでしょうか?

A2:はい、違います。Lightroomはクラウドベースで、写真はクラウドに保存されます。一方、Lightroom Classicはローカルコンピューターにカタログと画像が保存されます。

Q3:どちらを選ぶ際のポイントはありますか?

A3:選ぶ際のポイントは、使用目的と好みによります。モバイルで写真編集を行いたいならLightroom、高度な編集とカタログ管理が必要ならLightroom Classicを選ぶことが一般的です。自分のニーズに合ったソフトウェアを選びましょう。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ