【Webディレクター必見】画面仕様書のトリセツ

画面仕様書とは?

画面仕様書(がめんしきひょうしょ)は、ウェブデザインやソフトウェア開発プロジェクトにおいて不可欠な文書です。この文書は具体的な画面やページの設計と仕様を詳細に記述し、プロジェクトの成功に貢献します。コミュニケーション、設計指針、品質管理、バグの早期発見、ドキュメンテーションに役立ちます。

画面仕様書の必要性5選

コミュニケーションの促進

 画面仕様書はプロジェクトの関係者間で効果的なコミュニケーションを促進します。デザイナー、開発者、プロジェクトマネージャーなどのメンバーが共通のリファレンスポイントを持ち、プロジェクトの目標や要件について理解しやすくなります。

設計の指針

画面仕様書はデザインの指針を提供します。具体的な要素の配置、スタイル、色彩、フォントなどが明確に記述され、一貫性のあるデザインを確保します。

バグの早期発見

画面仕様書に基づいて開発された画面を確認し、潜在的な問題やバグを早期に発見できます。これにより、修正が容易に行え、品質向上に寄与します。

品質管理

仕様書はプロジェクトの品質管理の基準となります。要件を満たすことが確認され、品質の一貫性を保つ役割を果たします。

ドキュメンテーション

画面仕様書はプロジェクトの進行状況や決定事項を文書化する手段として役立ちます。プロジェクトの歴史や背景を記録し、将来の参考に供することができます。

画面仕様書作成の【10手順】

目的の明確化

まず最初に、画面仕様書の目的とスコープを明確に定義します。何を達成し、どのような情報を含めるべきかを確認します。

ユーザー要件の収集

ユーザーの要件を詳細に収集し、プロジェクトに関連する全ての関係者からの要望を文書化します。ユーザーの視点からの要件を重視します。

デザインの策定

画面やページのデザインを決定し、ワイヤーフレームやプロトタイプを作成します。デザインは要件に合致し、ユーザーの期待に応えるものであるべきです。

詳細の記述

各画面や要素に関する詳細な情報を仕様書に記述します。これにはレイアウト、ボタン、フォーム、リンクなどの詳細が含まれます。

ユーザーエクスペリエンスの要件

ユーザーエクスペリエンスに関する要件を定義し、ユーザビリティを向上させます。ナビゲーションや対話性などが含まれます。

デザインガイドラインの遵守

 ブランドガイドやデザイン規則に従い、一貫性を維持します。色、フォント、アイコンなどの要素についても指定します。

寸法とプロパティ

 画面要素の寸法、フォントサイズ、カラーコード、プロパティなどを指定します。デザインの詳細を具体的に示します。

スクリーンショットやイメージの挿入

画面仕様書をわかりやすくするため、スクリーンショットやイメージを挿入します。実際のデザインイメージを提供します。

レビューと承認

 仕様書を関係者に提出し、レビューと承認プロセスを実施します。フィードバックを受け入れて改善を行います。

更新と管理

プロジェクトが進行するにつれて、仕様書を定期的に更新し、変更や進捗を適切に管理します。仕様書のバージョン管理を行います。

画面仕様書作成の注意ポイント5選

明確な表現

画面仕様書は曖昧な言葉や表現を避け、明確で具体的な言葉を使用することが重要です。関係者が簡単に理解し、誤解を避けられるようにしましょう。正確な用語や技術用語を適切に使用し、誤解を減らします。

一貫性の維持

画面仕様書内で一貫性を維持することは不可欠です。デザイン要素、スタイル、フォーマット、表現方法などを一貫させ、混乱や矛盾を防ぎます。一貫性がある仕様書はプロジェクト全体において品質を高めます。

スクリーンショットやイメージの活用

 複雑なデザインや機能を説明する際、スクリーンショットやイメージを活用しましょう。視覚的な要素は理解を助け、関係者にプロジェクトの全体像を伝えます。正確な図示が重要です。

レビューとフィードバック

 画面仕様書の作成後、関係者や専門家からのレビューやフィードバックを受け入れることが必要です。他の視点からの意見は改善につながり、不備を発見しやすくします。協力と協力者の声に耳を傾けましょう。

プロジェクト進行と連動

画面仕様書はプロジェクトの進行と連動させましょう。変更や進捗状況を反映し、常に最新の情報を提供します。プロジェクトメンバーと協力し、仕様書がプロジェクトの成功に貢献できるよう確認し続けましょう。

まとめ

画面仕様書はウェブデザインやソフトウェア開発プロジェクトにおいて不可欠なツールです。その必要性について、コミュニケーションの促進、設計の指針提供、バグの早期発見、品質管理、ドキュメンテーションの5つのポイントで説明しました。

画面仕様書の作成において、10の手順が示されました。まず、目的の明確化とユーザー要件の収集がスタートです。デザインの策定、詳細の記述、ユーザーエクスペリエンスの要件、デザインガイドラインの遵守、寸法とプロパティ、スクリーンショットやイメージの挿入、そしてレビューと承認、最後に更新と管理のステップを踏むことが重要です。

また、仕様書の作成に際して注意すべき点も挙げられました。明確な表現を心がけ、一貫性を保ち、スクリーンショットやイメージを活用し、レビューやフィードバックを受け入れ、プロジェクト進行と連動させることが成功の鍵です。

最後に、画面仕様書はプロジェクトの品質向上や円滑なコミュニケーションを支援し、成功に寄与します。しっかりとした仕様書の作成と適切な管理は、プロジェクトのスムーズな進行と品質の確保に不可欠であるため、プロジェクトマネージャーやウェブディレクターにとって大切なタスクです。

よくある質問

Q: 画面仕様書とユーザーストーリーは何が違いますか?

A: 画面仕様書は具体的な画面やページの詳細を文書化したもので、デザインや機能に関する詳細な情報を提供します。一方、ユーザーストーリーはユーザーの視点からの要件を物語形式で表現し、機能に焦点を当てます。

Q:  画面仕様書を作成する際、どのツールがおすすめですか?

A: 画面仕様書を作成するためには、ワイヤーフレームツール(例: Sketch、Adobe XD)、プロジェクト管理ツール(例: Jira、Trello)、テキストエディタ、または専用の仕様書ツールが利用されます。選択はプロジェクトのニーズに合わせて行います。

Q: 画面仕様書の更新と管理はどのように行いますか?

A: 画面仕様書はプロジェクトの進行に合わせて定期的に更新し、変更を適切に管理します。バージョン管理システムを使用することが一般的で、変更履歴や承認プロセスを確立します。

Q: 画面仕様書にはどのような詳細が含まれるべきですか?

A: 画面仕様書にはデザイン要素(レイアウト、色、フォント)、機能要件、ユーザーエクスペリエンスの要求事項、プロパティ(寸法、アイコン、ボタンなどのプロパティ)、ナビゲーション、ユーザーフロー、スクリーンショットなどが含まれるべきです。

Q: 画面仕様書はどの段階で作成すべきですか?

A: 画面仕様書はプロジェクトの初期段階から作成を開始し、設計や開発の前に詳細をまとめることが一般的です。初期段階での作成はコスト削減やコミュニケーションの向上に寄与します。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ