バナーの作り方|クリックしたくなるバナーに共通した特徴にも合わせて紹介

バナーの目的

広告・宣伝用目的

バナー広告の最も一般的な目的は、商品やサービスを広告・宣伝することです。企業は自社の製品やサービスを知名度向上や売上増加のためにプロモーションするために、魅力的なバナー広告を制作します。この目的のバナーは、商品やサービスの特徴や価格、キャンペーン情報を効果的に伝える必要があります。

誘導目的

誘導目的のバナー広告は、ウェブサイト訪問者を特定の行動に誘導するために使用されます。例えば、特定のランディングページに誘導したり、ニュースレターの登録を促進したり、特定のコンテンツを閲覧させるために利用されます。これらのバナーは、キャッチーなコールトゥアクション(行動を促すメッセージ)を含むことが一般的です。

コンバージョンに繋げる

最終的な目標は、バナー広告を通じてコンバージョン(購入、登録、申し込みなどの望ましい行動)を達成することです。バナー広告は、ターゲットオーディエンスに対して魅力的で説得力のあるメッセージを送り、彼らをコンバージョンへ導く役割を果たします。広告の効果を測定し、改善するためのデータ収集と分析も不可欠です。

バナーを作成する手順

オリエンテーション

バナーを制作する最初のステップは、プロジェクトに関する情報を収集し、クライアントやプロジェクトマネージャーとのコミュニケーションを図ることです。プロジェクトの目的、ターゲットオーディエンス、デザインガイドライン、納期などの詳細を明確に把握しましょう。

切り口を探す

次に、バナーのデザインにおける基本的なアプローチや切り口を考えます。クライアントのブランドイメージやキャンペーンのテーマに合致するアイデアを検討し、コンセプトを明確にします。

アイデアを練る

アイデアが揃ったら、それらをさらに詳細に練り直しましょう。バナーのサイズ、レイアウト、カラースキーム、フォントなど、デザインの要素を具体化させます。この段階ではスケッチやメモを活用し、構想を整理します。

ラフを作る

アイデアが具体化したら、デザインのラフスケッチを作成します。これはコンセプトの視覚的な表現であり、デザインの方向性を確立するために重要です。ラフスケッチをクライアントに提出し、フィードバックを受けましょう。

アイデア(ラフ)を提出

クライアントの承認を得たら、正式なデザイン制作に進みます。デジタルツールを使用して、バナーのデザインを仕上げ、必要なコンテンツ(テキスト、画像、ロゴなど)を組み込みます。

実制作

デザインが完成したら、バナーを実際に制作します。画像編集ソフトウェアやデザインツールを使って、高品質でプロフェッショナルなバナーを作成しましょう。

提出、修正対応

最終的なバナーが完成したら、クライアントに提出し、フィードバックを受けます。クライアントの要望に基づいて修正を行い、最終的な承認を得てプロジェクトを締めくくります。

良いバナーが持つ共通点

要素は重要度順で左上から右下に配置

バナー広告のデザインにおいて、情報や要素の配置は非常に重要です。一般的に、重要な要素やコールトゥアクション(行動を促すメッセージ)は、バナーの左上から右下に向かって配置されます。これは、ユーザーがバナーを読む際に自然な流れで情報を取得できるためです。

少ない情報だからこそ、キャッチコピーはこだわる

バナー広告はスペースが限られていますので、短くて分かりやすいキャッチコピーが必要です。ユーザーにアピールし、興味を引く言葉を選びましょう。キャッチコピーはバナー広告の成功に大きな影響を与えます。

背景色と文字色のコントラストが強い

バナーの可読性を高めるために、背景色と文字色のコントラストを強調しましょう。文字が背景からはっきりと浮かび上がるように設計することで、メッセージがユーザーに目立つようになります。

画像を使用するのであれば、文字はかぶせない

画像をバナーに使用する場合、重要なテキストを画像の上にかぶせないように注意しましょう。テキストが画像と重なると、読みづらくなります。テキストと画像の配置を工夫して、情報がクリアに伝わるようにしましょう。

パッと見の印象で決まる!重要な素材を選ぶ

バナーは短時間で印象を与えるものです。そのため、バナーに使用する画像やグラフィック素材は、ターゲットオーディエンスに訴求力のあるものを選びましょう。視覚的に魅力的な要素は、ユーザーの興味を引くのに役立ちます。

バナーの訴求をランディングページの内容と合わせる

バナー広告とランディングページの内容は一貫性を持たせることが重要です。バナーからランディングページへの遷移後、ユーザーは期待した情報を見つけることができるようにしましょう。一貫性があれば、ユーザーの満足度が高まり、コンバージョン率も向上します。

実際のサイズで最終確認をしよう

最後に、バナー広告を実際の表示サイズで確認しましょう。異なるデバイスやプラットフォームでの表示を考慮し、デザインの適切さを確認します。文字や画像が歪んで表示されないことを確保しましょう。

【おまけ】バナーやチラシを作るとき、適当にあつかってしまいがちな「文字のデザイン」

シンプルなフォントの組み合わせ

文字のデザインにおいて、フォントの選択は重要です。複数のフォントを使う場合でも、シンプルで統一感のあるフォントの組み合わせを選びましょう。過度に派手なフォントや異なるスタイルのフォントを混ぜると、読みにくさや視覚的な混乱を招くことがあります。

読みやすさを考慮する

文字のデザインでは、読みやすさを最優先に考えることが大切です。フォントの大きさや太さを適切に設定し、テキストが目立ちながらもストレスなく読めるようにしましょう。特に長文の場合、文字のサイズや行間を調整して読みやすくする工夫が必要です。

文字の字間や行間がちょうど良いか

文字同士の字間(カーニング)や行間(行送り)も、デザインに影響を与えます。文字同士が詰まりすぎると読みにくく、離れすぎるとテキストが散漫に見える可能性があります。バランスを取りながら調整し、視覚的な快適さを追求しましょう。

重要性においての大きさの強弱

バナーやチラシにおいて、情報の重要性に応じて文字の大きさを調整することが必要です。主要なメッセージやキャッチコピーは大きく、それ以外のテキストは適度なサイズにすることで、ユーザーが重要な情報に注意を向けやすくなります。

役割にあったテキスト揃え

テキストの揃え方もデザインに影響します。中央揃え、左揃え、右揃えなど、役割に合った揃え方を選びましょう。例えば、見出しは中央揃えで目立たせ、本文は左揃えで読みやすさを重視するなど、コンテンツの種類に応じて揃え方を工夫しましょう。

まとめ

バナー広告の目的は多岐にわたり、成功にはクリエイティビティとデータ駆動のアプローチが不可欠です。ターゲットオーディエンスのニーズや行動を理解し、それに合ったバナー広告戦略を展開してみましょう。

よくある質問

Q1:バナーのサイズはどのように選ぶべきですか?

A1:バナーのサイズはプラットフォームや広告の種類によって異なりますが、一般的には標準的なサイズを選びます。例えば、300×250ピクセルの中正方形広告や728×90ピクセルのリーダーボード型広告が一般的です。 ただし、広告が表示される場所に合わせて最適なサイズを選びましょう。

Q2:バナーのデザインで注意すべきカラースキームは何ですか?

A2:カラースキームは重要です。バナー広告の背景色とテキスト/ボタンの文字色は、コントラストが強く、読みやすい組み合わせを選びましょう。また、ブランドのカラーを統一することも視覚的な認知度を高めます。

Q3:バナーにどのような情報を含めるべきですか?

A3:バナーには簡潔な情報を含めるべきです。主要な要素は、強力なキャッチコピーやメッセージ、魅力的な画像やグラフィックとクリック可能なボタンやコールトゥアクション(行動を促すメッセージ)です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/30】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ