未経験でもOK!Webデザイナーに転職する方法を解説

何歳までWebデザイナーになれる?

Webデザイナーとしてのキャリアを築く際には、年齢制限は存在しません。むしろ、年齢はあなたの経験とスキルの蓄積において有利な要素となることがあります。多くのWebデザイナーは若い時からこのキャリアをスタートさせますが、中途で転職してきたり、趣味からプロのWebデザイナーになる人もいます。Webデザインの分野は常に進化しており、努力と情熱を持ち続ける限り、何歳になっても素晴らしいWebデザイナーとして活躍できるでしょう。成功するには不可欠なスキル、経験、クリエイティビティ、コミュニケーション能力、そして学習意欲を身につけて、自分の夢や目標に向かって前進しましょう。

求人によく見かける「未経験者OK」の求人が増えている理由

「未経験者OK」という求人募集をよく見かけるかと思いますが、これは知識はあるものの、実際の職務経験がない方を採用対象としていることを意味します。こうした求人募集が増えている背後には、さまざまな理由があります。

スキルや知識の重要性

現代の職場では、デジタル技術やコンピュータースキルがますます重要視されています。そのため、「未経験者OK」の求人は、一般的なコンピュータースキルや専門的な知識を持つ人材を採用し、必要な職務経験は後から研修やトレーニングで提供するというアプローチを取ることが多いです。

人材不足の解消

一部の分野では、特に専門的な技術やスキルを持つ人材の不足が問題となっています。そのため、求人広告において未経験者を受け入れることで、新たな人材を積極的に確保しようという試みが行われています。

多様性の促進

企業は多様性を尊重し、異なるバックグラウンドや経験を持つ人材を求めることが増えています。未経験者を採用することで、異なる視点とアイデアを導入し、チームの多様性を豊かにすることができます。

知識ゼロの人がWebデザイナー求人に挑戦するためのスムーズな方法

(20代)Webサービス・アプリ開発が無料で学べて就職まで勉強する

オンラインリソースを活用

20代の方には、オンラインリソースが豊富に利用できます。無料のウェブ開発コースやチュートリアルが多数存在し、HTML、CSS、JavaScriptなどの基本的なスキルを身につけるのに役立ちます。

プロジェクトを始める

自分でウェブプロジェクトを始めてみましょう。ポートフォリオを構築するために、個人的なウェブサイトやアプリを制作することが大切です。これにより、実際のスキルと経験を積むことができます。

コミュニティに参加

Webデザインや開発のコミュニティに参加し、他の学習者やプロフェッショナルとつながりましょう。相互サポートやアドバイスの提供があります。

インターンシップやフリーランス

経験を積むために、インターンシップやフリーランスの仕事を探しましょう。これらの機会を通じて、実務経験を得ることができます。

(30代以上)スクールに通って勉強を始める

専門学校やカレッジを検討

30代以上の方には、専門学校やカレッジでの学習が有益です。ウェブデザインに特化したプログラムを受講することで、基礎から学ぶことができます。

短期コースやオフラインクラス

自分のスケジュールに合わせて、短期コースやオフラインクラスを検討しましょう。週末や夜間に受講できるプログラムも多くあります。

実務経験を重視

30代以上の場合、過去のキャリアや経験を活かせる場面があります。Webデザインの分野に転職する際、これらの経験を強みとしてアピールしましょう。

キャリアアドバイスを受ける

キャリアアドバイスや転職支援を提供するサービスを活用して、就職活動のサポートを受けることも考慮しましょう。

知識だけある経験者の求人方法-Web・IT専門型の転職エージェントを利用する

Web・IT専門型の転職エージェントを利用するメリット

Web・IT業界専門のキャリアアドバイザーが担当してくれる

Web・IT専門の転職エージェントは、この分野に精通したキャリアアドバイザーがあなたの転職プロセスをサポートしてくれます。彼らは業界の動向や要件を理解しており、あなたの経歴とスキルに合った最適な職場を見つけるお手伝いをしてくれます。

業界のアドバイスを貰える

Web・IT業界は急速に変化しており、新しい技術やトレンドが常に登場しています。専門型の転職エージェントは、業界の最新情報や市場動向に精通しており、どの職場が将来性が高いかを助言してくれます。

公開求人のほか、非公開求人からも紹介してもらえる

Web・IT専門の転職エージェントは、公開求人だけでなく、非公開求人もアクセスできるチャネルを持っています。非公開求人は競争が少なく、あなたのスキルにマッチした仕事が見つかる可能性が高まります。

面接対策・書類作成のアドバイスもしてくれる

転職エージェントは、面接対策や履歴書の作成に関するアドバイスも提供してくれます。自分の強みを引き立て、プロフェッショナルな印象を与えるためのサポートが受けられます。

給料交渉までしてくれる

経験者の転職において、給料交渉は重要な要素です。専門型の転職エージェントは、適切な給与交渉を行い、あなたの価値に見合った報酬を獲得するために力を尽くしてくれます。

もちろん無料

このすべてのサポートやアドバイスは、通常は無料で提供されます。転職エージェントは雇用主から手数料を受け取るため、求職者には費用がかかりません。

おすすめのWeb・IT専門型の転職サイト

WORKPORT(ワークポート)

WORKPORTは、IT・Web業界に特化した転職サイトで、多くの求人情報が掲載されています。幅広い職種やスキルに合った仕事が見つかり、キャリアアドバイザーのサポートも充実しています。また、転職者向けの情報や記事も豊富で、転職活動を成功に導くためのサポートを提供しています。

マイナビクリエイター

マイナビクリエイターは、マイナビグループが運営する転職サイトで、クリエイティブ分野に特化しています。Webデザイナーやプログラマー、デジタルマーケターなど、さまざまな職種の求人情報が豊富にあります。転職活動に役立つコンテンツやキャリアアドバイザーのアドバイスも充実しており、転職者にとって信頼性の高い情報を提供しています。

type転職エージェントIT

type転職エージェントITは、インターネットリサーチで実績のあるtype転職が運営する転職サイトです。IT関連の求人情報を網羅的に提供し、スキルや経験に合わせた求人をスマートに検索できます。また、転職者向けの情報提供やセミナー、イベントも開催しており、転職活動をサポートしています。

マスメディアン

マスメディアンは、Webメディアと連動した求人情報を提供する転職サイトです。エンジニア、デザイナー、プロジェクトマネージャーなどの求人が多数掲載されており、幅広い選択肢があります。また、業界の最新情報やキャリアアドバイス記事も充実しており、転職者に有益な情報を提供しています。

Geekly(ギークリー)

Geeklyは、エンジニア・デザイナー向けの求人情報を提供する転職サイトです。スキルや経験に合わせた求人を見つけやすく、業界に特化した情報提供も行っています。さらに、カジュアルな雰囲気の求人イベントも開催し、求職者同士の交流の場を提供しています。

Webist

Webistは、IT・Web分野に特化した求人情報サイトです。プログラマーやデザイナー、マーケティングスペシャリストなど、さまざまな職種に合った求人情報が充実しています。キャリアアドバイスや転職者向けの情報も提供し、転職活動を成功に導くサポートを提供しています。

まとめ

Webデザインは年齢に関係なく、学び、成長し、成功することができます。適切なリソースと計画を持ちながら、自分の目標に向かって進んでいきましょう。未経験から始めることは挑戦的かもしれませんが、その努力と情熱が将来のキャリアに大いに役立つことでしょう。

よくある質問

Q1:Webデザイナーの未経験者でも転職できるのですか?

A1:はい、未経験者でもWebデザイナーに転職することは可能です。多くの企業は基本的なデザインスキルやコンピュータースキルを持つ人材を求めており、実務経験がなくても熱意と学習能力を持っていればチャンスがあります。

Q2:どのようにしてWebデザイナーのスキルを習得できますか?

A2:Webデザイナーのスキルを習得するためには、オンラインコースや教材を活用した自己学習が役立ちます。HTML、CSS、デザインツールの使い方などを学び、ポートフォリオを構築することが大切です。

Q3:転職先の企業はどのように見つけられますか?

A3:転職先の企業を見つける方法はいくつかあります。求人情報サイトや専門の転職エージェントを利用するのが一般的です。また、業界のイベントやネットワーキング活動に参加してコネクションを広げることも有効です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/20】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ