AWS Lambdaとは、メリット・デメリットに合わせて、特徴と使い方を解説

AWS Lambdaとは?

AWS Lambdaは、Amazon Web Services(AWS)が提供するサービスの1つで、サーバーレスコンピューティングの実行環境を提供します。AWS Lambdaは、アプリケーションのコードを実行するためのサーバーをプロビジョニングや管理する必要がない、非常に便利なサービスです。また、AWS Lambdaはセキュリティ、監視、ログ記録などの機能も提供しており、運用面でも安心して利用できます。イベント駆動のアーキテクチャやマイクロサービスアーキテクチャを採用し、クラウドネイティブなアプリケーションを構築する際に欠かせないサービスの一つです。

AWS LambdaとAmazon EC2との違い?

AWS LambdaとAmazon EC2の主な違いは、コンピューティングモデルと課金方式です。Lambdaはサーバーレスであり、イベント駆動のアプリケーションに適しています。一方、EC2は仮想サーバーを提供し、カスタマイズが可能ですが、連続実行コストがかかります。 どちらを選択するかは、プロジェクトの要件に依存します。短期間のタスクやイベント駆動のアプリケーションにはLambdaが適していますが、長期間稼働するアプリケーションや特定のカスタマイズが必要な場合はEC2を選択することが一般的です。 また、LambdaとEC2を組み合わせて利用することも可能で、ハイブリッドなアーキテクチャを構築することもできます。

AWS Lambdaを使うメリット

独立したコンピューティングで動作することが可能

AWS Lambdaの最大のメリットの一つは、独立したコンピューティング環境で動作することができる点です。各Lambda関数は完全に分離されており、他の関数の影響を受けずに実行されます。これにより、アプリケーションのコンポーネントを疎結合に設計し、信頼性を向上させることができます。

コンピューティングリソース(メモリサイズ)の調整が可能

Lambda関数のメモリサイズは、必要に応じて調整できます。これにより、異なる負荷に対応するために適切なリソースを割り当てることができます。メモリサイズを増やすと、関数の実行が高速化されることがあり、パフォーマンスの最適化が可能です。

様々なトリガーでLambdaを起動することが可能

AWS Lambdaは多くのトリガーに対応しており、さまざまなイベントに応答して関数を起動できます。S3バケットへのファイルアップロード、DynamoDBテーブルのデータ変更、API GatewayからのHTTPリクエストなどが挙げられます。これにより、イベント駆動型のアプリケーションを簡単に構築できます。

実行していない時間は料金が発生しない

Lambda関数は実行していない時間には料金が発生しません。従量課金モデルを採用しており、関数が実際に実行された時間に対してのみ課金されます。このため、無駄なコストをかけずにアプリケーションを運用できます。

自動拡張できる

Lambda関数は必要に応じて自動的にスケーリングされます。トラフィックが急増した場合でも、追加の設定や管理作業なしに関数を拡張できます。これにより、アプリケーションのスケーラビリティが向上し、ユーザーエクスペリエンスを維持できます。

Node, Python、Ruby対応可能

AWS Lambdaはさまざまなプログラミング言語に対応しており、Node.js、Python、Rubyなどの言語で関数を記述できます。開発者は自分の得意な言語を使用してアプリケーションを開発でき、柔軟性が高まります。

AWS Lambdaを使うデメリット

フレームワークが使えない

AWS Lambdaはサーバーレスコンピューティングのプラットフォームであり、従来の仮想マシンやコンテナとは異なるアーキテクチャを持っています。そのため、一部のフレームワークやライブラリはLambdaで直接利用することが難しい場合があります。特に、特定のプログラミング言語に依存するフレームワークを使っている場合、Lambdaでの適用には調整が必要です。この制約により、一部のアプリケーションはLambdaへの移行が難しいことがあります。

Lambdaのライフサイクル自体が最大で15分のみ

AWS Lambdaのライフサイクルは、最大で15分までと制限されています。これは、Lambda関数が実行されてから終了するまでの時間です。長時間の処理やバッチジョブをLambdaで実行する場合、この制限に注意する必要があります。15分を超える処理が必要な場合、別のアプローチを検討する必要があります。たとえば、処理を分割して連携することなどが考えられます。

Lambda関数の作成と実行

Lambda関数の作成

AWS Lambdaコンソールにアクセス

AWS Management Consoleにログインし、Lambdaサービスのコンソールにアクセスします。

関数の作成

“関数の作成” ボタンをクリックします。新しい関数を作成するためのウィザードが表示されます。

関数の設定

関数に名前を付け、使用するランタイム(プログラミング言語)を選択します。また、関数をトリガーするためのイベントソースを設定します。例えば、S3バケットへのファイルアップロードをトリガーとして指定できます。

コードのアップロード

関数のコードをアップロードするか、コードを直接Lambdaコンソールで編集できます。アップロードする場合は、ZIPファイルなどの形式でコードを用意してアップロードします。

関数の設定

メモリサイズ、タイムアウト値、ロール(関数がAWSリソースにアクセスするための権限を定義)などの関数の設定を構成します。

関数の作成

すべての設定が完了したら、関数を作成します。関数はAWS内のリージョンにデプロイされ、実行できる状態になります。

Lambda関数の実行

トリガーによる実行

関数がトリガーとして設定されたイベントが発生した場合、Lambda関数は自動的に実行されます。例えば、S3バケットへのファイルアップロードがトリガーとして設定されている場合、ファイルがアップロードされるたびに関数が実行されます。

手動実行

Lambdaコンソールから手動で関数を実行することもできます。これはデバッグやテストの目的で便利です。関数を選択し、手動でトリガーを発生させることができます。

関数の作成

すべての設定が完了したら、関数を作成します。関数はAWS内のリージョンにデプロイされ、実行できる状態になります。

関数の作成

すべての設定が完了したら、関数を作成します。関数はAWS内のリージョンにデプロイされ、実行できる状態になります。

API Gatewayとの統合

Lambda関数はAPI Gatewayと統合してRESTful APIを構築できます。HTTPリクエストを受けると、API GatewayがLambda関数を呼び出し、結果をクライアントに返します。

スケジュール実行

Lambda関数を定期的に実行するために、Amazon CloudWatch Eventsなどのスケジューリングサービスと統合できます。定期的なタスクやバッチ処理に適しています。

まとめ

AWS Lambdaは柔軟性とコスト効率に優れたサーバーレスコンピューティングプラットフォームであり、アプリケーション開発の多くのメリットを提供します。Lambdaを活用して、効果的なソリューションを実現してみましょう。

よくある質問

Q:AWS Lambdaの使い方はどのように学べますか?

A:AWS Lambdaの使い方を学ぶために、AWSドキュメンテーションやオンラインのチュートリアル、AWS認定試験などのリソースを活用できます。また、実際にプロジェクトに取り組むことで経験を積むこともおすすめです。

Q:AWS Lambdaとは何ですか?

A:AWS Lambdaは、Amazon Web Services(AWS)が提供するサーバーレスコンピューティングのプラットフォームです。これは、アプリケーションのコードを実行するためのサーバーをプロビジョニングや管理せずに、イベント駆動型のコード実行を可能にします。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ