ターゲティングについて解説!設定の仕方からターゲティングの例までご紹介します。

ターゲティングとは

概要

ターゲティングとは、製品やサービスに関心を持つ可能性の高い特定のオーディエンスやグループを特定し、そこにリーチするマーケティング戦略です。ターゲットを絞り込むことで、マーケティング担当者は意図した相手に響く、より効果的なマーケティングキャンペーンを行うことができ、売上や顧客エンゲージメントの向上につなげることができます。

マーケティングにおけるターゲティングのメリット

効果の向上

ターゲティングされたマーケティングキャンペーンは、マーケティング対象の製品やサービスに関心を持つ可能性が高い特定のオーディエンスにリーチするため、より効果的です。

コスト削減

マーケティング担当者は、顧客化する可能性の高い特定のオーディエンスに焦点を当てることで、広告宣伝費を削減することができます。

顧客エンゲージメントの向上

ターゲティングされたマーケティングキャンペーンは、顧客の興味やニーズに共鳴するメッセージを届けることで、顧客とのより強い結びつきを生み出すことができます。

コンバージョン率の向上

製品やサービスに関心を持つ可能性の高い個人をターゲットにすることで、コンバージョンの可能性を高め、最終的に売上を増加させることができます。

ターゲティングの設定の仕方

情報分析

ターゲティングを行うには、自社の商品やサービスがどのような人々に需要があるのかを明確にすることが大切です。具体的には、年齢層、性別、職業、所得、趣味などのデモグラフィック情報や、興味関心、行動傾向などの行動的な情報を分析することが重要です。

顧客層の設定

分析した情報を基にターゲットとする顧客層を設定します。例えば、女性、20代前半、OL、年収400万円以上、ファッションに興味があるというような具体的なターゲットを設定することができます。

マーケティング手法の決定

設定したターゲットに合わせて、マーケティング手法を決定します。例えば、SNS広告やブログ記事、YouTube広告など、ターゲットがよく利用するメディアに広告を掲載することで、ターゲットに訴求力のある広告を配信することができます。また、SEO対策を行い、ターゲットがよく利用する検索キーワードに対してサイトを最適化することも有効です。

効果検証

ターゲティングの効果を確認するために、分析ツールを利用して、設定したターゲットにどれだけアクセスが集まっているか、コンバージョン率はどうかなどを定期的にチェックすることも重要です。

ターゲティングの例

年齢層

例えば、子供向けのおもちゃを販売する場合は、対象年齢が3歳から10歳の子供とその親にターゲティングをすることが効果的です。

性別

化粧品やファッションアイテムなど、性別によって需要が異なる商品については、性別によってターゲティングを行うことが有効です。

職業

業種別のビジネス書籍や、特定の職種向けのツールやサービスなど、職業によって需要が異なる商品やサービスについては、ターゲットとする職業や業種を設定することが有効です。

地域

特定の地域に需要が集中している商品やサービスについては、その地域にターゲティングを行うことが有効です。

趣味・嗜好

特定の趣味や嗜好に関連する商品やサービスについては、その趣味や嗜好に興味がある人をターゲットにすることが効果的です。

行動傾向

過去の購入履歴やWebサイトの閲覧履歴など、行動的な情報を利用して、特定の行動傾向に基づくターゲティングを行うことができます。例えば、特定の商品を購入したことがある人に対して、関連商品の広告を表示することができます。

まとめ

ターゲティングとは、製品やサービスに関心を持つ可能性の高い特定のオーディエンスやグループを特定し、そこにアプローチするマーケティング戦略です。ターゲティングは、企業がより効果的に対象顧客にリーチし、広告コストを削減し、顧客エンゲージメントを向上させ、最終的に売上を増加させることができる、強力なマーケティング戦略なのです。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > Amazon > 広告 > 【予算設定解説】Amazonスポンサー広告の効果的な予算と配信設定|成功のポイントも解説

ページトップへ