テストマーケティングとは?売れる商品を作るために知っておきたい代表的な手法を解説

テストマーケティングとは

概要

テストマーケティングとは、ある製品やサービスを限られた市場に導入し、その成功の可能性を評価するプロセスのことを指します。テストマーケティングの目的は、製品の性能、市場性、潜在的な売上に関する情報を、より多くの人々に発売する前に得ることです。

テストマーケティングのメリット

ターゲット層が明確になる

限定された市場でテストを行うことで、ターゲット層が明確になり、そのフィードバックをもとに調整を行うことができます。

販売リスクを軽減できる

テストマーケティングを行うことで、本格的な販売開始前に商品のポテンシャルを評価でき、販売リスクを低減できます。

商品・サービスが市場に受け入れられるか客観的に判断できる

テストマーケティングを実施することで、その商品やサービスが市場に受け入れられるかどうかを客観的に判断できます。

テストマーケティングをオンラインで行う代表的な手法

Webアンケート

Webアンケートは、テストマーケティングで人気のあるオンライン手法のひとつです。オンライン調査ツールを使って、ターゲットとなる消費者グループから意見、好み、行動に関するデータを収集できます。

SNSでモニターを集める

SNSを利用して、消費者からの意見や感想を収集することも、テストマーケティングで人気のあるオンライン手法です。ソーシャルメディアページを作成し、コンテストを実施したり、ハッシュタグを使用したりして、消費者の関与を促し、データを収集できます。

クラウドファンディング

クラウドファンディングは、プラットフォームを利用して、多くの人から資金を集める新しいテストマーケティングの方法です。企業は、クラウドファンディングを利用して、新製品や新サービスに対する消費者の関心を測り、製品を市場に投入するための資金を調達することができます。

テストマーケティングをオフラインで行う代表的な手法

実店舗でのテスト販売

消費者の行動や商品・サービスに対する興味・関心に関するデータを収集するために、店頭でのテスト販売を行うことができます。テスト販売コーナーを設置し、商品を陳列し、消費者の購買行動に関するデータを収集する方法です。

モニター調査

モニター調査は、オフラインテストマーケティングの一種で、対面インタビュー、アンケート、フォーカスグループなどを通じて、消費者グループからデータを収集する方法です。より詳細で個別化された消費者からのフィードバックを得ることができます。

まとめ

テストマーケティングは、企業が本格的なマーケティングを開始する前に、製品やサービスの成功の可能性を評価するための効果的な方法です。オンラインとオフラインのテクニックを使うことで、企業は消費者の行動、嗜好、市場の受容性に関する貴重な情報を収集することができます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/03/21】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ