Amazon広告とは?特徴や仕組み、4種類の広告について徹底的に解説

Amazon広告とは?

Amazon広告とは、主にAmazon上で商品を販売している企業が、自社の商品をユーザーに見つけてもらうために利用する広告手法です。

Amazonは、世界最大の電子商取引プラットフォームであり、その商品数は膨大です。ユーザーにとっては、何でも揃っていると言えるでしょう。しかし、その一方で、多くの商品が提供されているため、自社の商品をユーザーに見つけてもらうことは難しくなります。

この問題を解決するために、Amazon広告が非常に効果的です。自社の商品をユーザーの目に留まりやすくするために、Amazon内で広告を掲載することができます。

例えば、Amazonで興味を持った商品を検索してみてください。一番上に表示されている商品の中には、「スポンサー」という表示があります(赤い枠で囲まれています)。これらがAmazon広告です。広告を活用することで、自社の商品がユーザーの検索結果の上位に表示され、購買の機会が増えることが期待されます。

Amazon広告は、自社の商品をより多くのユーザーに知ってもらい、売上を拡大させるための第一歩として非常に有効なツールです。

Amazon広告の特徴

Amazon内で軌道に乗りやすい

Amazon内での成功には「A10」と呼ばれる独自のアルゴリズムが影響し、自社商品の検索ランキング向上にはさまざまな要因が絡んできます。これらの要因には「販売件数」「レビュー」「顧客対応」「CVR(コンバージョン率)」「納期」などが含まれます。

新たにAmazonでビジネスを始める際、評価の履歴がないため、自社商品を上位に表示させることは難しい課題です。しかし、Amazon広告を有効活用すれば、新規出店でもAmazon内での成功に一歩近づくことができます。

上位に表示されやすい

Amazonでは、商品が購入されるほど、上位表示されるしくみが採用されており、一度でも人気の商品と認識されると上位のランキングに保たれます。

購入回数が増えるにつれて、商品に対するレビューも増加する傾向があり、これにより商品の売れ行きがさらに向上します。このことから、購入されたばかりでレビューが少ない商品の場合、Amazon広告を活用して購入回数を増やすことが、Amazon内での上位表示を維持し、同時に広告以外の販売も促進する手段となります。

要するに、Amazon広告を利用することで、商品の知名度と購入数を増やし、成功への道を開拓するのに役立つと言えます。

競合のページに自社の広告を表示できる

Amazonでは、さまざまな商品が競合しています。通常のリスティング広告では、競合商品の名前を利用した広告は許可されないことが多いですが、Amazon広告は異なり、競合商品のページに自社の商品を掲載できる点が大きな特徴です。この特長は他の広告プラットフォームでは見られないものであり、広告出稿の検討において非常に重要な要素と言えます。競合商品のページに広告を表示させることで、競合他社に対抗し、自社商品の露出と売上を増やす戦略を検討する価値があります。

Amazon広告の仕組み

ステップ説明
1. 広告出稿広告を出稿するために、宣伝したい商品を選択し、広告キャンペーンを作成します。
2. キーワード選定広告が表示されるためのキーワードを選定します。ユーザーが商品を検索した際に関連するキーワードが対象です。
3. 広告表示とクリックユーザーが選んだキーワードで商品を検索すると、関連する広告が表示されます。ユーザーがクリックすると広告主にコストが発生します。
4. 広告ランキングAmazonでは広告の表示順位が競争によって決定されます。広告主は予算を設定し、競い合います。高い入札が上位表示のチャンスを高めます。
5. 広告の表示ユーザーが商品を検索すると、そのキーワードに関連する広告が検索結果ページや商品ページに表示されます。
6. クリックから購入へユーザーが広告をクリックして商品ページに移動すると、商品の詳細を見たり購入したりすることができます。
7. 成果分析Amazon広告は詳細な成果分析が可能です。広告主は広告のクリック数、コンバージョン率などのデータを分析し、広告キャンペーンの効果を評価します。

Amazon広告4つの種類

スポンサープロダクト広告

スポンサープロダクト広告は、特定の商品を強調して宣伝する広告形式です。この広告は、特定のキーワードに対する商品の表示を増やし、ターゲットユーザーに商品をアピールするのに役立ちます。ユーザーが関連キーワードを検索した際に、その商品が上位に表示され、購買の機会を高めることができます。スポンサープロダクト広告は、商品プロモーションと競合他社からの差別化に寄与します。

スポンサーブランド広告

 スポンサーブランド広告は、特定のブランドを宣伝する広告形式です。これを使用すると、ブランドの認知度を高め、競合他社から差別化することができます。スポンサーブランド広告は、特定のブランドに関連する商品を一緒に表示することができ、顧客の信頼を築くのに役立ちます。ブランドの認知度向上と信頼構築を促進するために有効です。

スポンサーディスプレイ広告

スポンサーディスプレイ広告は、Amazonの広告ネットワーク内で商品を宣伝する広告形式です。これは、商品ページやカート画面などで表示され、購買意欲の高いユーザーにリーチするのに役立ちます。スポンサーディスプレイ広告は、ターゲットユーザーに効果的にリーチし、セールスチャネルを拡大するのに適しています。ユーザーがAmazon内で商品を閲覧する際に広告が表示され、購買の動機を高めます。

AmazonDSP広告

AmazonDSP広告は、Amazonプラットフォーム外のウェブサイトやアプリで商品を宣伝する広告形式です。これにより、広告の展開範囲をAmazonの壁を越えて拡大し、新しい顧客層にアプローチすることができます。他のウェブサイトやアプリで商品を宣伝することで、ブランドの認知度向上や広告のセールスチャネルの多様化が可能です。Amazonプラットフォーム外でも効果的なブランド宣伝を行うことができます。

まとめ

Amazon広告とは、主にAmazon上で商品を販売している企業が、自社の商品をユーザーに見つけてもらうために利用する広告手法です。Amazonは、世界最大の電子商取引プラットフォームであり、その商品数は膨大です。ユーザーにとっては、何でも揃っていると言えるでしょう。しかし、その一方で、多くの商品が提供されているため、自社の商品をユーザーに見つけてもらうことは難しくなります。この問題を解決するために、Amazon広告が非常に効果的です。自社の商品をユーザーの目に留まりやすくするために、Amazon内で広告を掲載することができます。例えば、Amazonで興味を持った商品を検索してみてください。一番上に表示されている商品の中には、「スポンサー」という表示があります(赤い枠で囲まれています)。これらがAmazon広告です。広告を活用することで、自社の商品がユーザーの検索結果の上位に表示され、購買の機会が増えることが期待されます。Amazon広告は、自社の商品をより多くのユーザーに知ってもらい、売上を拡大させるための第一歩として非常に有効なツールです。

よくある質問

Q:Amazon広告はどのようにして始めるのですか?

A:Amazon広告を始めるには、まずAmazonセラーアカウントを作成またはログインします。次に、広告出稿のためのSeller Centralにアクセスし、キャンペーンを作成します。商品を選び、キーワードを選定し、広告の予算を設定して、キャンペーンを公開します。これでAmazon広告を始めることができます。

Q:Amazon広告の種類には何がありますか?

A:Amazon広告には4つの主要な種類があります。スポンサープロダクト広告は特定の商品を宣伝し、関連キーワードで表示を増やす広告形式です。スポンサーブランド広告は特定のブランドを宣伝し、ブランドの認知度を高める広告です。スポンサーディスプレイ広告はAmazon広告ネットワーク内で商品を宣伝し、購買意欲の高いユーザーにリーチする広告形式です。そして、AmazonDSP広告はAmazonプラットフォーム外のウェブサイトやアプリで商品を宣伝する広告です。

Q:成果分析はどのように行われますか?

A:成果分析はAmazon広告の重要な部分です。Seller Centralの広告ダッシュボードから、クリック数、コンバージョン率、費用対効果などのデータを確認できます。これらのデータを分析し、広告キャンペーンを最適化するための情報を収集します。また、特定の広告形式やキーワードのパフォーマンスを詳しく調べることも可能です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ