Amazon広告のスポンサーディスプレイ広告の基本から設定方法について解説

スポンサーディスプレイ広告とは?

スポンサーディスプレイ広告とは、Amazonが提供するディスプレイ広告です。Amazon内の商品詳細ページや、カスタマーレビュー、商品検索結果ページの横、またはおすすめ商品の下の広告枠に表示されます。

AmazonDSPとどう違うのか?

AmazonDSP(Amazon Demand-Side Platform)は、Amazonが提供するディスプレイ広告のためのプラットフォームです。スポンサーディスプレイ広告との違いとしては、配信可能な掲載枠をはじめ、クリエイティブの作成方法、対応している広告フォーマットや課金のシステムまで様々な点で仕様が大きく異なっています。また、スポンサープロダクト広告やスポンサーブランド広告といった他のスポンサー広告ではキーワードや特定の商品でターゲティングするのに対し、スポンサーディスプレイ広告は「人」にターゲティングする点が大きな違いです。

スポンサーディスプレイ広告のメリット

スポンサーディスプレイ広告には以下のようなメリットがあります。

表示場所が増える

スポンサーディスプレイ広告は、ウェブページやモバイルアプリケーションなどのディスプレイ広告スペースに表示されます。インターネット上のさまざまなサイトやアプリで広告を表示することができるため、広告の露出範囲が広がります。多くのユーザーに広告を届ける機会が増えるため、ブランドの認知度向上やターゲットユーザーへのアプローチが可能になります。

リターゲティング機能がついている

スポンサーディスプレイ広告には、リターゲティング(再ターゲティング)という機能があります。これは、以前に広告をクリックしたり、特定の行動をしたユーザーに対して再度広告を表示することができる機能です。リターゲティングは、ユーザーの関心や行動履歴に基づいて、よりパーソナライズされた広告を提供することができます。ユーザーが興味を持っている可能性が高い広告を再度表示することで、広告のクリック率やコンバージョン率を向上させることができます。

スポンサーディスプレイ広告のデメリット

費用対効果が低下する可能性がある

スポンサーティスプレイ広告はさまざまな箇所に掲載されインプレッション数は稼げるものの、その分費用対効果が低下する恐れがあります。

ターゲティング設定を拡大すればするほど、マッチしないセグメントも増加してしまう可能性があるため、費用対効果を下げかねません。よって、成果に繋げるために費用面に注視しながら運用する必要があります。

Amazonスポンサーディスプレイ広告の設定方法

Amazonスポンサーディスプレイ広告を設定する方法は以下の通りです。

キャンペーンの作成

Amazon広告キャンペーンマネージャーにログインし、スポンサーディスプレイ広告のセクションに移動、「キャンペーンを作成する」ボタンをクリックします。その後、「スポンサーディスプレイ広告」内の「続ける」をクリックし、キャンペーン名や開始日、終了日、日予算等を設定します。

広告グループの作成

キャンペーン作成後、広告グループの作成画面に移動し、広告グループの名前を任意で入力します。

入札方法の決定

入札の項目では、リーチ、ページ訪問数、コンバージョンの中から、目的に合わせた入札額の最適化オプションを選択します。

広告フォーマットの選択

広告グループ作成時に、広告フォーマットを画像、動画から選択します。

広告する商品の選択

広告する商品を選択します。特定のASIN(Amazon Standard Identification Number)や商品カテゴリなどを指定して、広告の対象となる商品を選びます。

ターゲティングの選択

ターゲティングオプションを、「コンテキストターゲティング」と「オーディエンス」から選択します。

クリエイティブの変更

広告フォーマットで「画像」を選択した際に児童で生成される広告の画像を変更できます。動画を選択した場合は、ここでアップロードを行います。

まとめ

スポンサーディスプレイ広告とは、Amazonが提供するディスプレイ広告です。スポンサープロダクト広告やスポンサーブランド広告といった他のスポンサー広告ではキーワードや特定の商品でターゲティングするのに対し、スポンサーディスプレイ広告は「人」にターゲティングする点が大きな違いです。今回紹介したスポンサーディスプレイ広告のメリットデメリットを理解し、まずはとにかく始めてみましょう。認知向上から売上の拡大まで、使い道が豊富なスポンサーディスプレイ広告は、きっとビジネスの拡大のための有益な一手になり得ることでしょう。

よくある質問

Q1: スポンサーディスプレイ広告はどのようなメディアで表示されますか?

A1: スポンサーディスプレイ広告は、ウェブページやモバイルアプリケーションなどのディスプレイ広告スペースに表示されます。

Q2: スポンサーディスプレイ広告のメリットは何ですか?

A2: スポンサーディスプレイ広告のメリットとしては、表示場所が増えることによる広告の露出範囲の拡大、競合が少ないため表示されやすいこと、リターゲティング機能がついていることなどがあります。

Q3: スポンサーディスプレイ広告ではキーワードやASINの切り出し・除外ができますか?

A3: スポンサーディスプレイ広告では一部のプラットフォームではキーワードやASINの切り出しや除外ができない場合があります。広告のターゲティング精度やパフォーマンスに制約が生じる可能性があります。

Q4: スポンサーディスプレイ広告の設定方法はどのように行いますか?

A4: スポンサーディスプレイ広告の設定方法は、キャンペーンの作成、広告グループの作成、入札方法の決定、広告フォーマットの選択、広告する商品の選択、ターゲティングの選択、クリエイティブの変更などのステップを順に進めて行います。

Q5: クリエイティブの変更はどのように行いますか?

A5: クリエイティブの変更は、広告グループの設定画面でクリエイティブの変更オプションを選択し、既存の広告クリエイティブを編集するか新しい広告クリエイティブを作成します。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/06/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|2選

ページトップへ