Amazonで酒類は出品できるのか?出品方法や注意点について解説

Amazonで酒類は出品できるのか?

Amazonでの酒類出品には一定の制約がありますが、基本的には可能です。ただし、酒類販売業免許や出品許可申請、危険物審査などの過程が必要です。これにより、法令順守や消費者の安全を確保しながら、酒類商品を提供することができます。

出品可能な酒類商品の事例

Amazonでは、多様な酒類商品が出品可能です。

ワインの赤・白・ロゼや、ウィスキーのシングルモルト・ブレンデッド、そして日本酒やビール、焼酎なども含まれます。各商品には詳細な情報や特徴、生産地などを明記し、消費者に充分な情報を提供することが重要です。また、アルコール度数や容量も正確に表示し、正確な商品情報を提供することで信頼を築きましょう。

Amazonでの出品方法

Amazonには商品を出品する際は以下の2つの種類に分かれます。

  • 既存商品の出品 (Amazonカタログが存在する場合)
  • 新規商品の出品 (Amazonカタログが存在しない場合)

それぞれについて詳しく説明します。

既存商品の出品 (Amazonカタログが存在する場合)

Amazonの既存商品の出品は、以下の製品コード(GTINコード)を入力することで簡単に行えます。

  • UPCコード
  • ISBNコード
  • EANコード

これらの製品コード(GTINコード)を持つ商品は、Amazonカタログ内に既に存在する可能性があります。商品がカタログ内にある場合、該当する商品情報を選択し、対応する製品コードを入力することで、迅速に出品を開始できます。

新規商品の出品 (Amazonカタログが存在しない場合)

商品に製品コード(GTINコード)が存在しない場合、以下の方法で出品できます。

1.製品コード(GTINコード)の取得

新しい商品のカタログ作成には、製品コード(GTINコード)が必要です。商品に対応するUPC、ISBN、EANなどの製品コードを取得し、これを使用してカタログを作成します。これにより、商品が正確に識別され、顧客に適切な情報が提供されます。

2.製品コード(GTINコード)無し申請

製品コードが存在しない場合でも、Amazonに無し申請を行うことで新しい商品のカタログを作成できます。この場合、商品の詳細情報や画像、特徴などを提供し、製品の特定性を確保することが重要です。Amazonは提供された情報を元にカタログを作成し、出品を許可します。

登録方法の選択肢

商品の出品方法には、以下の2つの選択肢があります。

1.1つずつの登録

個別の商品情報を入力し、出品を行う方法です。商品ごとに情報を入力するため、細かなカスタマイズが可能です。

2.一括でアップロードする方法

CSVファイルなどを用意し、一括で多数の商品情報をアップロードする方法です。大量の商品を効率的に出品する際に便利です。

これにより、商品の特性や出品の規模に合わせて最適な方法を選択し、効率的な出品を実現できます。

酒類販売業免許

Amazonで酒類を販売するためには、酒類販売業免許が必要です。免許取得には、地域ごとの規制や手続きが異なる場合があります。免許取得のためには、販売業者としての登録や税金の申告が求められることもあります。免許を取得することで、法律遵守の基準を満たし、安心して酒類を販売できます。

出品許可申請

Amazonで酒類を出品するためには、出品許可申請を行う必要があります。申請時には、商品の詳細情報や画像、販売計画などを提供する必要があります。Amazonは、申請内容を審査し、品質や安全性を確保するための審査を行います。審査に合格することで、酒類商品の出品が許可されます。

危険物審査

酒類商品は危険物とみなされる場合があり、特に配送に関しては安全性が重要です。Amazonでは、酒類の危険物審査を行い、適切な包装やラベル付けが求められます。また、輸送時の規制や制限も考慮しなければなりません。これにより、消費者へ安全な商品を提供するとともに、法令遵守を確保します。

【危険物に分類された際の表示】

危険物として分類されたとしても、正しい手順で安全性を証明できれば、問題なくFBAを利用して販売できます。

Amazonで酒類を出品する際の注意点

酒類をAmazonで出品する際に留意すべきポイントを解説します。

成人年齢の引き下げ

2022年4月1日の民放改正に伴い、酒類の販売における成年年齢の引き下げが行われました。この改正により、成年年齢が20歳から18歳に引き下げられました。しかし、重要な点として、お酒に関する年齢制限は従来通り20歳のまま維持されています。これは、お酒による健康被害への懸念から、年齢制限を変更しない方針がとられているためです。

Amazonでもこの改正に対応して、以下のような案内が行われています。

注意事項修正が必要か(修正内容)
「お酒は二十歳になってから」修正不要
「お酒は成人になってから/お酒は成年になってから」修正が必要(「成人」「成年」を「20歳」または「二十歳」に修正)
「未成年者の飲酒は法律で禁止されています」修正が必要(「未成年者」を「20歳未満」または「二十歳未満」に修正)
ビール酒造組合の「旧」ロゴマーク新しいロゴマークに修正
「STOP!20歳未満飲酒」:https://www.stop-underagedrinking.com/project/(日本語)参照元リンクが正しいことを確認し、必要に応じて修正を行う。

この表を参考にして、成年年齢引き下げに際しての注意事項を遵守し、カタログ情報やロゴマークの修正を行うことが大切です。

これから出品を行う出品者様は、前述の内容に基づいて商品ページを作成いただくことをおすすめします。

既に酒類を出品されている場合には、商品ページの内容を確認し、現在のページに「未成年」や「成人」「成年」などの文言が使用されていないか必ずご確認ください。法律改正に合わせて適切な情報を提供することが重要です。

また、ビール酒造組合の旧ロゴマークには「STOP!未成年者飲酒」という記載があります。これにより、ユーザーに誤った認識を与える可能性があるため、旧ロゴを使用している場合は、必ず以下の新ロゴに変更するようにしましょう。

「STOP!20歳未満飲酒」ロゴマークを使用する際には、以下の使用規定も順守するよう注意が必要です。

使用条件詳細
加工禁止色、形状、文字などの要素を加工せずにロゴマークを使用すること。
使用目的ロゴマークの使用目的は、20歳未満の飲酒予防、20歳未満へのアルコール飲料の販売禁止、およびそれに付随する活動に限定。
譲渡・貸与・販売禁止ダウンロードした方が管理下で使用し、譲渡・貸与・販売は禁止。
違法行為発見時の対応違法行為(20歳未満への酒類販売など)を発見した場合、ロゴマークの使用を禁止する場合がある。

この表を参考にして、ロゴマークの使用に関する条件を遵守し、正当な目的で使用することが大切です。

FBAの利用について

AmazonのFBA(Fulfillment by Amazon)を活用する際のメリットは、商品保管や発送の負担軽減です。酒類出品でもFBAを利用すれば、迅速な配送と信頼性の向上が期待できますが、品質管理やラベル付けには細心の注意が必要です。

出品禁止商品

Amazonでの出品が制限されている酒類関連商品には、未認可の蒸留酒や一部の高アルコール飲料が含まれます。違反行為は厳しく取り締まられるため、出品前に禁止リストを確認することが重要です。

まとめ

この記事では、Amazonでの酒類出品に関する全体の流れを解説しました。商品カテゴリーの幅広さ、出品手順の選択肢、法律変更に伴う注意、ロゴマークの更新などを理解出来たかと思います。適切な情報提供と法令遵守を守りながら、安全かつ信頼性の高い酒類販売を心がけましょう。

よくある質問

Q1:Amazonで酒類を出品できる?

はい、Amazonで酒類は出品できます。ただし、法規制と年齢確認が必要です。詳細は地域の法律を確認し、商品情報と配送を適切に管理してください。

Q2:Amazonで酒類を出品する手順は?

「Amazon Seller Central」にログインし、適切なカテゴリを選択。商品情報と画像を入力し、法的要件と年齢確認に準拠することを確認。梱包と配送方法も検討し、顧客の質問に対応する仕組みを整えましょう。

Q3:酒類出品での注意点は?

Amazonの出品カテゴリと地域の法規制を確認し、必要なライセンスを取得。年齢確認システムを導入し、正確な商品情報と画像を提供。梱包や配送方法を慎重に選び、顧客のサポートとレビュー管理に気を配ることが重要です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ