Amazon出品における売上UPのポイントと商品画像を掲載する際のコツについて解説

Amazonで商品を売るメリットとは?

Amazon出品の費用が安い

Amazonへの出品は、手頃な手数料で商品を並べることができます。出品者は商品ごとに手数料を支払い、売上が発生した場合に手数料が差し引かれます。これにより、多くの異なる商品を出品しやすくなり、ビジネスの多角化が可能です。低いリスクで新たな市場への参入ができるため、多くの起業家や小規模事業者にとって魅力的な選択肢です。

出品アカウントの登録がかんたん

Amazonでの出品を開始するために必要な出品アカウントの登録手続きは簡単です。必要な情報を提供し、いくつかのステップを踏むだけで、迅速に出品を開始することができます。複雑な手続きや長い審査期間はなく、スムーズなスタートを切ることができます。

Amazonの集客力

Amazonは巨大なユーザーベースを持ち、世界中の消費者が商品を探し購入するために利用しています。出品者はこれらのユーザーに直接アクセスできるため、商品の露出と売上拡大のチャンスが広がります。また、Amazonは検索エンジンとしても機能し、多くのユーザーが商品を検索する際にAmazonの検索バーを利用します。適切なキーワードを選定し、商品情報を最適化することで、検索結果の上位に表示されることができます。

FBAが利用できる

Fulfillment by Amazon(FBA)を利用することで、出品者は在庫管理や発送などの手間を軽減できます。出品者は商品をAmazonの倉庫に送り、Amazonが受注や発送を代行します。これにより、商品の品質管理や迅速な配送が確保され、顧客満足度を高めることができます。また、Prime会員向けの迅速な配送が可能となり、顧客からの支持を得やすくなります。

入金サイクルが早い

一般的なECモールの売上金の入金サイクルは月末締めの翌月末入金ですが、Amazonの場合は14日サイクルで入金されます。また、入金サイクルは最短で1日単位に変更の申請が可能なので、資金繰りの改善やビジネスの拡大資金として活用することができます。特に小規模事業者や新興ブランドにとって、経営の柔軟性を高める重要な要素となります。

Amazonで売上UPを狙うためのポイント

商品選定を適切に行う

商品選定は売上Upを狙う上での基盤です。需要の高いカテゴリーやニッチな市場を見極め、競合が少ない商品を選ぶことが重要です。GoogleのキーワードツールやAmazonの関連商品の検索などを活用し、需要や競合状況を分析して、戦略的な商品選定を行いましょう。

規約を遵守した商品画像を増やす

商品画像は顧客に直接訴求する重要な要素です。しかし、Amazonの規約に違反しないよう注意が必要です。クリアな画像や異なるアングルからの画像を提供し、商品の特徴を的確に伝えましょう。商品画像が鮮明で魅力的であれば、購買意欲を高めることができます。

商品紹介コンテンツを改良する

商品紹介コンテンツは顧客に商品の価値や利点を伝える重要なコンポーネントです。適切なキーワードを織り交ぜつつ、商品の魅力や使い道を分かりやすく伝えるよう工夫しましょう。クリアで魅力的な文章を作成することで、顧客の興味を引き付け、購買につなげることができます。

内部の検索キーワード登録を行う

内部の検索キーワード登録は、顧客がAmazon内で商品を検索する際に重要な役割を果たします。商品に関連するキーワードを的確に登録することで、商品が適切な検索結果に表示される確率が高まります。競合キーワードや長尾キーワードなど、幅広いキーワードを検討しましょう。

カートボックスを獲得する

カートボックスに商品が表示されると、購買確率が向上します。競合が激しい場合でも、競争力のある価格やプロモーションを提供し、カートボックスに商品を掲載することを目指しましょう。価格だけでなく、商品の価値や特典も強調して訴求することが大切です。

Amazonスポンサー広告を活用する

Amazonスポンサー広告はターゲットユーザーに効果的にアプローチする手段です。商品の特徴やキーワードを活用して広告キャンペーンを設計し、ターゲット層にリーチすることで、クリック率やコンバージョン率の向上が期待できます。

FBAを活用する

FBAを利用することで、在庫管理や配送業務をAmazonが代行してくれます。これにより、出品者は効率的な運用と高品質なサービス提供に集中できます。顧客の信頼を獲得し、売上を拡大するための基盤を築く手段として活用しましょう。

良質なレビュー投稿を増やす

顧客のレビューは信頼性を高めるために欠かせません。商品の品質や満足度を向上させ、積極的なレビュー投稿を促す取り組みを行いましょう。また、顧客のフィードバックを受けて商品やサービスの改善を行うことも大切です。

Amazon商品画像のポイント

今回はあらゆるポイントの中でも商品画像についてのポイントを詳細にご説明していきたいと思います。

商品のメイン画像の要件と規定

商品のメイン画像は、顧客に最初に与える印象を形成する重要な要素です。一目で商品の特徴や用途が伝わるような画像を選びましょう。また、以下の規定にも注意を払う必要があります。

メイン画像は純粋な白い背景に配置する必要があります。これにより、商品がクリアに浮かび上がり、顧客に正確な印象を与えることができます。また、商品が主役となるよう、他の要素やテキストは含めないようにしましょう。

商品の特徴やブランドロゴなど、メイン画像に詰め込みたくなる気持ちは理解できますが、メイン画像には商品そのものが写ることが求められます。詳細情報やロゴは、サブ画像や商品説明文を活用して伝えるようにしましょう。

バリエーション商品の場合、カラーやサイズの違いで複数のメイン画像を使用することはできません。各バリエーションに適切なサブ画像を用意し、カスタマーに選択肢を提供しましょう。

※Amazon公式のガイドラインには以下のように記載されております。

メイン画像のガイドライン例

1.背景が完全な白背景であること

2.商品本体以外の付属品等は含めない

3.商品全体を表示させる

商品の特長やブランドロゴについて

メイン画像には商品そのものをクリアに表示することが重要です。商品の特長やブランドロゴなどを含めることは、Amazonのガイドライン違反となります。ただし、これらの情報はサブ画像や商品説明文を活用して提示することで、顧客に詳細な情報を提供することができます。

カラー違いやサイズ違いのバリエーションについて

メイン画像は、特定のASIN(Amazon Standard Identification Number)に関連付けられる必要があります。そのため、他のASINに関連する商品画像をメイン画像として使用することはできません。顧客に誤解や混乱を生じる可能性を排除し、正確な情報提供が求められます。各バリエーションごとに適切な画像を用意し、顧客の理解を助けるよう心がけましょう。

商品のサブ画像のポイント

サブ画像の役割

サブ画像は、メイン画像では伝えきれなかった商品の詳細情報や魅力を補完するための画像です。顧客が商品ページをスクロールする際やスマートフォンで閲覧する際に、サブ画像が重要な情報を提供します。商品の使い方や詳細な仕様をわかりやすく伝えるため、購買意欲を高める役割があります。

サブ画像を作る際のポイント

サブ画像は商品の魅力を最大限に引き出すために工夫が必要です。まず第一に、商品の特長や利点を的確に捉え、顧客のニーズに合致する情報を提供することが重要です。商品の異なる側面や使い方、サイズやカラーバリエーションなど、多角的な情報を伝えることで、顧客に魅力を訴求しましょう。

また、高品質な画像を使用することも大切です。クリアで鮮明な画像は、商品の詳細を顧客に伝えるのに役立ちます。さらに、サブ画像の並び順も考慮し、商品の特長や使い方がわかりやすく伝わるように配置しましょう。

まとめ

Amazonでの商品販売は、多くのメリットを提供します。まず、手頃な出品費用と簡単なアカウント登録があり、新規出品者にも低リスクで参入のチャンスを提供します。Amazonの巨大なユーザーベースは、商品の集客力を高め、多くの潜在的な顧客に商品をアピールできる環境を提供します。さらに、FBAを活用すれば在庫管理や発送の効率化が可能で、購買体験の向上に寄与します。加えて、早い入金サイクルはビジネスの運用を支援し、柔軟な経営が実現できます。

売上Upを狙う際には、戦略的なポイントがあります。需要の高い商品の選定や、適切な商品画像の提供、商品紹介コンテンツの改善、内部の検索キーワードの登録などが重要です。さらに、カートボックスの獲得やAmazonスポンサー広告の活用、FBAの導入、良質なレビュー投稿の増加なども売上Upを支援する手段となります。外部施策も考慮し、ソーシャルメディア広告やブログ活用などで新たな顧客を獲得するアプローチも重要です。

商品画像の入稿においては、メイン画像は商品の第一印象を形成するため、クリアな白い背景に商品を配置することが求められます。特長やブランドロゴなどはサブ画像や商品説明文で伝えるようにし、バリエーション商品の場合も注意が必要です。サブ画像は詳細情報や魅力を補完する役割を果たし、商品の多面的な特徴を顧客に伝えるポイントとなります。サブ画像の制作においては、商品の特長を的確に捉え、高品質な画像を使用し、顧客のニーズに合致する情報を提供することが大切です。

よくある質問

Q: Amazonでの出品費用はどのくらいかかりますか?

A: Amazonでの出品費用は商品のカテゴリーや価格によって異なります。基本的な出品手数料に加えて、売上に応じた手数料も発生します。出品者アカウントの種類やFBA利用の有無も影響しますので、Amazonの公式サイトで詳細な料金情報を確認してください。

Q: 商品のサブ画像は何枚くらい用意すれば良いですか?

A: サブ画像は商品の特徴や魅力を補完するためのものですので、必要なだけ用意することをおすすめします。一般的には5〜7枚程度が目安ですが、商品の種類や特性によって異なる場合もあります。商品の異なる側面や利点を多角的に伝えるため、充実したサブ画像を用意しましょう。

Q: Amazonスポンサー広告を利用するメリットは何ですか?

A3: Amazonスポンサー広告は、ターゲットユーザーにダイレクトにアプローチできるため、効果的な広告手段です。特定のキーワードや商品カテゴリに関連する広告を表示することで、ターゲット層への露出を高め、クリック率やコンバージョン率の向上が期待できます。また、予算やキャンペーン設定も柔軟に調整可能です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/20】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ