Amazon「商品ドキュメント」のメリットや注意事項について解説

Amazonの「商品ドキュメント」とは

Amazon「商品ドキュメント」は、商品に関する情報をドキュメントとしてアップロードできる機能です。商品の説明書、ユーザーマニュアル、設置マニュアル、トラブルシューティングガイド、CAD図面など、さまざまな情報をアップロードすることができます。

ここでは商品ドキュメントのメリットや注意事項について解説します。

商品ドキュメントのメリット

購入者の商品理解を深める

商品ドキュメントは、製品に関する詳細な情報を提供する重要なツールです。この情報には、製品の特徴、仕様、機能、お手入れ方法などが含まれています。購入者はこれらの情報を通じて、製品について深い理解を得ることができます。

例えば、電子機器を購入する際、購入者は製品の仕様を知りたいと思うことがよくあります。商品ドキュメントにはこれらの仕様が詳細に記載されており、購入者は製品が自分のニーズに適しているかどうかを判断するのに役立ちます。また、製品の特長や機能に関する情報も提供されるため、購買意欲が高まり、購入者は製品に対する興味を持つことができます。

さらに、商品ドキュメントは製品のお手入れ方法や注意事項についても詳細に説明しています。これにより、購入者は製品を適切に使用し、長寿命化する方法を理解できます。製品が持つ価値を最大限に引き出すために、購入者はこの情報を活用できます。

購入者が商品について深い理解を持つことは、企業にとっても利益をもたらします。購入者が製品に関する正確な情報を持っているため、誤った購入を避ける傾向が高まります。これにより、返品率が削減され、企業は返品処理コストを節約できます。さらに、顧客満足度も向上し、リピート購入の可能性が高まります。

カスタマーサポートの工数削減に繋がる

詳細な商品情報やよくある質問(FAQ)の提供は、カスタマーサポートの工数を削減し、カスタマーサポートチームの効率向上に大いに貢献します。これにより、顧客サポートにかかる時間やリソースを最適化でき、より重要な業務に専念できるようになります。

購入者が商品に関する詳細な情報を商品ドキュメントやFAQから容易に入手できるため、彼らは問題や疑念を独自に解決しやすくなります。例えば、製品の使い方やトラブルシューティングに関する情報が提供されていると、購入者は自分の問題を素早く解決することができます。これにより、カスタマーサポートへの問い合わせが減少し、貴重な時間とリソースを節約できます。

また、FAQの提供は購入者とのコミュニケーションを強化し、サポートチームの対応がスムーズになります。重要な問題に集中できるため、サポートチームはより迅速かつ効果的に対応でき、顧客満足度を向上させる役割を果たします。

返品率の削減が出来る

商品について正確な情報を提供することは、返品率の削減につながります。購入者が商品について充分な情報を持っている場合、誤った購入を避ける傾向が高まります。その結果、返品が減少し、企業は返品処理にかかるコストを削減できます。

例えば、サイズや色、仕様などの詳細情報が提供されている場合、購入者は製品が自分の要件や予想に合致するかどうかを事前に確認できます。この事前の確認は、誤った購入を防ぐのに役立ちます。商品が購入者の期待に合致するため、顧客満足度が向上し、リピート購入の可能性が高まります。

また、返品の手続きや物流の調整にかかる手間とコストも削減されます。これは企業にとって貴重なリソースの節約につながり、業績を向上させる一因となります。そして、返品率の低下は企業の評判にも好影響を及ぼし、顧客ロイヤルティを高めます。

商品ドキュメントの詳細

サポートされているファイル形式

商品ドキュメントで使用できるファイル形式は以下になります。

  • CAD図面の場合: PDF、DWG、DXF、IGS、EPRT、STP、EDRW、SIDPRT
  • その他のドキュメントの形式: PDF

参考:Amazonセラーセントラルヘルプページ

商品ドキュメントのよくあるトラブル

商品ドキュメントを提出した後、却下されることがあるトラブルについて詳しく説明します。コンテンツが却下された場合、商品ドキュメントの管理ページで却下された理由が表示されます。以下に、よくあるエラーメッセージとその解決策について説明します。

  • 「ASINがブランドの一部として認識されません」と表示された場合

このエラーメッセージが表示された場合、ASINが出品者のブランドに適切にマッピングされていないことを意味します。通常、このエラーはASINの出品情報が不正確である場合に表示され、編集が可能です。以下に、更新が必要となる箇所を説明します。

登録ブランド名と合致しない

ASINに記載されているブランド名が、Amazon Brand Registryで承認されているブランド名と一致しない場合、このエラーが発生します。これらの情報は完全に一致している必要があります。スペースやハイフンが追加されていると、不一致と見なされます。また、ブランド名では大文字と小文字が区別されます。ブランド名を正確に入力し、一致させることが重要です。ブランド名では大文字と小文字が区別されます。

製品コードまたは識別項目が不正確である

ブランド登録時に、製品コードを入力するか、UPC、品番、モデル番号、型番、カタログ番号などの識別項目を選択しました。ASINの出品情報に、この項目が含まれている必要があります。製品に関する正確な識別情報を提供し、エラーを解消しましょう。

商品タイプとカテゴリーの不一致

ASINの商品タイプに厳密に一致する商品タイプのカテゴリーを出品情報の詳細で選択する必要があります。商品タイプとカテゴリーが一致しない場合、このエラーが発生します。適切なカテゴリーを選択し、商品タイプを正確に設定しましょう。

これらのトラブルを解消することで、商品ドキュメントの提出がスムーズに行え、商品の販売に支障が生じることを防ぎます。正確な情報提供は、顧客との信頼関係を築くためにも重要です。

参考:Amazonセラーセントラルヘルプページ

まとめ

ブランド所有者は、ブランド登録されたASINに関して、設置マニュアル、トラブルシューティングガイド、CAD図面などの商品ドキュメントをアップロードできます。これらは購入者向けのドキュメントで、商品詳細ページに表示され、購入前の情報や購入後のサポートコンテンツを購入者に提供することを目的としています。商品詳細ページに商品ドキュメントを追加して、効果的に使用した場合、コンバージョン率の向上、カスタマーサポートコストの削減、売り上げの向上、返品率の削減につながります。

よくある質問

Q: 商品ドキュメントって何ですか?

A: 商品ドキュメントは、販売者が商品の詳細情報を提供するための重要なツールです。これには製品の特徴、仕様、機能、お手入れ方法などが含まれます。購入者が商品について深い理解を得るために利用できるドキュメントです。

Q: 商品ドキュメントの提出後、却下されることがあると聞きました。なぜでしょうか?

A: 商品ドキュメントが却下される主な理由は、ASIN(Amazon Standard Identification Number)が販売者のブランドに適切にマッピングされていない場合です。詳細なエラーメッセージには、具体的な問題が表示されます。

Q: ASINがブランドの一部として認識されない場合、どのように対処すれば良いですか?

A: ASINがブランドの一部として認識されない場合、以下の対処が必要です。

  • 登録ブランド名とASINに記載されているブランド名を正確に一致させることが重要です。
  • スペースやハイフンの有無、大文字と小文字の使い方に注意してブランド名を入力しましょう。

Q: 製品コードや識別項目が不正確だとどうなりますか?

A: 製品コードや識別項目が不正確な場合、商品の正確な識別が困難となります。ブランド登録時に提供した識別情報をASINの出品情報に正確に反映させる必要があります。

参考:Amazonセラーセントラルヘルプページ

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/07/10】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ