楽天RMSの市場分析機能で競合他社を分析して売上アップを目指そう

楽天RMSの分析機能とは

楽天RMSには、さまざまな分析機能が備わっています。楽天市場での売り上げや在庫状況など、販売管理に必要なデータを収集し、ビジネスの最適化を支援するツールです。

楽天RMSの概要

楽天RMSは、楽天市場で商品を販売するためのツールで、販売管理機能だけでなく、注文管理、在庫管理、商品登録、出荷管理、決済管理など、ECサイト運営に必要な機能が網羅されています。また、販売データの収集と分析によって、自社のビジネス戦略の立案や改善に役立ちます。

分析機能の種類

楽天RMSには、以下のような分析機能があります。

売上ランキング分析

売上ランキング分析は、売上が高い商品やカテゴリーを把握することができる機能です。この機能を活用することで、人気商品の売り上げを伸ばすための施策を立てることができます。

顧客分析

顧客分析は、購入履歴やアクセス履歴から、顧客の属性や嗜好を分析することができる機能です。この機能を活用することで、顧客ニーズに合わせた商品のラインナップや販売戦略を立てることができます。

広告効果分析

広告効果分析は、楽天市場内の広告掲載による効果を分析することができる機能です。この機能を活用することで、広告費の最適化や広告掲載の最適なタイミングや商品を把握することができます。

在庫管理分析

在庫管理分析は、在庫状況を把握することができる機能です。この機能を活用することで、在庫過剰や在庫不足の問題を防ぎ、スムーズな出荷を実現することができます。

商品分析

商品分析は、出店者が出品している商品の状況を把握することができる機能です。この機能を活用することで、商品の改善や追加による売上アップの施策を立てることができます。

外部システム連携分析

楽天RMSは、楽天市場だけでなく、AmazonやYahoo!ショッピングなどの他のECサイトとも連携が可能です。この連携機能を利用することで、他のECサイトでの販売状況を把握することができます。この情報を元に販売戦略を最適化することができ、売上アップにつなげることができます。

売上アップに必要な分析

現代のEC市場において、売上アップを目指すためには様々な分析が必要です。次に紹介する楽天RMSの分析機能を活用することで、あなたのECサイトの売上アップにつながる施策を立てることができます。

売上ランキングを活用して広告プロモーションの施策を考える

楽天RMSの分析機能の1つである「売上ランキング分析」は、あなたのECサイトの商品の売れ行き順位を把握することができます。この情報を活用して、注力商品の広告プロモーションを行うことで、より多くのユーザーに商品を知ってもらい、売上アップにつなげることができます。

楽天RMS顧客分析を活用して顧客ニーズのある商品を展開する

「顧客分析」は、あなたのECサイトの購買履歴から、顧客の嗜好やニーズを分析することができます。この情報を活用して、顧客が求めている商品をより多く展開することで、顧客満足度を高め、リピート率を上げることができます。

広告効果分析を活用して配信タイミングや注力商材を決定し、より多くの購買意欲のあるユーザーにアプローチする。

「広告効果分析」は、あなたのECサイトの広告の成果や、ユーザーの反応を分析することができます。この情報を活用して、広告の配信タイミングや注力する商材を決定することで、より多くの購買意欲のあるユーザーにアプローチし、効果的な広告プロモーションを実現することができます。

在庫管理による売上アップ

在庫管理は、ECサイトの売上アップに直結する非常に重要な要素です。楽天RMSの在庫管理機能を使って、在庫過剰や不足を把握し、適切な対策を講じましょう。

なかなか売れない商品の在庫過剰や人気商品の在庫不足の把握をする

まずは、在庫管理機能を使ってなかなか売れない商品の在庫過剰や人気商品の在庫不足を把握しましょう。在庫過剰の場合は、期間限定セールを活用して販売促進することが有効です。在庫不足の場合は、仕入れ量を増やすなどの対策が必要です。

在庫が多い商品を期間限定セールを活用して販売促進する。

在庫過剰の商品については、期間限定セールを活用して販売促進を行いましょう。楽天RMSでは、簡単に期間限定セールを設定することができます。セール期間中は、商品ページや楽天市場内のバナー広告で宣伝することができます。

商品ラインナップの見直し

在庫管理機能を使って商品の売れ行きを分析し、商品ラインナップを見直すことも重要です。売れ行きの良い商品を拡充したり、売れ行きの悪い商品を撤退するなどの戦略的な商品ラインナップの見直しを行いましょう。

外部システムとの連携による売上アップ

在庫管理に加えて、外部システムとの連携もECサイトの売上アップに大きく貢献します。楽天RMSは、多数の外部システムとの連携が可能で、それらを活用することで更なる売上アップが期待できます。

他のECサイトでの販売状況の把握をして楽天の店舗でも生かそう

他のECサイトでの販売状況を把握することで、楽天店舗の販売戦略を最適化することができます。例えば、楽天店舗で扱っている商品が他のECサイトで人気がある場合、楽天店舗でもその商品のプロモーションを行うことで売上アップにつながるかもしれません。

販売戦略の最適化

楽天RMSは、ECサイトの売上アップに直結する多数の分析機能を備えています。例えば、顧客分析機能を活用して顧客ニーズに合わせた商品ラインナップを構築することができます。また、広告効果分析を行うことで、配信タイミングや注力商材の決定を行い、より多くの購買意欲のあるユーザーにアプローチすることができます。

まとめ

楽天RMSの市場分析機能は、競合他社の商品や価格、販売戦略、マーケティング戦略などの情報を収集・分析することができます。これらの情報を利用することで、自社の商品や価格を見直したり、効果的な販売促進活動を行ったりすることができ、売上アップにつながる可能性があります。競合他社を分析して、自社の運営に役立てることができるのが、楽天RMSの市場分析機能の特徴です。

よくある質問

Q: 楽天RMSはどのような機能がありますか?

A: 楽天RMSには、在庫管理機能や出荷管理機能、注文管理機能、配送業者との連携機能などがあります。また、市場分析機能や広告プロモーションの設定も可能です。

Q: 楽天RMSの利用料金はどのくらいですか?

A: 楽天RMSの利用料金は、出店プランによって異なります。詳細は楽天RMSの公式サイトをご確認ください。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/03/21】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ