LP(ランディングページ)でのコンバージョン率を高める大切なポイントとは?

コンバージョン率が高いLPがやっている3大ポイント

ペルソナを設定して、ユーザー像を明確にする

成功するランディングページには、ユーザーの心を捉える要素が不可欠です。ユーザーを引き込むためには、まず対象となるユーザーグループを明確に把握することが重要です。ペルソナを設定することで、ターゲットユーザーのニーズや興味を理解し、それに適したコンテンツを提供することが可能となります。たとえば、若年層向けの商品であれば、カジュアルなトーンで情報を伝えることが効果的です。逆に、専門的な製品であれば、適切な専門用語を用いて詳しく説明することが大切です。ユーザーが自分に合ったコンテンツを容易に見つけられることで、コンバージョン率が向上することも期待されます。

ターゲットの好奇心を刺激する文章を作る

魅力的なコンテンツは、ターゲットユーザーの好奇心をかき立て、タイトルや見出し、キャッチコピーは、ユーザーの注目を引き、興味を引く役割を果たします。例えば、問いかけを活用したり、未知の情報や特典を示唆する表現を取り入れることで、ユーザーの関心を引き寄せます。ただし、好奇心を喚起するだけでなく、その後のコンテンツも納得感をもって提供することが重要です。ユーザーが期待通りの情報を得ることで、コンバージョンに繋がるのです。

コンバージョンボタンのデザイン・設置に工夫する

コンバージョン率を高めるためには、コンバージョンボタンのデザインと設置位置にも注意を払う必要があります。ボタンのデザインは目立つ色を使用し、クリック可能であることを視覚的に示すことが重要です。また、ボタンのテキストも具体的でアクションを促すものにすることで、ユーザーがどのような行動を取るべきかが明確に伝わります。さらに、ボタンの設置位置はスクロールの際にも常に見える場所に配置することで、ユーザーがコンバージョンボタンを見逃すことがないように配慮しましょう。

「ペルソナ」を設定するポイント

ユーザー視点でコンテンツを作成する

ペルソナを設定する際には、ユーザーの視点を重要視しましょう。ターゲットユーザーが直面している課題や問題、ニーズを理解し、それに対する解決策を提供するコンテンツを作成します。例えば、あなたの商品やサービスがどのような価値を提供するか、ユーザーが得られるメリットは何かを明確に伝えることが大切です。ユーザーが自分の利益を感じるコンテンツに接することで、ページから離れることなく興味を持ち続けるでしょう。

実在するユーザーのデータを集めて、ペルソナを作る

ペルソナを設定する際には、客観的なデータをもとにした情報を利用することが重要です。過去の顧客データやアンケート結果など、実際のユーザーの情報を収集して分析しましょう。これにより、ユーザーの年齢、性別、趣味、関心、購買行動などを把握し、具体的なペルソナを描き出すことが可能です。例えば、特定の年齢層に受け入れられやすいトーンやスタイル、興味を引くキーワードなどを把握し、それをコンテンツに取り入れることで、ユーザーに親近感を持ってもらいやすくなります。

ペルソナの調整とアップデート

念頭に置いておきたいのは、ペルソナは固定的なものではありません。市場やユーザーの状況は変化するため、定期的にペルソナを見直し、必要に応じて調整やアップデートを行うことが大切です。新たなデータやトレンドを定期的に取り入れることで、より正確なペルソナを保つことができます。また、ユーザーとのコミュニケーションを通じて、彼らの声を聞き入れ、ペルソナの特性を洗練させることも可能です。

ターゲットの好奇心を刺激する文章を作るポイント

キャッチコピーでに目を奪う

ターゲットの好奇心を刺激するために、キャッチコピーは非常に重要です。タイトルや見出しの一行が、ユーザーの注意を引きつける最初のポイントです。具体的で興味をそそる言葉を選び、その商品やサービスの特徴やメリットを強調することで、ユーザーは興味を持ち、ページを読み進めることになります。例えば、問いかけ形式のキャッチコピーを使うことで、ユーザーが自分自身に対して疑問を持ち、その答えを見つけるために読み進める意欲が高まります。

ユーザーの好奇心を満たしてコンバージョンへ導く文章をボディーへ

キャッチコピーでユーザーの注意を引いたら、次は本文(ボディー)に好奇心を満たす情報を提供しましょう。ユーザーが「この商品やサービスはどのような特徴があるのか?」や「なぜこれが必要なのか?」といった疑問を解決するための情報を、わかりやすく網羅的に提供することが重要です。また、情報を提供するだけでなく、ユーザーがどのようなメリットや価値を得られるかを強調することも大切です。具体的な事例や成功ストーリーを交えて、ユーザーが商品やサービスに共感しやすいような文章を組み立てましょう。

コンバージョンに導くボタンの作成ポイント

目立つデザイン

コンバージョンボタンは、ユーザーの視線を引きつけるために目立つデザインが重要です。例えば、目立つ色や大きさを選ぶことで、ボタンがページ内で際立ち、ユーザーが自然とその方向に目を向けるようになります。しかし、目立つからと言ってページのデザインと調和しない色やデザインは避け、ユーザーに違和感を与えないように気を付けましょう。

識別できる

ユーザーがコンバージョンボタンを素早く識別できるようにすることも大切です。ボタンのテキストは具体的で分かりやすい言葉を使い、ユーザーがそのボタンをクリックすることで何が得られるのかを明確に伝えることが必要です。また、ボタンの周りに適切な余白を設けることで、ボタン自体を際立たせる効果を得られます。

押せることがわかる(影をつけて立体的にする)

ユーザーにボタンが押せることがわかるように、立体的なデザインを取り入れましょう。ボタンに微細な影やハイライトをつけることで、ユーザーがボタンを押せることを視覚的に認識しやすくなります。この立体感はボタンの操作可能性を強調し、クリックへの誘導を助けます。

クリックしやすい

コンバージョンボタンのデザインにおいて、クリックしやすさを考慮することも大切です。ボタンのサイズは十分に大きくし、ユーザーが誤って他の要素をクリックしてしまうことを避けるために適切な間隔を設けます。また、ボタンにホバーエフェクトを付けることで、ユーザーがボタン上にカーソルを移動した際に反応する動作を設定することもおすすめです。

まとめ

前述のアプローチは、ランディングページでのコンバージョン率を効果的に向上させるための優れた手段となります。ペルソナの設定をはじめとし、好奇心を刺激する文章の作成、そしてコンバージョンボタンへの工夫を取り入れていくことで、ユーザーを引き込み、行動へと導くことが可能です。これらのポイントを組み合わせて、ユーザーにとって魅力的な体験を提供し、行動を起こしやすい環境を築いていきましょう。

よくある質問

Q1:コンバージョン率を向上させるために大切なことは?

A1:コンバージョン率を向上させるためには、ペルソナの設定やユーザー視点のコンテンツ作成、好奇心を刺激するキャッチコピーの活用、コンバージョンボタンのデザイン工夫が大切です。これらの要素をバランスよく組み合わせて、ユーザーが魅了される環境を構築しましょう。

Q2:ペルソナの設定はどのように行えばいいですか?

A2:ペルソナの設定には、実際の顧客データやアンケート結果などの情報を活用することが効果的です。ユーザーの属性や興味、購買行動を分析し、具体的なペルソナ像を描き出すことがポイントです。

Q3:コンバージョンボタンのデザインに何を考慮すべきですか?

A3:コンバージョンボタンのデザインでは、目立つ色や形状を選ぶこと、押せることがわかるような立体感を出すこと、クリックしやすい大きさと配置を設定することが重要です。ユーザーがボタンを見逃すことなくアクションを起こしやすいデザインを心掛けましょう。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/07/01】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|5選

ページトップへ