マーケティングリサーチとは?基本的な意味とリサーチの手法を紹介

マーケティングリサーチとは

概要

マーケティングリサーチは、企業や組織が自社の商品やサービスの市場や顧客について理解するための調査方法です。市場の需要やトレンド、競合情報、顧客の嗜好やニーズなどを調査することで、より効果的なマーケティング戦略を策定することができます。

市場調査との違い

市場調査は一般的に商品やサービスに関する市場のニーズやトレンドを調査することに焦点を置いています。つまり、市場調査は顧客や市場全体に関する広範なトピックに関心があります。一方、マーケティングリサーチは商品やサービスのマーケティングに直接関連する特定の課題を調査することが多いです。例えば、どのようなタイプの商品やサービスが需要が高いか、どのような広告戦略が最も効果的か、どのような価格設定が適切かなどです。つまり、マーケティングリサーチはより具体的で直接的な課題に関心があります。また、市場調査は一般的に広範囲に調査を行うことが多いのに対して、マーケティングリサーチは比較的小規模であることが多いと言えます。

マーケティングリサーチの手法

定量調査

定量調査は、数値データに基づいて分析する手法です。代表的な手法としては、以下の3つが挙げられます。

Webアンケート

インターネット上でアンケートを実施する方法です。多くの人々がインターネットを利用している現代では、比較的容易に多数の回答を集めることができるため、費用と時間を節約できるというメリットがあります。

郵送調査

郵送によってアンケートを送り、回答を集める方法です。従来から使われている手法で、比較的安価であることがメリットです。

会場調査

特定の場所に集まる人々にアンケート調査を行う方法です。例えば、ショッピングモールや駅前、イベント会場などです。特定の地域や顧客層にターゲットを絞り、効果的にデータを収集できます。

定性調査

定性調査は、数値データではなく、主観的なデータを集める手法です。代表的な手法としては、以下の3つが挙げられます。

デプスインタビュー

少人数の被験者を対象に、一人ひとりに時間をかけて深いインタビューを行う方法です。被験者の内面や行動、思考過程などについて詳しく聞き取り、深い理解を得ることができます。

グループインタビュー

複数の人々をグループに分けてインタビューを行う方法です。グループ内での相互作用や意見交換を観察することで、個人の意見だけでは得られない情報を得ることができます。

行動観察調査

被験者の行動を観察し、分析する方法です。例えば、ショッピングや商品購入時の行動を観察することで、商品の使用方法や嗜好について理解できます。また、オンライン行動に関する観察調査もあります。

まとめ

マーケティングリサーチは、市場において競争優位を得るために必要な情報を収集し、それを分析することで、ビジネスの意思決定を支援する重要な手段です。リサーチによって、企業が製品やサービスをより効果的に開発し、市場に導入できます。市場の状況は常に変化しているため、企業が成功するためには、常に市場動向を把握し、適切な対策を打つことが必要です。そのためには、マーケティングリサーチが不可欠です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ