就職支援があるWebデザインスクール8選を紹介!

就職支援付きデザインスクールでは、どんなサポートを行っているか?

キャリアカウンセラーによる就職相談の実施

就職活動は、自分のスキルや適性を正しく評価し、どのようなキャリアプランを描くべきかを考える重要な過程です。就職支援付きデザインスクールでは、専任のキャリアカウンセラーが学生一人ひとりのニーズに合わせたアドバイスを提供します。自分の強みや興味を最大限に活かすための道筋を共に考え、実現可能な目標を設定するお手伝いが行われます。

ポートフォリオ作りのアドバイス

デザイン業界では、ポートフォリオが大きな鍵となります。自身の作品を見せることで、実力やクリエイティブなアプローチが評価されるのです。就職支援付きデザインスクールでは、経験豊富な講師がポートフォリオ作りのアドバイスを行います。作品の選び方やレイアウト、プレゼンテーションの工夫など、プロフェッショナルな視点からの指導が受けられます。

面接対策、自己PRアドバイス等

就職活動では、面接でのアピールや自己PRが非常に重要です。デザインスクールでは、模擬面接やロールプレイを通じて、リアルな面接の場面を想定した練習が行われます。また、自己PRの方法やコツも伝授されるため、学生は自信を持ってアピールするための準備が整います。

求人を紹介してもらう

就職支援付きデザインスクールは、業界とのネットワークを活かして、求人情報を提供しています。学生の希望や適性に合った求人を選定し、紹介してもらえるため、効率的な就職活動を行うことができます。また、求人情報の提供だけでなく、企業とのマッチングや調整もサポートしてくれるデザインスクールも多いです。

自分に合ったスクールを選ぶために見るべきポイント

目標に応じた学習内容・方法が適切かどうか

まず、自分の目標に合った学習内容や学習方法が提供されているかを確認しましょう。例えば、デザインの分野で学びたい場合、スクールのカリキュラムがデザインの基礎から応用まで幅広くカバーされているかをチェックすることが大切です。また、自分のスケジュールに合わせてオンラインコースやオフラインコースなど、学習形態も選べるスクールがあるかもしれません。自分の学びたいことに合致するカリキュラムや学習方法が提供されているかどうかをしっかりと確認しましょう。

学習環境は自分に向いているのか向いていないのか

次に、学習環境が自分に合っているかどうかも重要なポイントです。自分は集中して静かな場所で学びたいのか、アクティブなディスカッションがあるクラスが好きなのかを考えてみましょう。また、スクールの場所やアクセスも検討ポイントです。通学する時間や交通手段など、自分のライフスタイルに合わせて学習環境を選ぶことが大切です。

就職支援があるWebデザインスクール8選

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGは、Webデザインだけでなくプログラミングなど幅広いスキルを学べるスクールです。業界とのネットワークが豊富で、就職支援も充実しています。カリキュラムは実務に即した内容で、卒業後もキャリアアップをサポートしてくれます。

Winスクール

Winスクールは、デジタルクリエイターを目指す方々に向けた学校です。専門性の高い授業と実務体験を組み合わせて学び、卒業生の多くがデザイン関連の職に就いています。就職支援センターがサポートし、求人情報の提供や面接対策も行われます。

インターネット・アカデミー

インターネット・アカデミーは、オンラインで学ぶことができるスクールです。Webデザインやプログラミングのコースが充実しており、学習内容に合わせて就職支援も行われています。実務に即したスキルを磨きながら、キャリアを築くことができます。

KENスクール

KENスクールは、デザインからプログラミングまで多岐にわたるスキルを学べるスクールです。卒業生の就職先も幅広く、業界とのコネクションが強みです。カリキュラムには実務体験が盛り込まれ、就職支援の一環としてポートフォリオの作成もサポートしています。

東京デザインプレックス研究所

東京デザインプレックス研究所は、WebデザインやCG制作を学ぶスクールです。現場のプロが講師を務め、実務に必要なスキルを磨くことができます。卒業後には、就職情報の提供や企業とのマッチング支援が行われています。

SAMURAI ENGINEER(デザインコース)

SAMURAI ENGINEERは、プログラミングスクールですが、その中でもデザインコースがあります。UI/UXデザインなどを学びつつ、プログラミングも習得できます。卒業後のキャリアサポートがあり、デザイナーとしての就職もサポートされます。

DMM WEBCAMP エンジニア転職

DMM WEBCAMPは、エンジニア転職をサポートするスクールですが、Webデザインのコースも提供しています。実務に必要なスキルを短期間で習得し、就職支援も行われています。デザインとエンジニアリングの融合スキルを身につけたい方におすすめです。

TechAcademy Pro

TechAcademy Proは、プログラミングスクールですが、Webデザインやフロントエンド開発のコースもあります。実践的なカリキュラムと就職支援が魅力で、卒業生の多くがデザイン関連の職に就いています。

まとめ

Webデザインの分野でキャリアを築きたい方々にとって、就職支援が充実したスクールは大きな強みです。以上でご紹介したスクールは、それぞれ異なる特徴を持ちながらも、卒業後のキャリアサポートに力を入れています。自身の目標や希望に合ったスクールを選び、充実した学びとキャリアのスタートを切りましょう。

よくある質問

Q1:就職支援が充実したWebデザインスクールってどのような特徴がありますか?

A1:就職支援が充実したWebデザインスクールは、卒業生の実績を重視し、業界とのコネクションを築いています。カリキュラムに実務体験やポートフォリオ作成が組み込まれ、求人情報提供や面接対策なども行われることが一般的です。

Q2:就職支援があるスクールの選び方について教えてください。

A2:スクール選びに際しては、まず自身の目標や興味分野を明確にしましょう。その上で、スクールのカリキュラムや講師陣、卒業生の就職実績を調査し、就職支援のプログラムが充実しているかを確認しましょう。

Q3:オンラインで学びたい場合、就職支援が充実したスクールはありますか?

A3:はい、オンラインでも就職支援が充実したスクールは存在します。いくつかのスクールはオンラインカリキュラムを提供し、専門のアドバイザーがリモートでキャリアサポートを行います。遠隔地からでも充実した就職支援を受けることが可能です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/07/01】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|5選

ページトップへ