【2023年最新】貿易の種類について基本を詳しく解説!

貿易の概要について

貿易とは

貿易とは、異なる国や地域間で商品やサービスを交換することを指します。貿易は、国際的な経済活動の一環であり、世界経済の発展に大きく貢献しています。貿易には、輸出と輸入の2つの形態があります。輸出は自国で生産された商品を他国に売り、輸入は他国で生産された商品を自国に輸入することを指します。

貿易の種類について

自由貿易とは

自由貿易とは、関税や輸入制限などの貿易障壁をなくし、自由に商品やサービスを輸出・輸入することを指します。自由貿易は、市場の自由化を促進することで、貿易量を増加させ、経済成長を促進することが期待されます。

直接貿易とは

直接貿易とは、自国の企業が直接外国企業と商品やサービスを取引することを指します。企業同士が直接取引を行うため、取引のスピードが速く、コストが低いという特徴があります。

間接貿易とは

間接貿易とは、外国企業との取引に仲介業者を介することを指します。仲介業者は、商品の流通や支払いなどの手続きを代行するため、輸出入におけるリスクを軽減することができます。

仲介貿易とは

仲介貿易とは、自国の企業が海外の企業と取引する際、その取引を仲介することを指します。仲介業者は、取引先との連絡や商談を行い、商品の発送や支払いの手続きを代行します。

中継貿易とは

中継貿易とは、商品が生産された国と消費される国の間に中継地域を挟む貿易を指します。中継地域は、輸出入における税金や関税が低いため、商品を中継することで、コストを削減することができます。

順委託加工貿易とは

順委託加工貿易とは、自国の企業が外国企業から生産指示を受け、その指示に従って製品を生産し、製品を外国企業に売ることを指します。この方法は、外国企業が自国で製品を生産するコストを削減するために用いられます。

逆委託加工貿易とは

逆委託加工貿易とは、自国の企業が外国企業に対して製品の生産指示を出し、外国企業がその指示に従って製品を生産し、生産した製品を自国の企業に売ることを指します。逆委託加工貿易は、自国で製品を生産するコストが高い場合に用いられます。

直接貿易とは

直接貿易は、企業同士が直接商品やサービスを取引することを指します。直接貿易は、取引のスピードが速く、コストが低いという利点がありますが、取引先とのリスクを負担する必要があるというデメリットがあります。

サービス貿易とは

サービス貿易は、物品ではなくサービスを交換することを指します。サービス貿易には、観光業、金融業、コンサルティング業、教育・研究業、医療・福祉業などが含まれます。

個人輸入とは

個人輸入は、自分自身が使用するために、個人が外国から商品を輸入することを指します。個人輸入は、オンラインショップや個人輸入代行業者を通じて行われることが多く、通常の輸出入手続きとは異なります。

並行輸入とは

並行輸入とは、正規ルート以外から輸入された商品を、正規代理店や販売店以外で販売することを指します。並行輸入は、輸入元の国での価格が安い場合に商品を輸入し、自国で高く販売することで利益を得ることができます。

開発輸入とは

開発輸入とは、自国で生産できない技術や設備、部品などを海外から輸入し、自国で新しい商品やサービスを開発することを指します。開発輸入は、自国の産業の発展に大きな貢献をすることができます。

貿易の流れについて項目毎に解説

輸出商品の選定

まずは、自社で製造・生産する商品の中から、海外市場で需要があり、輸出に適した商品を選定します。また、輸出する商品に対する関税や規制などの情報を収集し、輸出に適さない場合は、製造・生産計画を変更する必要があります。

輸出先の選定

輸出する商品に対して需要がある国や地域を選定し、市場調査を行い、輸出先として最適な国や地域を選定します。また、輸出に際して必要な法的手続きや規制の情報を収集し、適切な輸出ルートを選定します。

輸出交渉

輸出先を決定したら、輸出交渉を開始します。輸出交渉では、価格、数量、納期、支払条件、配送方法、品質などの条件を取り決めます。輸出先の国や地域の商慣習や言語、文化についての知識が必要です。

契約締結

輸出交渉がまとまったら、正式な契約書を締結します。契約書には、商品の詳細、数量、価格、納期、支払条件、配送方法、品質などが明記されます。

信用状の入手

輸出先との契約が成立したら、輸出先からの支払いを保証するために、銀行から信用状を入手します。信用状は、輸出先の銀行が自社の口座から輸出企業の口座に代金を振り込むことを保証するものです。

輸出手段の確保

商品を輸出するためには、航空便や海上コンテナ、鉄道などの輸送手段を確保する必要があります。輸出手段を確保する際には、商品の性質や数量、輸送ルート、輸送期間、コストなどを考慮し、最適な輸送手段を選定します。

商品の船への積載

商品を輸送するために、船舶に積み込むために、荷役業者や港湾関係者との調整を行い、船への積載を行います。積載にあたっては、商品の種類や数量、荷役方法、保管場所、出荷期日などを考慮し、効率的かつ安全に積み込みを行います。

輸出通関の手続き

商品を輸出するには、輸出通関の手続きが必要です。輸出通関では、出荷申告書や関税申告書の提出、輸出制限品の申請などが必要です。また、輸出先の国や地域によっては、特定の許可書が必要な場合もあります。

船荷証券(B/L)の入手

商品が船に積み込まれたら、船荷証券(B/L)を入手します。B/Lは、船に積まれた商品の量や品質、船積みの日時などを証明する書類です。B/Lは、輸出先に送付され、商品の引き渡しや代金回収に必要な書類となります。

買取手続き

商品が輸出先に到着したら、買取手続きを行います。買取手続きでは、商品の受領確認や検品、支払い方法の決定などが行われます。輸出先の国や地域によっては、買取手続きに関する規制や手続きが異なる場合があります。

代金回収

買取手続きが完了したら、代金の回収を行います。代金回収には、輸出先の銀行からの振込、手形決済、信用状の着金などがあります。代金回収にあたっては、為替レートの変動や輸出先の信用リスクなどを考慮し、適切な回収方法を選定します。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/03/21】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ