Shopifyで検索機能をカスタマイズする方法について解説

検索機能とは

検索機能とは、ウェブサイトやアプリケーション内で、ユーザーが特定のキーワードや条件を入力して、関連する情報やコンテンツを検索するための仕組みです。

概要

検索機能は、ユーザビリティと情報アクセスの向上に貢献する重要なツールです。ウェブサイトやアプリ内の大量の情報や商品を効率的に探すために使用されます。ユーザーは特定のキーワードやフレーズを入力して、関連する結果を表示させることで、自分が求めている情報に迅速にアクセスできるようになります。

ECにおける検索機能の重要性

EC(電子商取引)において検索機能は非常に重要です。オンラインショッピングサイトでは、多種多様な商品が掲載されており、ユーザーが目的の商品を見つけるためには効率的な検索が必要です。以下にその重要性をいくつかの点で示します。

ユーザーエクスペリエンスの向上

訪問者が簡単に商品を見つけて購入できるようにすることで、良好なユーザーエクスペリエンスが提供されます。ユーザーがストレスなく検索できる環境は、リピート購入を促進する要因の一つです。

効率的な情報検索

多数の商品がある場合、通常のページ内ナビゲーションだけでは特定の商品を見つけるのが難しいことがあります。検索機能は、ユーザーが特定のカテゴリやキーワードを使って瞬時に商品を見つけられるよう支援します。

売上向上

購買意欲の高いユーザーが特定の商品を探している場合、スムーズな検索体験が購買に結びつくことがあります。逆に、検索が不便だとユーザーは他のサイトに移る可能性が高くなります。

顧客満足度の向上

ユーザーが目的の商品を簡単に見つけて購入できることは、顧客満足度を向上させます。顧客満足度が高まると、口コミやリピート購入などの形でビジネスにポジティブな影響を与えます。

データ収集と分析

検索機能はユーザーの検索履歴やクリックパターンを収集するための貴重なデータを提供します。これによって、どの商品が人気なのか、どのキーワードがよく検索されるのかといった情報を得ることができます。

検索機能をカスタマイズするメリット

検索機能をカスタマイズすることには、いくつかの重要なメリットがあります。

パーソナライズされた検索結果

検索機能をカスタマイズすると、ユーザーにとってより関連性の高い検索結果を提供できます。ユーザーの過去の検索履歴や購買履歴、閲覧履歴などのデータを活用して、個々のユーザーに合わせた商品やコンテンツを優先的に表示することができます。これにより、ユーザーエクスペリエンスが向上し、ユーザーは目的の情報や商品に迅速にアクセスできるようになります。

検索精度の向上

標準の検索機能では、特定のキーワードに対して多くの結果が表示されることがあります。しかし、これらの結果の中から目的の情報を見つけるのは難しいことがあります。カスタマイズされた検索では、特定のキーワードやフレーズに関連性の高いコンテンツを優先的に表示するため、ユーザーはより適切な結果を素早く見つけることができます。

カテゴリーやフィルターの適用

カスタマイズ可能な検索機能では、ユーザーが検索結果を特定のカテゴリやフィルターで絞り込むことができます。これにより、ユーザーは自分のニーズや好みに合わせて結果をフィルタリングし、より適切な選択肢を見つけることができます。例えば、価格帯や商品の属性に基づいて結果を絞り込むことが可能です。

新商品や特集のプロモーション

カスタマイズされた検索機能は、新商品や特別なプロモーションを強調するのに役立ちます。特定の期間やキャンペーンに関連した商品をトップに表示することで、ユーザーに対してアピールを行うことができます。また、在庫の少ない商品を優先的に表示することで、売上を最大化する戦略も展開できます。

データ収集と分析

カスタマイズされた検索機能は、ユーザーの行動や傾向に関する貴重なデータを提供します。これにより、どのキーワードが人気なのか、どの商品がよく検索されているのかといった洞察を得ることができます。このデータを活用して戦略を改善し、より効果的な検索体験を提供することができます。

以上のように、検索機能のカスタマイズにはユーザーエクスペリエンスの向上や売上増加といった多くのメリットがあります。

検索機能が使い辛いECサイトのデメリット

検索機能が使いにくい電子商取引(EC)サイトには、以下のようなデメリットがあります。

ユーザーエクスペリエンスの低下

検索機能が使いにくい場合、ユーザーは目的の商品や情報を見つけるのに時間がかかるか、または見つけることが難しくなります。ユーザーは簡単に情報をアクセスできることを期待してECサイトを訪れていますが、使いにくい検索機能はその期待に応えることができず、ユーザーエクスペリエンスが低下します。

顧客満足度の低下

使いにくい検索機能は顧客満足度を下げる要因となります。ユーザーがスムーズに目的の商品を見つけられない場合、不便やストレスを感じる可能性が高くなります。顧客が満足しない場合、リピート購買や口コミでの推薦が減少し、長期的な顧客関係の構築が難しくなるでしょう。

売上低下

使いにくい検索機能は、顧客が商品を見つけにくくなるため、売上に悪影響を与える可能性があります。ユーザーは簡単に欲しい商品を見つけることができない場合、購買を諦めるか他のサイトに移る可能性が高まります。結果として、ECサイトの売上が低下することが考えられます。

顧客離脱率の増加

検索機能が使いにくいと、顧客がECサイトから離脱する率が増加する可能性があります。ユーザーが目的の商品を見つけるのに苦労する場合、そのままサイトを離れてしまうことがあります。これにより、サイトの離脱率が上昇し、コンバージョン率の低下に繋がるでしょう。

競争力の低下

使いにくい検索機能を持つECサイトは、競争市場での競争力が低下する可能性があります。ユーザーエクスペリエンスが優れた競合サイトに比べて劣る場合、ユーザーは競合サイトを選択する傾向が高まります。その結果、ECサイトは市場での存在感や売上の機会を逸することが考えられます。

以上のように、検索機能が使いにくいECサイトにはユーザーエクスペリエンスの低下や売上減少などのデメリットが伴います。使いやすい検索機能の提供は、ECサイトの成功に不可欠な要素です。

Shopifyで検索機能をカスタマイズするには

Shopifyで検索機能をカスタマイズする場合、主に以下のような方法があります。

検索機能が充実したテーマでストア構築を行う

Shopifyでは、テーマによっては商品一覧ページで商品の絞り込みを行えるような機能が実装されている物があります。ストア構築を行う際に、そのような機能が備わっているテーマを採用することで、様々な検索機能を自身のストアに取り入れることが出来ます。

検索機能のカスタマイズが行えるアプリを導入する

Shopifyストアで展開されている、以下のようなアプリを導入することで、既存のストアでも検索機能を充実させることが出来ます。

Instant Search& Product Filter

Shopify Search & Discovery

まとめ

この記事では、検索機能について詳しく説明しました。検索機能はウェブサイトやアプリ内でユーザーが特定のキーワードや条件を入力して情報を検索するための仕組みであり、特に電子商取引(EC)において重要な役割を果たしています。

ECサイトにおける検索機能は、ユーザーエクスペリエンスの向上、効率的な情報検索、売上の増加、顧客満足度の向上、データ収集と分析などの点で重要です。使いやすい検索機能はユーザーにとって良好な体験を提供し、ビジネスにとっても競争力や成功をもたらす要因となります。

検索機能をカスタマイズすることで、ユーザーにとってより関連性の高い検索結果を提供し、検索精度を向上させることができます。また、パーソナライズされた検索結果やカテゴリーやフィルターの適用など、カスタマイズのメリットも存在します。

一方で、使いにくい検索機能はECサイトにとってデメリットとなります。ユーザーエクスペリエンスの低下、顧客満足度の低下、売上の減少、顧客離脱率の増加、競争力の低下などが挙げられます。

Shopifyでは、検索機能を充実したテーマを選ぶか、専用のアプリを導入することで検索機能をカスタマイズすることができます。これにより、ECサイトの成功に向けてより良いユーザーエクスペリエンスを提供できるでしょう。

よくある質問

Q:検索機能のカスタマイズは難しいですか?

検索機能のカスタマイズの難易度は、使用するプラットフォームやツールによって異なります。Shopifyなどのプラットフォームでは、テーマやアプリを利用することで比較的容易にカスタマイズできる場合もありますが、専門的な知識が必要な場合もあります。

Q:検索機能のカスタマイズはコストがかかりますか?

検索機能のカスタマイズには、プラットフォームやアプリの選択によってコストが変わることがあります。一部のアプリは有料で提供されている場合もありますが、その対価として得られるユーザーエクスペリエンスや売上の増加を考えると、コスト効果がある場合もあります。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/20】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ