Amazon広告のメニューの考え方について解説

Amazon広告とは

Amazon広告とは、Amazonが提供する広告表示サービスの総称です。Amazonの膨大なデータを利用してターゲティングを可能としている点が大きな強みで、検索広告やディスプレイ広告、動画広告などさまざまな種類があります。

ここではAmazon広告のメニューの考え方について解説します。

スポンサー広告概要

Amazon広告のメリット

ここではAmazon広告の5つのメリットについて解説します。

  • ターゲティングの充実
  • 効果の高い掲載面に出稿が出来る
  • 即効果が出やすい
  • SEOで負けている商品をユーザーに配信できる

それぞれ詳しく解説します。

ターゲティングの充実

 Amazon広告は、膨大なユーザーデータを活用して、高度なターゲティングを実現します。広告主はユーザーの購買履歴、興味関心、デモグラフィック情報などを活用して、広告を特定のユーザーグループに効果的に表示できます。これにより、広告のリーチと効果が向上し、無駄な広告費を削減できます。

効果の高い掲載面に出稿が出来る

Amazon広告は、商品ページや検索結果ページなど、ユーザーにとって意義のある掲載面に広告を出稿できます。ユーザーが商品を検索したり、購買意思を持っている状況で広告を表示するため、広告のクリック率とコンバージョン率が高まります。

即効果が出やすい

 Amazon広告は、広告を設定してから比較的短期間で効果を実感しやすい特徴があります。特に検索広告は、ユーザーが商品を検索している際に表示されるため、すぐに反応が見られることが多いです。広告の調整や最適化もリアルタイムに行えるため、即座に戦略を調整できます。

SEOで負けている商品をユーザーに配信できる

競争の激しいAmazon上で、自然検索では上位表示が難しい商品もあります。しかし、Amazon広告を活用することで、競合他社よりも多くのユーザーに商品をアピールすることが可能です。その商品に関連する潜在的なキーワードやカテゴリに対して広告配信が出来ます。

Amazon内部への広告を出稿する際の条件

カートを取得していること

広告配信したい対象の商品でカートを取得していないと広告の配信が出来ません。1商品に1商品ページしか存在していないので同じ商品を出品している競合がいる場合、カートを取得している企業のみが広告配信出来ます。

カートを取得している場合は以下の赤枠より購入の導線があります。

カートが競合に取られている場合は以下の赤い枠に購入の導線があり、ユーザーの購入確度も下がるのでカートが取れているかどうかはこまめに確認するようにしましょう。

在庫があること

在庫が切れている、もしくは少数である場合は広告の配信が出来ないので在庫を切らさないように注意してください。

Amazon広告の配信条件詳細

Amazon広告の種類とターゲティングの考え方

ターゲティングの考え方とAmazon広告の種類について紹介します。

Amazon広告広告は大きく分類するとAmazonの内部への配信と外部への配信に分けられます。

広告を出稿する際はまずは内部への配信であるスポンサー広告からはじまり、認知を上げたい、外部からAmazonへ誘導して購買を促進したい場合にはAmazonDSPへと出稿を広げていくのが基本となります。

各ファネルに合わせたメニューの考え方は以下になります。

潜在層

ターゲティングにおいて「潜在層」という概念は、潜在的な顧客や潜在的な興味関心を指すことがあります。つまり、まだ明確に表れていないが、ある条件やトリガーによって顕在的な顧客や興味が現れる可能性がある人々を指します。

AmazonDSP広告を使用し、Amazon外のユーザーに配信をすることをおススメします。

準顕在層

「準顕在層」という概念は、ターゲティングの過程で、ターゲットとなる人々が完全には明確に識別されていないが、ある程度の情報やインサイトが得られる層を指します。つまり、顕在的なターゲットではなく、まだ表面に現れていないが、将来の顧客見込みとなるターゲットを指します。

顕在層

「顕在層」という概念は、ターゲティングの中で最も明確な層を指します。これは既存の顧客や既知のターゲット市場であり、広告主がすでに関係を持っている、または明確に識別できる層です。顕在層に対して広告を配信することで、リピート購入を促進したり、既存顧客との関係を強化したりすることが目的です。

獲得確度が高いスポンサープロダクトを中心にどういう層にアプローチしていきたいかによって配信するメニューを選択しましょう。

スポンサー広告の各メニューの特徴

スポンサープロダクト広告

スポンサープロダクト広告は最も獲得確度が高いメニューとなり、掲載枠としては検索結果の商品の上部枠や商品ページ内に表示されます。

デスクトップやモバイルの商品検索結果ページのトップやサイド、検索結果内、および商品ページに表示され、関連性の高いキーワードや商品に基づいて購入者に表示されます。

スポンサープロダクト広告参考

スポンサーディスプレイ広告

Amazonのトップページ、商品詳細ページ、商品検索結果ページ、Twitchに配信され、商品を閲覧、調査、購入するオーディエンスにリーチできます。多くの広告は商品詳細ページに掲載されます。

スポンサーディスプレイ広告概要

スポンサーブランド広告

スポンサーブランド広告は商品検索結果ページのトップやサイド、および検索結果内に表示される場合があります。広告はデスクトップとモバイル両方で表示される場合もあります。

スポンサーブランド広告概要

まとめ

Amazon広告の各メニューの特徴や配信の考え方について解説しました。Amazon広告は、Amazonの膨大なデータを利用してターゲティングを可能とし、商品の認知度を上げ、売り上げ拡大につながる広告です。ただし、効果を測定しながら運用することが重要です。最も効率的に配信が出来るよう、アプローチしたい層に合わせて適切なメニューを選びましょう。

よくある質問

Q1: Amazon広告とは何ですか?

A1: Amazon広告は、Amazonが提供するオンライン広告プラットフォームの総称です。広告主は自社の商品やサービスをAmazon内で広告表示し、ユーザーに対してプロモーションを行うことができます。

Q2. Amazon広告の費用はいくらですか?

A2.Amazon広告は、クリック課金制が採用されています。そのため、広告がクリックされた場合にのみ広告費が発生します。広告費は、競合状況などによって変動するため、注意が必要です。

Q3. Amazon広告はどのように運用しますか?

A3.Amazon広告は、Amazonの広告管理ツール「Amazon Advertising」から運用できます。Amazon Advertisingでは、広告のターゲティングや入札単価などを設定できます。

Q4.Amazon広告を掲載できるのは誰ですか?

A4.Amazon広告をご利用いただけるのは、大口出品者様、お取引会社様、書籍のお取引会社様、Kindle Direct Publishing(KDP)の著者様、および代理店様です。広告を掲載するには、商品が1つまたは複数の該当カテゴリーに属し、おすすめ商品の資格を満たしている必要があります。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/07/01】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|5選

ページトップへ