Amazonスポンサーディスプレイ広告について解説

スポンサーディスプレイ広告とは

Amazonスポンサーディスプレイ広告(SD広告)は、Amazonの検索結果ページや商品詳細ページに表示される広告です。SD広告は、画像、動画で作成することができ、ターゲティングを細かく設定することができます。

また、クリエイティブを自動生成も出来るため、開始のハードルが低い広告となります。

自動生成のクリエイティブは以下のような見え方で配信されます。

スポンサーディスプレイ広告を出稿するには

大口出品者である

スポンサーディスプレイ広告を配信するには月額4,900円の大口出品に登録することが必要で、小口出品サービスの利用では実施ができません。出稿をしたい場合は大口出品の登録を済ませましょう。

スポンサーディスプレイ広告の掲載場所

スポンサーディスプレイ広告は、ターゲティング戦略に基づいて、Amazon内外で表示されます。商品ターゲティングを活用した広告は、商品詳細ページ、カスタマーレビューの横、商品検索結果ページ、またはおすすめ商品の下に表示されます。これにより、Amazon内で購入者と接触し、商品の認知度を高め、検討を促し、販売を促進する機会を得ることができます。

また、スポンサーディスプレイ広告のオーディエンスキャンペーンでは、ディスプレイクリエイティブがAmazon外のアプリやサードパーティのウェブサイト(例: Twitchなど)に加えて、Amazon内のトップページ、商品詳細ページ、商品検索結果ページの掲載枠にも表示されます。これにより、購入過程で既存の顧客にリマーケティングを行うのに役立ちます。オーディエンスキャンペーンは、以前にAmazon内で広告主の商品、類似商品、または関連カテゴリーを閲覧したが、まだ購入に至っていない顧客に対してリーチするのに効果的です。さらに、顧客がAmazonを再訪し、ブランドや商品の詳細を確認し、購入を決定するように促すことができます。

スポンサーディスプレイ広告のメリット

スポンサーディスプレイ広告のメリットは以下の通りです。

カスタマーの購入意思決定プロセスにおけるタッチポイントが増える

スポンサーディスプレイ広告は、商品やブランドに対する顧客の意識を高め、購買意思決定プロセスにおけるタッチポイントを増やすことができるメリットがあります。広告はAmazonの商品ページや関連ページに表示されるため、顧客が商品を探索する過程で広告に接する機会が増えます。商品の特長やメリットを魅力的に表現することで、顧客の関心を引き付け、商品を選択肢に入れるきっかけとなります。

類似商品の商品詳細ページに代替案として表示できる

スポンサーディスプレイ広告では、類似した商品やカテゴリに関連する商品の詳細ページに広告を表示することができます。これにより、顧客が特定の商品に興味を持っている場合でも、代替案や関連商品を提示することができます。顧客は他の選択肢も検討しやすくなるため、商品の選択幅が広がり、購買の可能性が高まります。

自社商品にターゲティングすることでクロスセルの可能性が上がる]

スポンサーディスプレイ広告では、自社の他の商品にターゲティングすることができます。購買意欲のある顧客に対して、関連する商品を提案することでクロスセルの機会が増えます。例えば、スマートフォンを購入した顧客に対して、保護ケースや充電器を提案することで、追加の購入を促進することができます。

他社商品にもターゲティングできる

スポンサーディスプレイ広告は、他社の商品やブランドに対してもターゲティングすることができます。競合他社の顧客を取り込むチャンスや、関連商品を提案することで市場での競争力を高めることができます。顧客の興味関心に合わせた戦略的な広告表示を行うことで、他社の顧客層を拡大し、新たな購買層を獲得することが期待できます。

まとめ

効果的なAmazonスポンサーディスプレイ広告の運用を行うことで、企業の売上向上やブランド認知の向上など、ビジネスの成果につなげることができるでしょう。

よくある質問

Q:Amazonスポンサーディスプレイ広告を出稿するにはいくらかかりますか?

A:出稿は100円から行えます。また、登録に手数料はかからず配信した金額が請求されます。

Q:Amazonスポンサーディスプレイ広告は主にどこに掲載されますか?

A:Amazonのトップページ、商品詳細ページ、商品検索結果ページ、Twitchに配信され、商品を閲覧、調査、購入するオーディエンスにリーチできます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/30】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ