【2024年最新】楽天広告の種類・運用方法と選び方を解説

楽天広告とは

楽天広告は、楽天市場におけるビジネスプロモーションの一環として展開されています。楽天市場は、日本最大級のオンラインショッピングモールであり、多岐にわたる商品が取り扱われ、数多くのユーザーが利用しています。

楽天広告は、出店者が自身の商品やサービスを効果的にアピールし、集中的なプロモーションを行う手段の一つです。この広告プラットフォームを活用することで、企業は商品の認知度向上や売上拡大を図ることが可能です。

この記事では、楽天広告の基本的な仕組みや特徴、メリット・デメリットなどについて掘り下げ、出店者が効果的な広告キャンペーンを展開するためのポイントを紹介します。楽天広告を活用することで、ビジネスの成果向上につなげる方法や注意点についても詳しく解説します。楽天市場での成功に向けて、楽天広告の活用について理解を深めていく際の手がかりとなるでしょう。

運用型広告

楽天RPP広告

楽天RPP広告(Rakuten Product Promotion)は、楽天市場における商品の露出を向上させるためのクリック課金型の広告プログラムです。RPP広告は、ユーザーが楽天市場で商品を検索した際に、その検索結果の上位に広告主の商品が優先的に表示される仕組みを提供しています。

広告主は、特定のキーワードに関連する商品に対して自ら入札を行い、その入札額に応じて広告が表示される順位が決定されます。つまり、より多くの入札額を設定することで、商品がより上位に表示されやすくなります。この広告プログラムは、効果的な露出とクリックを促進し、商品のアクセスや購買の機会を拡大することが期待されています。

楽天RPP広告は、広告主がリアルタイムで入札や広告の管理を行えるため、柔軟性があり、戦略的な広告運用が可能です。商品の競争激化や需要の変動に合わせて、広告戦略を最適化することが求められる広告形態となっています。

楽天CPA広告

楽天CPA広告は、広告主が特定の成果を保証する代わりに、その成果に応じて広告費を支払う仕組みを指します。成果は具体的には「1件の注文」などが定義されています。この広告形態はROAS(Return On Advertising Spend)が500%固定となっており、広告費に対して予め決まった割合での収益が期待でき、利益を確保しやすい特徴があります。

しかし、楽天CPA広告には予算のコントロールが難しく、予算に上限がある場合は使い勝手が悪い一面もあります。広告主は成果が上がるごとに広告費を支払うため、予算管理が厳密に求められます。したがって、広告主は広告の成果と予算に応じて柔軟に戦略を調整する必要があります。楽天CPA広告を上手に利用することで、具体的な成果に焦点を当てつつも効率的な広告運用が可能となります。広告主は戦略の検討と柔軟な予算管理を通じて、広告の最適なパフォーマンスを引き出すことが求められます。

クーポンアドバンス広告

クーポンアドバンス広告は、最適な商品値引額を予測し発行されるクーポンを活用して集客し、購入を促す広告形態です。楽天IDでログインしたユーザーに対して、クーポンの形式で表示され、広告をクリックするとクーポンが自動的に取得されます。これにより、高い購入意欲を持つユーザーに対して個別にクーポンを提供し、パーソナライズされた広告配信が実現されます。

主に楽天市場トップページや検索結果ページに表示されるこの広告は、「値引き」の強力なフックを用いて、興味がありそうなユーザーに対して購入を促進します。そのため、他の広告と比較してアクセス増加は抑えられるものの、転換率の向上が期待できる広告となります。

クーポンアドバンス広告の料金はクーポン獲得時に発生し、店舗が設定した入札金額により決定されます。手動商品選定の場合は最低40円から、自動商品選定の場合は最低25円からのクリック課金型広告であり、また、クーポンの値引き費用は店舗負担となります。

メリットとして、購入促進力が強くROASを確保しやすいこと、購入意欲の高いユーザーにターゲットを絞ることで効率的な広告運用が可能です。低予算から始められ、キーワード入札もRPPより低い場合があるため、柔軟な運用ができます。

一方で、クーポンを多く発行する店舗では他のクーポンとの調整が必要であり、ユーザーによって購入できる金額が異なり不平等に見えることもデメリットとして挙げられます。

参考:楽天店舗運営Navi

ディスプレイ広告

通常ディスプレイ枠

ディスプレイ広告は楽天市場のジャンルページやタイムセール枠などに掲載される一般的な広告形態です。毎月販売されており、具体的な枠の内容はプロモーションメニューから確認できます。ただし、一部の広告枠はECC案内を通じてのみ購入可能です。

ディスプレイ広告の目的や効果は様々で、継続的な出稿を通じてブランドの認知を拡大したい場合や、タイムセールやポイントなどの特典をフックにして購入を促したい場合に活用されます。

ジャンルページやタイムセール枠などのディスプレイ広告は、特定の商品やサービスを強調することで目立ちやすく、ユーザーに対して直接的なメッセージを伝えることができます。また、継続的な掲載を通じてブランドの浸透を促進し、ユーザーにより認知されやすくなります。

特にタイムセールやポイント還元などのキャンペーンを利用することで、購買意欲を喚起しやすくなります。ディスプレイ広告は商品やサービスの特徴をビジュアルで伝えることができ、ユーザーにアピールする手段として非常に有効です。枠の選定やキャンペーンの戦略的な組み合わせによって、効果的な広告運用が可能です。

大型イベント広告

大型イベント広告は、楽天スーパーセールやお買い物マラソンなどの重要なイベントの企画ページに掲載される広告形態です。イベントの企画ページ内で広告が表示され、購買意欲の高いユーザーにアプローチできます。

広告の表示箇所は、大型イベントの企画ページ内にあり、その中でも露出が多く人気のある枠は掲載料金が高くなります。掲載費用は5万円から始まり、枠によって異なります。イベント時には通常よりもポイントの還元倍率がアップし、購買意欲の高いユーザーが多く集まるため、売上を最大化するのに適した広告です。

大型イベント広告のメリットとして、イベント時の購買意欲が高いユーザーにアプローチでき、多くのユーザーに認知されることが挙げられます。しかし、ターゲットが広いためROASは低くなりがちで、高額商品やニッチな商材への効果が出にくいというデメリットも存在します。

広告の掲載には枠に合わせた画像やキャッチコピーの入稿が必要であり、運用のポイントとしては、自社の商品に合った枠を選ぶことが重要です。アクセスしたユーザーに購入してもらうためには、掲載期間中にクーポンの配布やポイント倍率のアップなどの転換率向上施策を同時に実施することが効果的です。

ターゲティングディスプレイ広告(TDA)

TDA広告は、希望するセグメント条件でバナーを効果的に配信できる広告形態です。セグメントや配信期間、予算を設定することで、ターゲットに合ったユーザーにバナーが表示され、インプレッション課金型の広告として課金が行われます。広告の掲載箇所は随時更新されていますが、主に楽天市場トップページや検索結果ページに表示されます。

TDA広告は、店舗オリジナルのバナーを使用して特定のターゲットにメッセージを訴求でき、購買ファネル全体にわたり活用が可能です。セグメントによってROASが変化するものの、基本的には認知拡大を目的とした広告であり、ビジュアルでの訴求やリターゲティングが可能な点が特長です。

メリットとしては、ターゲットにターゲティングされた広告表示ができ、認知拡大やビジュアルでの訴求が可能です。一方でデメリットとしては、セグメントによってROASが低くなりやすいことや表示だけで課金されるため、効率が悪くなる可能性があります。また、ROASにはビュースルーコンバージョンが含まれ、予算が消化されない場合も考慮すべきです。

TDA広告の費用は、入札単価が0.75円から10.00円/Vimpで、Vimpは「ビューアブルインプレッション」を指します。TDAは表示回数によって課金され、広告が表示され、バナー広告の50%以上が1秒以上ユーザーに表示された回数に対して課金が行われます。

参考:楽天店舗運営Navi

ニュース広告

ニュース広告は、楽天市場の会員向けにメールマガジンとして配信される広告形式です。この広告は特定の商品に焦点を当て、短期的な売上を最大化することを目的とし、ランキング戦略に適しています。ランキング戦略は、楽天市場のランキング上位に掲載されることでアクセスが増加し、売上が上がる仕組みです。

「おすすめニュース広告」とは異なり、ニュース広告では掲載されるメールや課金方式を選択できます。メリットとして、自店舗のメルマガではリーチできないユーザーにアプローチでき、商品がヒットすれば短期間で売上を最大化しランキングに掲載できる可能性があります。一方で、対象者が多いためアクセスはあっても売上が伴わずROASが低くなる可能性があります。

ニュース広告の費用は枠により異なります。運用のポイントとして、魅力的な商品やサービスが必要であり、既に充実した商品ページと高い転換率を持つ商品に焦点を当てるべきです。同時に、クーポンやポイントアップなどの施策を組み合わせて転換率や客単価を向上させる準備も必要です。

楽天広告についてのまとめ

楽天広告は、楽天市場内で店舗が商品やサービスを効果的にアピールするための多彩な広告プラットフォームです。主な広告形態には、ランキング広告、ニュース広告、TDA広告、クーポンアドバンス広告などがあり、それぞれ特徴的な効果があります。ランキング広告はアクセス増加と売上向上を狙い、TDA広告はターゲットに合わせたディスプレイ広告として効果的です。ニュース広告はメールマガジンを通じて会員にリーチし、特定商品へのアクセスを促進します。クーポンアドバンス広告は値引きクーポンを利用して集客し、購買を促進します。楽天CPA広告は成果報酬型で、広告主が成果を保証し、ROASが500%固定で利益を最大化できる特長があります。これら広告は、予算や戦略に応じて柔軟に組み合わせて利用でき、楽天市場内での広告運用の効率向上をサポートしています。

参考:楽天店舗運営Navi

楽天広告についてのよくある質問

Q: 楽天広告って何ですか?

A: 楽天広告は、楽天市場内で店舗が商品やサービスを宣伝するための広告プラットフォームです。様々な広告形態を利用し、集客や売上向上を図ることができます。

Q: 広告形態はどんなものがありますか?

A: 主な広告形態には、ニュース広告、TDA広告、クーポンアドバンス広告、楽天CPA広告などがあります。それぞれ目的や戦略に応じて選択できます。

Q: 楽天CPA広告ってどういう仕組みですか?

A: 楽天CPA広告は成果報酬型広告で、広告主が特定の成果(例:1件の注文)を保証し、その成果に基づいて広告費を支払う仕組みです。ROASが500%固定であり、効率的な広告運用が可能です。

Q: 広告の始め方はどうすればいいですか?

A: 広告を始めるには、楽天広告の公式サイトにアクセスし、広告を出稿する店舗の楽天アカウントでログインします。希望する広告形態を選択し、キャンペーンを設定して広告を開始します。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ