Amazonで販売を行っていく上で確認すべきレポートについて解説

Amazon出品で確認すべきレポート

Amazonに出品をしている時に確認すべきレポートについて紹介します。

レポートはseller central>メニュー>レポートから確認できます。

ビジネスレポート

ビジネスレポートは、Amazonアカウント全体の売上と注文数、返品率、クレーム率、およびレビュー評価の傾向を把握するための重要なレポートです。売上の推移を追い、売れ筋商品や需要の変化を把握することで、販売戦略や広告キャンペーンを最適化することができます。

ペイメントレポート

ペイメントレポートでは、支払いに関する情報が詳細に記載されています。商品の売上に対する手数料や返金の額、出品者への支払いなどが記載されています。これにより、正確な利益を計算し、収益の管理を行うことができます。

FBA在庫出荷レポート

FBA在庫出荷レポートでは、Amazonの倉庫に送られた商品の在庫状況や出荷状況を確認できます。在庫の数量や保管場所を把握することで、在庫管理を効率化し、欠品や過剰在庫を防ぐことができます。また、出荷ステータスをチェックすることで、迅速な納品と顧客への満足度向上につなげることができます。

検索用語レポート

検索用語レポートでは、顧客が商品を検索する際に使用したキーワードがリスト化されていAmazon検索用語レポートは、特定の期間においてAmazonストアで最も人気のある検索キーワードと各キーワードの検索頻度ランキング、さらにキーワードの検索後に購入者が全体としてクリックした上位3点の商品が表示されます。また、各検索キーワードの上位3点の商品については、商品ごとのクリック数割合とコンバージョン割合も詳細に示されます。

ブランド所有者は、特定のキーワードを検索して、Amazon全体の購入者がそのキーワードを検索した後にクリックした商品を把握することができます。同様に、特定の商品を検索して、どのキーワードがその商品の検索に使用されたかを確認することもできます。

さらに、ブランド所有者は、前の週のクリック数ランキングと比較して、特定の検索キーワードに対してクリック数が高い上位3点のASINから外れた商品を検索用語レポートで確認できます。

それぞれのレポートで確認できる項目

ビジネスレポート

販売している全商品の売上やトラフィックセッション数等を日付ごとに確認ができます。

特に重要な指標は

  • 注文商品売上
  • セッション
  • ユニットセッション率

の3つになります。

それぞれ解説します。

注文商品売上

選択した期間内の注文の売上を見ることが出来ます。全体の売上が伸びているのかを確認できる最も重要な指標になっています。

セッション

「ページビュー」と「セッション」については似ている点がありますが、異なる点もあります。

ページビュー: 同じ人が商品ページに「100回」アクセスしても、100回とカウントされる。

セッション: 同じ人が商品ページに「100回」アクセスしても、1回とカウントされる。

また、「ユニットセッション率」は、セッション数に対してどのくらいの商品が売れたかを示します。セッションが100回あれば、購入者が10人であればユニットセッション率は「10%(100回÷10人)」となります。

セッション数が低い場合、ユーザーが商品ページにたどり着いていないのでSEO対策を行い、商品名の変更や広告の見直しを行う必要があります。

ユニットセッション率

ユニットセッション率が低い場合は商品詳細ページにユーザーが来ているが購入に至っていないので商品説明の変更や紹介文画像を入れ込むのが大事です。また、A+と呼ばれる商品紹介を活用し、魅力を最大限伝えられるようにしましょう。

ペイメントレポート

ペイメントレポートでは期間内の手数料を引いた純利益が確認できます。確認できる項目は以下の通りです。

一覧

全商品の選択期間内の純利益を確認できます。表示される金額は手数料が引かれた金額となります。

トランザクション

トランザクションでは商品ごとに手数料や割引金額が引かれた純利益を確認することが出来ます。

過去の決済情報

期間中の決済情報について確認が出来ます。テキストファイルで以下の項目について確認することが出来ます。

支払い

Amazonから出品者への支払い状況が確認できます。

レポートリポジトリ

期間別レポート・留保中のトランザクションレポートを見たい場合、レポートリポジトリで新規にペイメントを作成することで見ることが出来ます。

FBA在庫出荷レポート

FBAを利用している商品のみがFBA在庫出荷レポートで確認出来ます。このレポートに記載されるタイミングは「Amazonの倉庫から出荷された日」となりますのでご注意ください。

ダウンロード出来る項目は以下になります。

検索用語レポート

特定の期間においてAmazonストアで最も人気のある検索キーワードと各キーワードの検索頻度ランキング、およびキーワードの検索後に購入者が全体としてクリックした上位3点の商品が表示されます。各検索キーワードの上位3点の商品については、商品ごとのクリック数割合とコンバージョン割合も表示されます。

まとめ

商品別の売上実績を確認する方法やについて紹介しました。効果的にビジネスレポートを利用して売上アップにつなげることが大切です。少なくとも、注文商品売上、セッション、ユニットセッション率、平均販売価格の4つの項目に関しては、定期的な確認が重要です。ビジネスレポートを効果的に活用して、売上アップに成功しましょう。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > WEB制作 > 事例 > 【必見】調剤薬局のホームページデザイン事例8選!制作ポイントまで徹底解説!

ページトップへ