Shopifyのメタフィールドはどう使う?初心者でも分かるように解説

メタフィールドとは

概要

Shopifyのメタフィールドとは、オンラインストア上で商品や顧客、注文などのデータに追加情報をカスタマイズするための機能です。通常、商品や顧客の情報は固定されたフィールドに格納されますが、メタフィールドを使用することで、さまざまなカスタム情報を追加して管理することができます。

メタフィールドは、特定のデータに対して付加的な属性や情報を提供するために使用されます。例えば、商品に対してカスタムな特別な特性やタグを追加したり、顧客に対して特定の備考や追加情報を付与したりすることが可能です。

これにより、ショップオーナーは独自のニーズに合わせてデータを柔軟に管理し、効率的な運用やマーケティング施策の立案に役立てることができます。Shopifyのメタフィールドは、カスタムアプリやテンプレートの使用を通じて設定できるため、オンラインストアの拡張性と柔軟性を高める重要な機能となっています。

カスタムフィールド

Shopifyのカスタムフィールドは、オンラインストアのデータベースに追加される独自のフィールドです。これにより、デフォルトのフィールドだけでは表現しきれない独自の情報を商品や顧客、注文などのオブジェクトに関連付けて管理することができます。

以下は、Shopifyのカスタムフィールドの例です。

商品

バリエーション

コレクション

顧客

注文

会社

会社のロケーション

ロケーション

ページ

ブログ

ブログ記事

マーケット

コンテンツタイプ

単一行のテキスト

単一行では、短いメモのような改行なしのプレーンテキストを挿入することが出来ます。

複数行のテキスト

複数行のテキストには、配送メモや返品ポリシーのような改行ありのプレーンテキストを挿入することが出来ます。

リッチテキスト

リッチテキストには、ブランドや商品・スタイルについての長めのストーリのような、改行ありのテキスト・見出しスタイル・太字・斜体・下線等を挿入することが出来ます。尚、リッチテキストタイプのテーマ設定でのみ連携が出来るため注意が必要です。

整数

整数には、本のページ数のような実数値を挿入することが出来ます。

小数

小数には、最大13桁の整数値と、最大9桁の小数値を挿入することが出来ます。

日付と時刻

日付と時刻には、商品の発売日のようなISO 8601形式の日付値と、UTC時間値を挿入することが出来ます。

日付

商品の消費期限や注文配達日のような、タイムゾーンなしのISO 8601形式の日付値を挿入することが出来ます。

寸法

箱の高さ、商品の長さのような、整数と小数の両方を挿入することが出来ます。

水筒の容積容量のような、整数と小数の両方を挿入することが出来ます。

重量

商品の原材料のような、整数と小数の両方を挿入することが出来ます。

商品

商品へのリンクを挿入することが出来ます。

コレクション

既存のコレクションへのリンクを挿入することが出来ます。

商品バリエーション

商品バリエーションへのリンクを挿入することが出来ます。

ファイル

ファイルをアップロードして、ダウンロード可能なリンクとして設定するといったことが出来ます。

メタオブジェクト

ストア上に保存してある、メタオブジェクトへのリンクを挿入することが出来ます。

ページ

既存のページへのリンクを挿入することが出来ます。

trueまたはfalse

trueかfalseかを選択するチェックボックスを作成し、商品のオプションが利用可能かどうかの表示等をさせることが可能になります。

RGB値を挿入することが出来、商品ページの背景を挿入した色に設定するといったことが可能になります。

評価

設定した定義に応じて、指定した記数法に則った小数点以下の値を挿入することが出来ます。これにより、商品の評価を記載したりすることが出来ます。

URL

特定のページへのリンクを挿入することが出来ます。

設定・活用方法

設定方法

メタフィールドの定義

1.「設定」をクリック

2.「カスタムデータ」をクリック

3.コンテンツを追加したいメタフィールドを選択

4.「定義を追加する」をクリック

5.「名前」・「ネームスペースとキー」・「説明」を記載

6.「タイプを選択する」をクリックして、任意のタイプを設定

7.「保存」をクリック

メタフィールドの定義を使用する

1.「商品管理」をクリック

2.メタフィールドの定義を使用したい商品を選択

3.「メタフィールド」に出力されている、値を設定したい項目に値を設定

4.「保存する」をクリック

活用方法

1.「オンラインストア」をクリック

2.「カスタマイズ」をクリック

3.メタフィールドを表示させたいコンテンツのページを表示

4.「ブロックを追加」をクリック

5.「テキスト」をクリック

6.「テキスト」を空欄にする

7.「動的ソースを挿入」をクリック

9.表示させたいコンテンツを選択

8.メタフィールドに設定した値が表示される。これを活用して、商品毎に特定の情報を記載したりすることでストア構築に幅を持たせることが出来る。

まとめ

Shopifyのメタフィールドは、オンラインストアのカスタマイズ性と柔軟性を高める重要な機能です。通常のフィールドには表現しきれない独自の情報を商品や顧客、注文などに追加し、効果的な運用とマーケティング施策の立案に役立てることができます。

カスタムフィールドを使用することで、さまざまなオブジェクトに特定の属性や情報を付与し、データベースの管理をより効率的に行うことができます。商品、顧客、注文、会社、ロケーション、ページ、ブログ、ブログ記事など、さまざまな要素に対してカスタム情報を追加できます。

コンテンツタイプも豊富で、単一行のテキストからリッチテキスト、整数、小数、日付と時刻、寸法、量、重量、評価、URLなど、さまざまな形式の情報を扱うことが可能です。

メタフィールドの設定方法や活用方法をマスターすることで、オンラインストアの機能を最大限に活かし、ユーザーエクスペリエンスの向上や効果的な商品情報の表示に貢献できるでしょう。Shopifyのメタフィールドは、eコマースビジネスにおいて競争力を高めるための強力なツールとなります。

よくある質問

Q:Shopifyのメタフィールドとカスタムフィールドの違いは何ですか?

Shopifyのメタフィールドは、オンラインストア上で商品や顧客、注文などのデータに追加情報をカスタマイズするための機能です。一方、カスタムフィールドは、デフォルトのフィールドだけでは表現しきれない独自の情報を商品や顧客、注文などのオブジェクトに関連付けて管理するための独自のフィールドです。メタフィールドは特定のデータに対して付加的な属性や情報を提供するのに対し、カスタムフィールドはオブジェクト自体に新しい情報を追加することができます。

Q:どのような情報をメタフィールドで管理できますか?

メタフィールドでは、商品に対してカスタムな特性やタグを追加したり、顧客に対して特定の備考や追加情報を付与したりすることが可能です。また、整数や小数、日付と時刻、寸法、量、重量、URL、評価など、さまざまなコンテンツタイプの情報を挿入することもできます。これにより、商品の特徴や顧客の特定のニーズに応じた情報を柔軟に管理することができます。

Q:メタフィールドを活用してどのようなことができますか?

メタフィールドを活用することで、オンラインストアの様々なコンテンツに特定の情報を挿入したり、商品毎に異なる情報を表示したりすることが可能です。例えば、商品の特定の特性を示すタグを追加したり、顧客に対して特別なメモを表示したりすることで、個別のニーズに応じたカスタマイズができます。さらに、リッチテキストを使用して商品やブランドについての詳細な情報を記載したり、評価情報を表示したりすることもできます。メタフィールドを活用することで、オンラインストアの情報の表現力を向上させ、顧客の満足度を高めることができます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/07/01】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|5選

ページトップへ