Shopifyストアに多くの商品をまとめて登録することで業務効率が改善出来る?商品の一括登録について説明

商品登録とは

概要

商品登録は、オンラインストアで商品を販売するための基本的な手続きです。正確かつ魅力的な情報を提供することで、顧客の興味を引き、購買に結びつけることができます。商品登録の重要性は、以下の点によるものです。

SEO向上

適切なキーワードを使用して商品を登録することで、検索エンジンでの表示順位が上昇し、集客力が高まります。

ユーザーエクスペリエンス

詳細な説明と高品質な画像を提供することで、顧客の満足度が向上し、再購入率が向上します。

マーケット分析

登録情報を活用して市場のトレンドや顧客の行動を分析し、戦略的なマーケティング施策を立案することが可能です。

CSVとは

概要

CSV(Comma Separated Values)は、データをコンマやタブなどの区切り文字で区切って格納するファイル形式です。テキストベースであり、さまざまなアプリケーションで広く使用されています。CSVの特徴や用途について見ていきましょう。

CSVファイルを用いた商品一括登録

CSVファイルを用いた商品の一括登録には、以下のような利点があります。

時間と労力の節約

大量の商品を手動で個別に登録する手間が省けます。

一貫性と正確性

一度CSVファイルに登録情報を整理すれば、データの一貫性と正確性が保たれます。

大規模な運用に対応

多数の商品を管理するECストアやマーケットプレイスに適しています。

既存データの更新

既存商品の情報を簡単に更新できます。

商品一括登録手順

事前準備

商品画像登録

1.「コンテンツ」をクリック

2.「ファイル」をクリック

3.「ファイルをアップロード」をクリックして、登録する画像をアップロードする

CSVファイル用意

1.Shopifyの公式ブログに接続し、CSVファイルのサンプルをダウンロード

2.新規でスプレッドシートを作成する

3.「ファイル > インポート」をクリック

4.「アップロード」タブから、手順1でダウンロードしたサンプルファイルをアップロード

5.「選択したセルを先頭にデータを置換する」を選択し、「データをインポート」をクリック

6.サンプルとして記載されている、2~6行目の内容を全て選択して削除

7.以下の内容を参考に、各項目の内容を設定

項目名項目詳細補足
HandleURLに表示される商品名URLに記載されるため、英数字での記載を推奨
Title商品名
Body(HTML)商品詳細
Vendor商品のベンダー
Type商品のタイプ
Tags商品に登録するタグ
Published公開ステータス空欄の場合、公開設定になります
Option 1 Name商品バリエーション1の名前
Option 1 Value商品バリエーション1の内容
Option 2 Name商品バリエーション2の名前
Option 2 Value商品バリエーション2の内容
Variant SKU商品のSKU
Variant Grams商品の重量単位は記載せず、数値のみを記載
Variant Inventory Tracker在庫追跡を行う会社
Variant Inventory Quantity在庫数
Variant Inventory Policy在庫が0になった時の扱い“deny”→在庫が0の際に購入不可
“continue”→在庫が0の際にも商品は購入可能
Variant Fulfillment Service商品のフルフィルメントサービス手動設定の場合、”manual”を記載
Variant Price販売する商品の価格単位は記載せず、数値のみを記載
Variant Compare at Price販売する商品の元々の価格単位は記載せず、数値のみを記載
Variant Requires Shipping配送が必要かどうか“TRUE”→配送が必要
“FALSE”→配送が不要
Variant Taxable商品価格に税を適用するかどうか“TRUE”→税を適用
“FALSE”→税を適用しない
Variant Barcode商品バーコード
Image Src商品画像URL“商品画像登録”の手順でアップロードした画像のURLを記載
Image Position商品画像が表示される順番
Image Alt Text画像に設定するaltの内容
Gift Cardギフトカードかどうか“TRUE”→ギフトカード“FALSE”→ギフトカードではない
Variant Imageバリエーションの商品画像URL
Variant Weight Unit商品重量の単位“Kg”か、”lb”を設定

8.「ファイル > ダウンロード > カンマ区切り形式(.csv)」をクリック

登録作業

CSVファイル登録

1.「商品管理」をクリック

2.「インポート」をクリック

3.作成したcsvファイルをアップロードし、「アップロードして続行する」をクリック

一括登録を失敗しないようにするには

少量のデータで一括登録を行う

列が異なる。値の設定の仕方が異なるといった要因から、アップロードした商品情報が正しく登録されない可能性があります。大量の商品データをアップロードした後に修正が必要になった場合、全ての商品を見直す・修正するといった作業が必要になってしまうため、まずは少量のデータで一括登録を行い、想定通りの内容で登録されるかを確認しましょう。

エラー内容に応じて、CSVファイルを修正する

一括登録を行う際にCSVファイルに誤りがあると、エラー内容が出力されます。その際に、以下のリンク先の内容を参考にしてCSVファイルを確認・修正してみましょう。

まとめ

商品登録はオンラインストアで商品を販売するための基本的な手続きであり、正確で魅力的な情報を提供することが重要です。特に、適切なキーワードを使用して商品を登録することで、SEO向上が可能であり、検索エンジンでの表示順位が上昇し、集客力が高まります。また、詳細な説明と高品質な画像を提供することで、ユーザーエクスペリエンスが向上し、顧客の満足度や再購入率の向上につながります。

CSVはデータを区切り文字で格納するファイル形式であり、商品一括登録に利用されます。CSVファイルを用いた商品登録では、時間と労力の節約ができ、大規模な運用にも対応可能です。さらに、一度CSVファイルに登録情報を整理すれば、データの一貫性と正確性が保たれ、既存データの更新も容易に行えます。

商品一括登録を行う際には、事前に少量のデータで試しに登録してみることで、エラーや誤りを事前に確認することが重要です。もしエラーが発生した場合は、CSVファイルを修正し、正しい情報で再度登録することで、一括登録を成功させることができます。

よくある質問

Q:CSVファイルを使った商品一括登録のメリットは何ですか?

CSVファイルを使った商品一括登録には以下のメリットがあります。

時間と労力の節約

大量の商品を手動で個別に登録する手間が省けます。

一貫性と正確性

CSVファイルに登録情報を整理することで、データの一貫性と正確性が保たれます。

大規模な運用に対応

多数の商品を管理するECストアやマーケットプレイスに適しています。

既存データの更新

既存商品の情報を簡単に更新できます。

Q:一括登録を失敗しないためのポイントはありますか?

一括登録を失敗しないためのポイントは以下です。

少量のデータで試す

列や値の設定が異なる場合、登録情報が正しく反映されない可能性があるため、まずは少量のデータで試してみて、想定通りの結果が得られるか確認しましょう。

エラー内容を確認

CSVファイルにエラーがある場合、エラー内容を確認して修正することが重要です。以下のリンク先の内容を参考にしてCSVファイルを確認・修正してみましょう。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/30】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ