【劇的向上】​画像圧縮で速度アップ!Google PageSpeed Insightsの6つの秘策

PageSpeed Insightstとは

ウェブサイトのパフォーマンスとユーザーエクスペリエンスを向上させるために、ページスピードは非常に重要な要素です。ページスピードは、ウェブページの読み込み速度や応答性を示す指標です。高速で応答性のあるウェブサイトは、ユーザーの満足度を高め、検索エンジンの評価も向上させることができます。

PageSpeed Insightsで出来る3つのこと

今回紹介するPageSpeed Insightsで出来ることは以下の3つになります。

  • Webページの表示速度を測定
  • 表示速度を改善するための提案
  • 表示速度の改善施策の実装状況を確認

それぞれ詳しく解説していきます。

Webページの表示速度を測定

PageSpeed Insightsを使用すると、ウェブページの表示速度を測定することができます。このツールは、ウェブページの読み込み速度やレスポンス時間を評価し、数値やグラフとして表示します。測定結果を確認することで、現在のウェブページの表示速度の状況を把握することができます。

表示速度を改善するための提案

PageSpeed Insightsは、表示速度を改善するための具体的な提案も行います。測定結果に基づいて、ウェブページのパフォーマンスを向上させるための最適化アドバイスを提供します。例えば、画像の最適化、キャッシュの活用、CSSやJavaScriptの最適化などの改善施策が提案されます。これらの提案を実施することで、ウェブページの表示速度を改善することができます。

表示速度の改善施策の実装状況を確認

PageSpeed Insightsは、表示速度の改善施策の実装状況も確認することができます。測定結果ページには、改善すべき項目とその実装状況が示されます。具体的な改善ポイントや修正が必要な箇所を把握することで、ウェブ開発者やマーケティング担当者は改善施策の優先順位を決定し、効果的な改善を行うことができます。

ページスピードの改善方法

画像を最適化する

画像はウェブページの読み込み時間に大きな影響を与えます。画像を最適化することで、表示速度を向上させることができます。画像の容量を減らすために、適切なフォーマットを選択し、圧縮を行います。また、必要以上に大きなサイズの画像を使用しないように注意しましょう。

CSSやJavaScriptを圧縮する

CSSやJavaScriptのファイルサイズが大きい場合、ページの読み込み時間が遅くなる可能性があります。圧縮ツールを使用して、CSSやJavaScriptファイルを圧縮することで、ファイルサイズを削減し、ページの表示速度を向上させることができます。また、不要なコードやコメントを削除することも効果的です。

サーバーからの応答時間を減らす

ウェブページの表示速度には、サーバーからの応答時間も関与しています。サーバーのレスポンス時間を減らすためには、高速で信頼性の高いホスティングサービスを選択することが重要です。また、キャッシュの活用やCDN(コンテンツデリバリーネットワーク)の導入も考慮しましょう。

ブラウザのキャッシュ設定を変更する

ブラウザのキャッシュ設定を適切に変更することで、ユーザーがウェブページを再訪した際に、必要なリソースをキャッシュから取得できるようになります。これにより、再読み込みが不要となり、ページの表示速度が向上します。

無意味なリダイレクトを使用しない

無意味なリダイレクトは、ウェブページの読み込み時間を遅くする原因となります。不要なリダイレクトを削除し、直接的なページへのリンクを提供することで、ユーザーの待ち時間を軽減し、ページスピードを向上させます。

表示コンテンツの優先順位を制限する

ウェブページの表示コンテンツの優先順位を制限することで、最初に表示されるコンテンツの読み込みを優先させることができます。重要なコンテンツやテキストを先に読み込み、ユーザーがウェブページの内容にアクセスできるようにすることが大切です。

まとめ

ウェブサイトのページスピードは、ユーザーエクスペリエンスや検索エンジンの評価に大きな影響を与えます。PageSpeed Insightsを活用して、ウェブページの表示速度を測定し、改善策を実施することが重要です。

よくある質問

Q:PageSpeed Insightsのスコアを改善するにはどうすればよいですか?

A*PageSpeed Insightsは、Webページの表示速度を改善するための提案を行います。これらの提案に従うことで、Webページの表示速度を改善することができます。

Q:PageSpeed Insightsのスコアはどうやって計算されますか?

A:PageSpeed Insightsは、Webページの表示速度を測定する際に、以下の3つの指標を評価します。①パフォーマンス②ユーザーエクスペリエンス③ベストプラクティス

CTA画像
ネットショップの運営作業を外注/システム化して効率的な運営を実現しましょう。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ