Google広告の共有予算とは?共有予算のメリットやその注意点について解説

Google広告の共有予算とは

概要

Google広告の共有予算とは、複数の広告キャンペーンで同じ予算を使用する仕組みです。共有予算を設定することにより、異なる広告グループやキーワードに対して自動的に予算が配分されます。これにより、特定の広告グループが予算を使い切っても、他の広告グループが引き続き表示されることが可能となります。共有予算は、広告キャンペーン全体のパフォーマンスを最適化するための重要なツールです。

共有予算の3つのメリット

今回紹介するメリットは以下の3つです。

  • 運用効率の改善ができる
  • 無駄のない予算活用が可能
  • 掲載結果と費用対効果の向上

それぞれについて詳しく解説していきます。

運用効率の改善ができる

共有予算を活用することにより、異なる広告グループやキーワードに自動的に予算が配分されるため、運用効率が大幅に改善されます。特定の広告グループが予算を使い切っても、他の広告グループが引き続き表示されるため、広告の継続的な露出が可能となります。これにより、広告キャンペーン全体の成果を最大化することができます。

無駄のない予算活用が可能

共有予算を設定することで、無駄な広告予算の浪費を防ぐことができます。予算が最も必要な広告グループに自動的に配分されるため、効果の薄い広告への予算の浪費を回避できます。これにより、広告の効果的な運用と、限られた予算の最大限の活用が可能となります。

掲載結果と費用対効果の向上

共有予算の活用により、広告の掲載結果と費用対効果を向上させることができます。予算が柔軟に配分されるため、より効果の高い広告に集中的に予算を割り当てることが可能です。これにより、クリック率やコンバージョン率の向上、広告の費用対効果の改善が期待できます。

共有予算の3つの注意点

今回紹介する注意点は以下の3つです。

  • 手動で成果の良いキャンペーンへ予算を移動することができない
  • 共有予算を使用できないケースがある
  • 1日の途中で「共有予算」に切り替えるとその日の予算はリセットされる

手動で成果の良いキャンペーンへ予算を移動することができない

共有予算を使用する場合、手動で予算を成果の良いキャンペーンに移動することはできません。予算の配分は自動的に行われるため、特定のキャンペーンに重点を置きたい場合でも、手動で予算を割り当てることはできません。そのため、適切な広告グループやキーワードの設定が重要となります。

共有予算を使用できないケースがある

一部の広告タイプや設定では、共有予算を使用することができない場合があります。特定の広告プラットフォームや広告形式によっては、共有予算オプションが利用できない場合があります。予算の管理方法や適用可能な広告タイプについて、事前にプラットフォームのガイドラインを確認することが重要です。

1日の途中で「共有予算」に切り替えるとその日の予算はリセットされる

共有予算を利用している場合、1日の途中で共有予算に切り替えると、その日の予算はリセットされます。共有予算は日単位で適用されるため、既に使用された予算がリセットされ、再度配分されます。この点に留意し、予算の切り替えタイミングを適切に考慮する必要があります。

まとめ

共有予算は、複数の広告キャンペーンで同じ予算を使用する仕組みです。その利点として、運用効率の改善や無駄のない予算活用、掲載結果と費用対効果の向上が挙げられます。しかし、注意点として手動で予算の移動ができない、共有予算を使用できないケースがある、1日の途中での切り替えで予算がリセットされるという点があります。共有予算の利用には、広告グループやキーワードの適切な設定や広告プラットフォームのガイドラインの確認が重要です。

よくある質問

Q1:共有予算はどのように設定するのですか?

A1: 共有予算は、広告キャンペーンの設定画面で指定することができます。予算の配分方法や優先度を設定し、自動的に予算が割り当てられるようにします。

Q2:共有予算を利用するメリットは何ですか?

A2:共有予算を使用することで、広告の運用効率が改善され、無駄のない予算活用が可能となります。また、掲載結果や費用対効果の向上が期待できます。

Q3:共有予算を使えない広告タイプはありますか?

A3:一部の広告プラットフォームや広告形式では、共有予算の利用が制限されている場合があります。各プラットフォームのガイドラインを確認し、適用可能な広告タイプを把握しましょう。

Q4:共有予算を切り替えるタイミングはありますか?

A4:共有予算を1日の途中で切り替える場合、その日の予算はリセットされます。予算の切り替えタイミングを慎重に考慮し、広告キャンペーンの目標や予算配分の計画に合わせて行いましょう。

CTA画像
ネットショップの運営作業を外注/システム化して効率的な運営を実現しましょう。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/07/01】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|5選

ページトップへ