企業ではもう常識?リスキリングについて徹底解説

リスキリングとは?

リスキリングとは、従業員が新たなスキルや能力を習得し、異なる職務や業務に適応するための再教育・再訓練を行うことを指します。リスキリングは、急速な技術の進化や組織の変革によって、従業員のスキルが陳腐化し、求められるスキルセットとのギャップが生じた場合に重要な手段となります。また、業界の需要や市場の変化に対応するためにも、従業員のスキルを更新し続ける必要があります。

企業はリスキリングで変化の激しい時代に対応

現代のビジネス環境では、技術や市場の変化が非常に速く、新たなスキルや知識の習得が求められます。そのため、企業は従業員の能力開発やキャリアの適応性強化のためにリスキリングを重視しています。

リスキリングの方法

リスキリングの方法には、内製型トレーニングプログラム、外部の教育機関との提携、オンライン教育プラットフォームの活用があります。それぞれ解説していきます。

内製型トレーニングプログラム

社内で独自にトレーニングプログラムを設けている場合です。担当者が社内状況を把握しているので、より最適なリスキリングができます。

外部教育機関

リスキリングのプロによる外部の教育機関です。ほかの企業のノウハウを蓄積しているので、高度なリスキリングができます。

オンライン教育プラットフォーム

オンラインの教育プラットフォームはいつ、どこでも受講できるので、在宅勤務者におすすめです。

リスキリングとリカレント教育の違い

リスキリングとリカレントは、両方とも従業員のスキルアップや能力開発を目的とした取り組みですが、異なるアプローチを持っています。

リスキリング(Reskilling)は、従業員が新たなスキルや知識を習得し、異なる職務や業務に適応するための再教育・再訓練を行うことを指します。主な目的は、従業員が変化する業務環境に対応し、新しい役割や責任を果たすためのスキルセットを身につけることです。リスキリングは、技術の進化や組織の変革によって従業員のスキルが陳腐化した場合や、業界の需要や市場の変化に対応するために重要な手段となります。

一方、リカレント(Recurrent)は、従業員が既存のスキルや知識を継続的に更新し、最新の情報やトレンドに対応することを目指す取り組みです。リカレントの主な目的は、従業員が現在の職務において最高のパフォーマンスを発揮し続けるために必要なスキルや知識を維持・向上させることです。リカレントのアプローチでは、定期的なトレーニングや教育プログラム、情報の共有やフィードバックの仕組みなどが活用されます。

つまり、リスキリングは従業員が新たなスキルを習得して転職や異動に対応するのに対し、リカレントは既存のスキルを継続的に更新して現職でのパフォーマンスを向上させることを重視しています。どちらも従業員の成長や組織の競争力向上に貢献する重要な手段ですが、目的やアプローチが異なる点に注意が必要です。

リスキリングの成功事例

ITサポートからWebデザイナーへのリスキリング事例をご紹介します。

Aさんは、長年にわたりITサポートの仕事をしてきましたが、将来的に自身のキャリアをさらに発展させたいと考えました。興味のある分野であるWebデザインに挑戦することを決め、リスキリングを行うことにしました。

まず、Aさんはオンライン学習プラットフォームを活用してWebデザインの基礎知識を学びました。HTML、CSS、デザイン原則などの基本的なスキルを習得しました。さらに、デザインツールの使い方や最新のトレンドについても学習しました。

その後、Aさんは実践的な経験を積むために個人プロジェクトに取り組みました。自身のポートフォリオを作成し、自主制作のウェブサイトやアプリのデザインを手がけました。また、フリーランスの案件やボランティアの仕事を通じて実務経験を積む機会も活用しました。

さらに、AさんはWebデザイン業界のコミュニティに積極的に参加しました。デザイナーとの交流や情報共有を通じて、業界の最新動向や仕事のノウハウを学びました。また、デザイン関連のイベントやセミナーにも積極的に参加し、自身の知識と人脈を広げました。

Aさんの努力と熱意が実を結び、数ヶ月後にはWebデザイナーとしてのスキルを高めることができました。彼はWeb制作会社に転職し、デザイナーとしてのキャリアをスタートさせました。彼のITサポートのバックグラウンドとデザインスキルの組み合わせは、チーム内でのコミュニケーションや問題解決能力においても役立っています。

まとめ

リスキリングは従業員のキャリアの成長や組織の競争力の向上に寄与し、将来の変化に対応するための重要な戦略です。組織は、従業員の能力を理解し、適切なリスキリングの計画やプログラムを策定することで、持続的な成長と成功が実現できます。

よくある質問

Q1:リスキリングの注意点を教えてください。

A1:リスキリングは新しい技術を習得するため、受講者のモチベーションが下がらないようにケアすることが重要です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > Amazon > セール > Amazon「ブラックフライデー」とは?セールにおける対策や参加方法について解説

ページトップへ