モーショングラフィックを独学で習得する方法

モーショングラフィックとは?

モーショングラフィックは、グラフィックデザインの一種であり、静止したイメージをアニメーション化して動きを持たせる技術や表現手法を指します。ビデオやウェブ上で使用されることが一般的で、文字、図形、イラスト、写真などの要素を組み合わせて、美しいアニメーションや映像を作り出します。

独学でモーショングラフィックを学ぶ方法

4つの方法でモーショングラフィックを学ぶことができます。それぞれ解説していきます。

動画教材を視聴する

インターネット上には無料または有料のオンラインチュートリアルや動画コースが豊富に存在します。After EffectsやCinema 4Dなどのモーショングラフィックに特化したソフトウェアの使い方やテクニックを学ぶことができます。

オンライン学習プラットフォームを使用する

 UdemyやCourseraなどのオンライン学習プラットフォームでは、無料のモーショングラフィックコースが提供されていることがあります。検索してみると、基礎から実践まで幅広いコースを見つけることができます。

オンライン学習プラットフォームとは?

インターネット上で学習コンテンツを提供し、学習者が自身のペースで学ぶことができるオンラインの教育プラットフォームです。様々な学習コースやトレーニングプログラムが用意されており、学生や専門家、職業人など、さまざまな人々が利用することができます。

オープンソフトウェアを使用する

モーショングラフィック制作にはAdobeのソフトウェアが一般的ですが、無料のオープンソースソフトウェアも利用できます。例えば、BlenderやNatronなどは高機能なモーショングラフィックツールです。

オープンソフトウェアとは?

ソフトウェアの開発や配布において、そのソフトウェアのソースコードが一般に公開され、自由に利用、改変、再配布ができるソフトウェアのことを指します。

クリエイターのコミュニティに参加する

モーショングラフィックに関心を持つフリーランスやクリエイターのコミュニティに参加してみましょう。フォーラムやSNSグループなどで情報やノウハウの共有が行われています。他の人の作品やテクニックを学びながら、自身のスキル向上を図ることができます。

モーショングラフィックを実際に作ってみる

知識を身に付けた後は実際にモーショングラフィックを作ってみましょう。慣れるまで時間がかかりますが、制作数が増えれば増えるほどスキルアップします。

まとめ

オープンソフトウェアは独学で習得することができます。ただ自信がない方はスクールに通学されることをおすすめします。

よくある質問

Q1:モーショングラフィックの需要はこれからどれくらいありますか?

A1:現代のデジタルメディアの成長とともに、ビジュアルコンテンツの需要が増加しており、モーショングラフィックもそれに伴って成長していくことが予想されています。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/06/03】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ