WMSとは?EC物流を差さえる倉庫管理システム「WMS」について解説

WMSとは

概要

WMS(倉庫管理システム)とは、商品の入庫、出庫、ピッキング、梱包、出荷などの倉庫業務を自動化・効率化するソフトウェアソリューションです。在庫レベル、場所、動きに関するリアルタイムの情報を提供し、倉庫管理者は在庫配分、補充、労働力の利用について十分な情報に基づいた意思決定を行うことができるようになります。WMSは、ERP、TMS、SCMなどの他の企業システムと統合し、エンドツーエンドのサプライチェーンの可視性と制御を可能にします。

在庫管理システムとの違い

在庫管理システム(IMS)は、在庫レベルとコストを管理および制御するために設計されたソフトウェアソリューションです。IMSは通常、在庫の追跡と補充に焦点を当て、注文管理、労務管理、倉庫オペレーションのリアルタイム可視化など、WMSの高度な機能は提供しないです。IMSは、企業の在庫レベルを管理するのに役立ちますが、入荷、ピッキング、出荷などの倉庫業務に最適化されておらず、WMSと同じレベルの自動化、最適化、および制御を提供するものではないです。マルチチャネル・フルフィルメント、ウェーブピッキング、クロスドッキングなど、高度な倉庫管理機能を必要とする企業は、倉庫業務を効果的に管理するためにWMSを導入する必要があります。

WMSの特徴

在庫の追跡と管理

WMSは、在庫レベル、場所、および動きをリアルタイムで可視化し、企業が在庫補充と割り当てを最適化することを可能にします。

注文管理

WMSは、受注から出荷までのオーダーフルフィルメントプロセスを自動化および合理化し、企業は注文の正確性と速度を向上させることができます。

労務管理

WMSは、倉庫作業員のパフォーマンスを追跡し、彼らの活動を監視し、効率性と生産性を向上させるために彼らのタスクを最適化することができます。

レポートと分析

WMSは、倉庫のパフォーマンス、在庫の正確さ、および注文の履行状況に関する洞察を提供するレポートとダッシュボードを生成することができます。

WMSの役割

倉庫内の実在庫管理と把握

WMSは、在庫レベルを管理し、在庫レベルの正確な追跡を保証するために不可欠です。リアルタイムで在庫を追跡することにより、企業は在庫の補充と割り当てを最適化し、過剰在庫や在庫切れを回避することができます。また、WMSは、在庫レベルが一定の閾値を下回ると警告を発し、企業はタイムリーに在庫補充を行うことができます。

入荷・保管・出荷・棚卸の業務をサポート

WNSは、ECサイトから注文が入った商品の入荷を受け、保管から出荷までの流れをサポートしています。具体的には、商品の仕分けや検品、倉庫内での保管、出荷準備、発送業者への引き渡しまでをサポートします。また、在庫管理や棚卸業務もWNSを活用できます。在庫管理においては、商品の入出庫管理や在庫数の確認を行い、適切なタイミングで発注や補充を行うことで、欠品を防ぎます。また、定期的な棚卸によって、在庫数や品質を正確に管理することができます。

WMSを導入するメリット

作業の効率化・正確化

WMSは入庫、出庫、ピッキング、梱包、出荷、サイクルカウントなどの主要なプロセスを自動化及び効率化することにより、倉庫業務の効率と精度を向上させることができます。これらのプロセスを自動化することで、WMSは手動でのデータ入力の必要性をなくし、エラーのリスクを低減し、生産性を向上させます。またWMSは在庫レベルと移動に関するリアルタイムの更新を提供し、倉庫管理者は在庫配分、補充、および労働力の利用について情報に基づいた意思決定を行うことができます。

正確な在庫・管理情報のデータ化

WMSは、正確な在庫と管理情報のデータ管理を可能にします。手動で在庫の監査を行うのに必要な時間を短縮するのに役立ちます。また、システムは簡単に在庫レベルを監視し、制御することができます。つまり、在庫切れや過剰在庫を避けるために大量の在庫を抱える必要が少なくなるのです。さらに、WMSは、サイクルカウントをより高い精度でより頻繁に実施することができるため、コストのかかる実地棚卸の必要性を減らすことができます。

バックヤード業務の見える化

WMSは、倉庫のオペレーションにリアルタイムの可視性を提供し、倉庫管理者がオペレーションを監視し、最適化することを可能にします。これには、在庫レベルと移動に関するリアルタイムの更新、労働力の使用率、注文処理時間、および機器の使用率に関する詳細な情報が含まれます。WMSはまた、注文状況をリアルタイムで更新することができ、企業は注文処理の速度と精度を向上させることができます。

WMSの代表的な機能

ロケーション管理

WMSは、倉庫管理者が在庫品の保管場所を割り当て、管理するためのロケーション管理機能を提供します。商品のサイズや重量、保管条件などに基づいて自動的にロケーションを割り当てることができるため、スペース利用を最適化し、過剰在庫や品切れのリスクを軽減できます。また、WMSは在庫位置をリアルタイムで追跡できるため、特定の品目を見つけやすく、倉庫内での動きを追跡しやすくなります。

ピッキングリスト

WMSは、注文処理用のピッキングリストを作成し、倉庫スタッフが迅速かつ正確に出荷用の商品をピッキングできるようにします。ピッキングの順番を最適化することで、移動時間を最小限に抑え、注文完了までの時間を短縮し、スループットを向上させることができます。また、WMSは注文の進捗をリアルタイムで追跡できるため、倉庫管理者は注文の履行状況を監視し、必要に応じてリソースを調整できます。

トレーサビリティ管理

WMSは、企業が在庫の動きを追跡し、製品の品質を監視することを可能にするトレーサビリティ管理機能を提供します。これには、入荷から保管、出荷までの在庫の動きを追跡し、各アイテムの供給元と供給先を特定することが含まれます。WMSはまた、在庫の有効期限を可視化し、企業が製品の腐敗のリスクを最小限に抑え、規制要件に確実に準拠することを可能にします。

品質区分の管理

WMSは、在庫の品質区分を管理し、在庫がその品質区分に基づいて適切な場所に保管されることを保証できます。これにより、企業は在庫の老化を管理し、期限切れや破損した製品の保管を防止できます。また、WMSは、在庫の品質が一定の閾値を下回った場合に警告を発し、倉庫管理者が在庫の品質を維持するために適切な行動を取ることを可能にします。

まとめ

WMSは企業が倉庫業務を管理し、サプライチェーン・マネジメントを最適化するためのソフトウェア・ソリューションです。WMSは、ロケーション管理、ピッキングリスト、トレーサビリティ管理、品質分類管理など、いくつかの重要な機能を提供します。これらの機能により、企業はスペース利用の最適化、ピッキング時間の短縮、在庫移動と製品品質の監視、品質レベルに応じた適切な場所への在庫保管を実現できます。WMSの導入は、企業の業務改善、コスト削減、顧客要求への対応に役立ち、今日の市場で競争力を維持するために企業にとって重要なツールとなっています。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ