タッチポイント(顧客接点)とは?強化するためのプロセスと方法を解説

タッチポイント(顧客接点)とは

概要

タッチポイント(顧客接点)とは、顧客と企業やブランドとのあらゆる接点を表す言葉です。対面でのやりとり、電話、電子メールのやりとり、ウェブサイト訪問、製品使用など、顧客が企業と接するあらゆるやりとりや体験を指します。タッチポイントは、顧客のブランドに対する認識を形成する上で重要な役割を果たし、顧客の購買意思決定に大きな影響を与えることがあります。

チャネルとの違い

タッチポイントとチャネルの違いは、タッチポイントが相互作用の特定のインスタンスを指すのに対して、チャネルは相互作用が行われる手段を指す点です。例えば、カスタマーサービスへの電話はタッチポイントですが、電話そのものはチャネルです。企業は、小売店、ウェブサイト、モバイルアプリなど、複数のチャネルを通じて複数のタッチポイントを持ち、顧客に接触できます。

タッチポイント(顧客接点)を強化するメリット

認知拡大により集客力を向上できる

タッチポイントを強化することで潜在顧客からの認知度を高め顧客獲得につなげることができます。

顧客のインサイトを把握できる

タッチポイントは企業にとって顧客の嗜好や行動などの情報を収集することができ、顧客インサイトを把握することが可能です。

顧客対応を効率化できる

タッチポイントを効率化することで顧客からのお問い合わせやご相談に迅速に対応し顧客満足度を向上させることができます。

タッチポイント(顧客接点)の強化のプロセス

ブランドイメージを明確にする

タッチポイントを強化するための最初のステップはブランドイメージを明確に定義し伝えることです。これにより、すべてのタッチポイントが企業全体のブランド・アイデンティティと整合性を持つようになります。

ペルソナを設計する

企業は、ターゲットとする顧客をより深く理解するために、顧客のペルソナを作成する必要があります。このペルソナは、顧客調査や分析を通じて収集したデータやインサイトに基づくものである必要があります。

カスタマージャーニーマップを作成する

顧客と企業とのさまざまな接点をマップ化することで、企業は顧客体験を向上させるための改善点や機会を特定できます。

施策を実行する

これまでのステップで収集した情報に基づいてタッチポイントを強化し顧客体験を向上させるための戦略を実行します。これには既存のタッチポイントの更新や新たなタッチポイントの構築、質の高いカスタマーサービスを提供するための従業員のトレーニングなどが含まれます。

タッチポイント(顧客接点)強化する方法

オムニチャネル戦略を活用する

オムニチャネルの導入により、企業はすべてのチャネルでタッチポイントを統合し、一貫性のある顧客体験を提供できます。

各チャネルで一貫性を持つ

メッセージング、ブランディング、顧客サービスの面で、チャネルに関係なく、すべてのタッチポイントで一貫性を維持することでどのチャネルでも整合性のあるメッセージを顧客に届けることができます。

チャネルごとの特性を把握する

顧客体験を最適化するためには各タッチポイントのチャネルの特性を把握した上で分析と評価を行うことが重要です。

まとめ

タッチポイントは企業のカスタマー・エクスペリエンス戦略にとって不可欠な要素です。タッチポイントを理解し、強化することで、企業は顧客獲得を改善し、顧客インサイトへの理解を深め、顧客対応プロセスを強化し、顧客満足度とロイヤルティの向上につなげることができます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ