求人広告作成時に気を付けたい、法律にまつわるNG表現

求人広告作成に関わる知っておきたい5つの法律

今回紹介する法律は主に以下の5つになります。

  • 労働基準法
  • 男女雇用機会均等法
  • 最低賃金法
  • 雇用対策法
  • 職業安定法

それぞれについて詳しく説明していきます。

労働基準法

労働基準法は、労働者の権利と労働条件を保護する日本の法律です。この法律は労働時間、休日、賃金などの重要な要素を規制しています。労働時間は1日8時間、週40時間を超えてはならず、休日も定められています。また、最低賃金の支払いや労働条件の改善を求める規定も含まれています。労働基準法は労働者の権利を守るために重要な役割を果たしており、雇用主や労働者はこの法律を遵守する必要があります。

男女雇用機会均等法

男女雇用機会均等法は、男女の雇用機会や待遇における差別を禁止する法律です。この法律は、ジェンダー平等を促進し、労働市場における男女の均等な参加を推進することを目的としています。男女雇用機会均等法には、採用や昇進の過程での雇用差別を禁止する規定が含まれており、男女が平等な待遇を受ける権利を保障しています。この法律の下で、雇用主は性別に基づく差別を避け、職場でのジェンダー平等を実現する責任を負っています。

最低賃金法

最低賃金法は、労働者の権利を保護し、最低限の賃金を確保するための法律です。この法律は、労働者の生活水準を向上させ、労働条件の改善を図ることを目的としています。最低賃金法では、労働者が適正な報酬を受け取るために、最低賃金基準が設定されています。最低賃金は地域ごとに異なるため、各地域の最低賃金額を遵守する必要があります。

雇用対策法

雇用対策法は、雇用の創出と雇用の安定を促進するための法律です。この法律は、雇用政策の策定と実施を通じて、労働市場の健全な発展を目指しています。雇用対策法の目的は、経済の変動や労働市場のニーズに対応しながら、雇用を確保し、労働者の安定した雇用を促進することです。雇用対策法は雇用創出や雇用安定に向けた政策の基盤となり、経済と労働市場のバランスを維持する重要な役割を果たしています。

職業安定法

職業安定法は、労働者の職業的な安定とキャリアの発展を支援する法律です。この法律は、転職支援や雇用情報の提供、職業訓練などを通じて、労働者の雇用機会を広げることを目的としています。職業安定法は労働者が適切な職業を見つけ、自己啓発やキャリアの成長を図るための支援を行います。労働者は職業安定法を活用することで、より良い雇用機会にアクセスし、自身のキャリアを築いていくことができます。

求人広告に使ってはいけないNGワード・禁止されている表現

求人広告では、使用してはいけないNGワードや禁止されている表現があります。これには、性別、年齢、人種、障害の有無など、個人の属性に基づく差別的な表現が含まれます。

性差別につながる表現

性差別につながる表現は、求人広告で避けなければならない表現です。これには、性別に関連する特定の役割や職種への制限、性別による給与の差別、性的な外見や容姿に関する要件などが含まれます。求人広告では、男女を問わず、能力や適格性に基づいた公平な採用を実施することが重要です。性別に基づく差別的な表現を避け、性別に関係なく誰もが応募できる機会を提供するよう心掛けましょう。

年齢差別につながる表現

年齢差別につながる表現は求人広告で避けるべきです。これには、特定の年齢層を対象とした募集や若さや年配に対するプレジャディスクリミネーション、年齢に基づく給与の差別などが含まれます。求人広告では、能力や経験、適格性に基づいて公平な採用を行うことが重要です。年齢に関わらず、幅広い年代の人々が応募できるような表現を用いましょう。

特定の人を優遇する表現

求人広告では、特定の人を優遇する表現は避けるべきです。これには、特定の人種、宗教、国籍、民族などを好ましい要素とする表現や、特定のグループに対して特典や優遇を与えるといった内容が含まれます。求人広告は公平性と平等性を守るために作成されるべきであり、多様性を尊重し、すべての応募者に公平なチャンスを提供することが重要です。差別的な表現を避け、公正な採用プロセスを実施しましょう。

性格

求人広告において、性格に関する要件や特定の性格を求める表現は避けるべきです。性格は個人の特徴であり、応募者の能力や適格性とは直接関係しません。公平な採用を実現するためには、能力や経験に焦点を当て、応募者の多様性を尊重する表現を用いましょう。

地域

求人広告において、特定の地域を好ましい要素とする表現は避けるべきです。地域による差別や偏見は公平性に反します。求人広告は、応募者の能力や適格性を評価するためのものであり、地域に基づく制限や偏見を示す表現は避けましょう。全ての応募者に公平なチャンスを提供するため、地域に関係なく誰もが応募できることを示す表現を用いましょう。

NGワード表記・表現に注意しなかった場合のリスク

求人広告でNGワードの表記・表現に注意を払わない場合、重大なリスクが存在します。差別的な表現や違法な要件を含む広告は、法的な問題や労働組合の反発を招く可能性があります。

応募者とのトラブル

求人広告に注意を払わない場合、応募者とのトラブルが発生する可能性があります。虚偽の情報や適正でない要件を含んだ広告を出すと、応募者が不適切な労働条件や待遇に対してクレームを申し立てることがあります。これにより労働紛争や訴訟のリスクが生じ、企業の信頼性や雇用主としての評判が損なわれることもあります。応募者との円滑なコミュニケーションや適切な採用プロセスを確保するため、求人広告は正確で誠実な情報を提供する必要があります。

企業の印象、イメージダウン

求人広告でNGワードや不適切な表現を使用すると、企業の印象やイメージが損なわれる可能性があります。差別的な表現や違法な要件は社会的に非難され、広く知れ渡る可能性があります。これにより、企業のブランド価値や信頼性が低下し、優秀な応募者の獲得や顧客の信頼を失うリスクが生じます。求人広告は企業のイメージを反映する重要なツールであり、適切な表現と社会的な価値観を尊重する広告を作成することが重要です。

法的な罰則

求人広告でNGワードや法律に違反する表現を使用すると、法的な罰則が科される可能性があります。性別や年齢、人種、障害の有無などに基づく差別的な表現や、労働基準法や雇用均等法に違反する要件は避けるべきです。違法な広告を出すと、労働監督署や関連する機関からの告発や制裁を受ける可能性があります。法的な問題は企業に深刻な影響を及ぼすため、求人広告は法令を遵守し、適法な表現を用いることが重要です。

まとめ

求人広告の作成において、NGワードや不適切な表現に注意することは極めて重要です。これらの表記や表現を使用すると、様々なリスクが生じます。応募者とのトラブルや法的な罰則、企業の印象やイメージのダウンなど、深刻な影響が及ぶ可能性があります。求人広告は、公正で公平な採用プロセスを実現するための重要な手段です。正確な情報の提供と差別や偏見を排除した表現を心掛け、多様性を尊重する広告を作成しましょう。適法で倫理的な求人広告は、企業の評判向上や優秀な人材の獲得につながります。

よくある質問

Q:労働基準法にはどのような規定がありますか?

A:労働基準法は労働者の労働条件を保護するための法律です。最低賃金の規定、労働時間の制限、休日や有給休暇の取得、労働災害の予防などが含まれています。

Q:男女雇用機会均等法は何を定めていますか?

A:男女雇用機会均等法は男女の雇用機会や待遇に関する差別を禁止する法律です。採用や昇進、賃金、労働条件などにおいて男女間での不平等な取扱いがないよう定められています。

Q:最低賃金法はどのような役割を果たしていますか?

A:最低賃金法は労働者の最低賃金を保障する法律です。労働者に対して適切な報酬を提供し、生活の最低限度を確保することを目的としています。

Q:雇用対策法にはどのような支援策がありますか?

A:雇用対策法は雇用の促進や失業者の支援を目的とした法律です。雇用創出のための助成金や融資制度、雇用環境の改善などの支援策が含まれています。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/30】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ