ECサイトのKPI・KGIの違い・設定方法を紹介

そもそもKGI、KPIって何?

KGI(Key Goal Indicator)とKPI(Key Performance Indicator)は、ビジネスにおける目標や成果を測定するための指標です。企業や組織の目標達成を評価し、進捗状況を把握するために使用されます。KGIは通常、数値や割合で表され、組織全体のパフォーマンスを評価する指標です。例えば、売上成長率、利益率、市場シェアなどの指標であることがあります。 一方、KPIは通常、数値や割合、クオリティの向上など、具体的な成果やパフォーマンスを示し、具体的な業務やプロセスのパフォーマンスを評価するための指標です。例えば、売上成長率を向上させるための新規顧客獲得数、顧客離脱率の低減、サイトのコンバージョン率などがKPIの例です。簡単に言うと、KPIは、組織のKGIの達成に寄与するため、具体的な業務やプロセスの改善に焦点を当てています。

KGIとKPIとの違いは?

KGIは組織全体の戦略的な目標を示す指標であり、組織全体の成果を評価します。一方、KPIは具体的な業務やプロセスのパフォーマンスを評価する指標であり、組織のKGIの達成に寄与します。KGIとKPIは、組織の目標達成を評価するための重要な指標であり、組織の成果向上に貢献します。

KGIとKPIの設定における重要なポイント

目標を定量化・定性化する

KGIとKPIの設定において重要なポイントは、目標を明確に定量化または定性化することです。目標を具体的かつ測定可能な形で設定することで、進捗状況を追跡しやすくなります。数値目標の場合、具体的な数値や割合を設定し、期限を明確にすることが重要です。一方、非数値目標の場合、目標の内容や質的な側面を明確にし、評価基準を設定することが重要です。目標を明確に定量化または定性化することで、進捗状況を把握しやすくし、目標達成に向けた具体的な行動計画を立てることができます。

設定した目標の難易度は適切

目標の難易度を適切に設定することも重要です。目標があまりにも容易すぎる場合、チームや組織のモチベーションが低下する可能性があります。逆に、目標があまりにも困難すぎる場合、達成感を得ることが難しくなり、挫折感やストレスが生じる可能性があります。目標の設定においては、過去の実績や市場の状況、リソースの可用性などを考慮し、現実的かつ挑戦的な目標を設定することが求められます。適切な難易度の目標を設定することで、チームや組織の意欲を高め、成果の向上につなげることができます。

KGIに対してKPIがズレていない

また、KGIとKPIの間にズレが生じないようにすることも重要です。KGIは組織の戦略的な目標を示し、KPIはその達成に向けた具体的な行動や成果を示す指標です。KGIとKPIは密接に関連しており、KPIはKGIの達成に寄与するために設定されます。KGIとKPIの間にズレが生じると、組織の目標達成に影響を及ぼす可能性があります。KGIとKPIの設定においては、KGIを達成するために必要なKPIを明確にし、それらの指標が一貫していることを確認する必要があります。KGIとKPIの間にズレがないようにすることで、組織全体が一体となって目標達成に向けて取り組むことができます。

ECサイトが見るべきKPI

セッション数

セッション数は、ECサイトに訪れたユーザーの訪問回数を示す指標です。ECサイトのセッション数を把握することで、サイトへのトラフィック量やユーザーの興味の度合いを測ることができます。セッション数が増加すると、多くのユーザーがサイトにアクセスしていることを意味し、ブランド認知度やマーケティング効果の向上を示すことがあります。

購入率

購入率は、ECサイトに訪れたユーザーの中で実際に購入を行ったユーザーの割合を示す指標です。ECサイトの購入率を把握することで、ユーザーのコンバージョン率や売上の推移を把握することができます。購入率が高い場合、ECサイトのユーザーは商品やサービスに興味を持ち、購買意欲が高いことを示します。購入率の向上には、ユーザーエクスペリエンスの改善や販促施策の効果的な実施などが重要です。

回遊率

回遊率は、ECサイト内のページ間を移動するユーザーの割合を示す指標です。ユーザーが複数のページを閲覧し、サイト内での滞在時間を延長することは、ユーザーエンゲージメントの向上や購買意欲の高さを示す重要な要素です。回遊率が高い場合、ユーザーはサイト内での情報や商品に興味を持ち、関心を持っていることを示します。回遊率の向上には、ナビゲーションの改善や関連商品の提案などが効果的です。

LTV

LTVは、ユーザーの生涯価値を示す指標です。ECサイトにおけるLTVは、ユーザーがECサイト上での購入活動によって企業にもたらす価値を測定します。LTVが高い場合、ユーザーは継続的に購入し、長期的な顧客としての価値を提供する可能性があります。LTVの向上には、顧客ロイヤルティの向上やリピート購買の促進などが重要です。

リピート率

リピート率は、過去に購入を行ったユーザーが再度購買を行う割合を示す指標です。ECサイトのリピート率が高い場合、ユーザーは満足度が高く、信頼性のあるサイトとして定着していることを示します。リピート率の向上には、優れた顧客サービスやリピート購買を促すプロモーション活動が有効です。

まとめ

以上で説明したポイントを考慮しながらKGIとKPIを設定することで、組織の成果向上や目標達成に効果的に取り組んでみましょう。

よくある質問

Q:ECサイトでよく使用されるKPIはありますか?

A:ECサイトでよく使用されるKPIには、セッション数、購入率、回遊率、LTV、リピート率などがあります。これらの指標は、トラフィック、売上、顧客エンゲージメントなどの観点からECサイトのパフォーマンスを評価するのに役立ちます。

Q:KGIとKPIの設定方法はどのように行えば良いですか?

A:KGIとKPIを設定する際には、まず組織のビジョンや戦略目標を明確にしましょう。次に、具体的な数値目標や質的な目標を設定し、期限を定めます。KGIに対してKPIが関連していることを確認し、KGIの達成に向けて必要なKPIを選択します。さらに、定期的なモニタリングと評価を行い、必要に応じてKGIやKPIの見直しを行います。

Q:KPIの設定において注意すべきポイントはありますか?

A:KPIを設定する際には、目標の定量化や定性化が重要です。具体的で測定可能な目標を設定しましょう。また、目標の難易度を適切に設定することも重要です。容易すぎる目標ではモチベーションが低下し、困難すぎる目標では挫折感やストレスが生じる可能性があります。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/07/01】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|5選

ページトップへ