キーワードのマッチタイプとは?マッチタイプの種類や効果的な設定例について解説

キーワードのマッチタイプとは

キーワードのマッチタイプとは、広告配信プラットフォーム上で広告が表示される条件を設定するための指定方法です。適切なマッチタイプを選択することで、ターゲットオーディエンスに効果的にアプローチすることができます。

キーワードのマッチタイプの種類

完全一致

完全一致のマッチタイプでは、キーワードと検索クエリが完全に一致する場合に広告が表示されます。例えば、キーワードが「ショッピングバッグ」の場合、検索クエリが「ショッピングバッグ」であれば広告が表示されます。

フレーズ一致

フレーズ一致のマッチタイプでは、キーワードを含むフレーズが検索クエリに含まれている場合に広告が表示されます。例えば、キーワードが「ショッピングバッグ」の場合、検索クエリが「大きなショッピングバッグを買う方法」であれば広告が表示されます。

部分一致

部分一致のマッチタイプでは、キーワードの一部が検索クエリに含まれている場合に広告が表示されます。例えば、キーワードが「ショッピングバッグ」の場合、検索クエリが「可愛いショッピングバッグ」であれば広告が表示されます。

効果的なマッチタイプの設定例

部分一致はキーワードを調査するのに有効

部分一致は、潜在的な顧客の検索クエリを調査するために有効なマッチタイプです。広告が表示されることで、関連するキーワードやフレーズを収集し、キーワードリサーチに役立てることができます。

完全一致は1語キーワードのときに使う

完全一致は、1語のキーワードに対して使用すると効果的です。具体的なキーワードに対して的確に広告を表示させることができ、コンバージョン率の向上に寄与します。

フレーズ一致は複合キーワードの可能性を探るという点有効

フレーズ一致は、複合キーワードに対して有効なマッチタイプです。複数のキーワードを組み合わせたフレーズに広告を表示させることで、ターゲットオーディエンスの幅広いニーズに応えることができます。

まとめ

キーワードのマッチタイプは、広告のターゲティングにおいて重要な役割を果たします。適切なマッチタイプを選択することで、ターゲットオーディエンスに対してより効果的にアプローチすることができます。完全一致、フレーズ一致、部分一致などのマッチタイプを適切に活用し、広告キャンペーンの成功を目指しましょう。

よくある質問

Q: マッチタイプは複数指定できますか?

A: はい、マッチタイプは複数指定することができます。複数のマッチタイプを指定することで、さまざまな検索クエリに対して広告を表示させることができます。ただし、マッチタイプの組み合わせによっては広告の表示が重複することもあるため、注意が必要です。

Q: マッチタイプの設定はどこで行いますか?

A: マッチタイプの設定は、各広告配信プラットフォームの広告キャンペーン設定の中で行います。具体的な手順は各プラットフォームのドキュメントやヘルプセンターを参照してください。マッチタイプの設定はキャンペーンの効果を大きく左右するため、慎重に設定することが重要です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/03/21】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ