名寄せとは?実施プロセスとおすすめツールを紹介

名寄せとは

概要

名寄せとは、データベースに重複して存在するデータを名前や住所、電話番号などの情報をもとにして同一人物や同一企業のデータとして1つにまとめることを指し、名寄せは検索結果を改善するだけでなく、マーケティングや広告などのターゲティングにも使われます。名寄せ情報を元に、特定のグループのユーザーに対して、関連する広告を表示できます。

顧客データ統合の必要性

顧客データ統合は、複数のデータソースから得られた顧客データを統一的な形式で管理することを目的としたプロセスです。これにより、同一顧客の情報を複数のデータソースから正確に把握できるようになります。顧客データ統合は、マーケティングやセールスなどのビジネスアクティビティにおいて欠かせないものとなっています。顧客データを統合することで、顧客情報の重複や誤りを回避し、より正確な顧客情報を把握できます。これにより、顧客に対するターゲティングやセグメンテーションなどのマーケティング活動をより効果的に実施できます。

名寄せを実施する際のプロセス

対象データの調査と選別

名寄せを実施する前に、どのようなデータソースを使用するかを明確にする必要があります。この調査によって、利用可能なデータソースを選別し、名寄せの対象となるデータを決定します。

データの抽出

選別されたデータソースから必要なデータを抽出するところから名寄せのプロセスが始まります。このステップでは、不要なデータを除外し、名寄せに必要なデータのみを保持するように整理します。

データのクレンジング

抽出されたデータには不正確な情報や重複する情報が含まれている場合があります。このステップでは、不正確な情報や重複する情報を修正し、正確な顧客データを構築するために必要な準備を行います。

IDを付与しマッチングを行う

このステップでは、同一顧客を識別するための一意の識別子(ID)を付与し、顧客データをマッチングします。これにより、異なるデータソースからのデータを正確に統合できます。これらのステップを繰り返し、名寄せを実施することで、顧客データを正確かつ統一的な形式で管理できます。

名寄せのおすすめツール

FORCAS

FORCASは顧客データ統合のためのツールの1つです。名寄せを実施する際には、顧客データを整理し、一貫性のあるデータを提供するために使用されます。FORCASは、異なるデータソースからのデータを正確に統合でき、顧客データを効率的に管理できます。

Sansan

Sansanは、顧客情報を収集・管理するためのツールの1つです。名寄せを実施する際には、異なるデータソースからのデータを整理し、一貫性のあるデータを提供するために使用されます。Sansanは、顧客データの管理と分析を効率的に行うことができます。

DataStage®

DataStage®は、顧客データの統合・管理のためのツールの1つです。名寄せを実施する際には、異なるデータソースからのデータを整理し、一貫性のあるデータを提供するために使用されます。DataStage®は、大量のデータを効率的に処理でき、顧客データの分析に有効な情報を提供できます。

まとめ

名寄せは、顧客データ管理の有効性と効率性を向上させることが目的のプロセスです。名寄せを実施することで、複数のデータソースから得られた顧客情報を一元管理することができ、顧客情報の確実性が向上します。また、名寄せを通じて得られた顧客データは、マーケティング活動や顧客分析などに活用できます。名寄せは、適切なツールの選択や統合手法の適用などによって、より効果的に行うことができます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ