楽天市場の商品ページで売上を上げるためのコツ

楽天市場の商品ページ作成で抑えるべき3つのポイント

ユーザーの心をつかむファーストビュー要素

商品の特徴やメリットを紹介する高品質な画像や魅力的な動画など、目を引くビジュアルを用意することが有効です。ユーザーがページにとどまり、製品についてもっと知りたいと思うように仕向けるには、強い第一印象を与えることが重要です。

商品の特徴や魅力を伝えるボディ要素

商品のユニークな特徴やセールスポイントを伝えることが重要です。これには、明確かつ簡潔な製品説明の記述、主要なメリットの強調、ユーザーが抱く可能性のある懸念や疑問への対処が含まれます。ユーザーに響くように製品の価値を伝え、ニーズに合った製品であることを納得させることが肝心です。

購入を促すクロージング要素

ユーザーの行動を促し、購買に結びつくようにすることが重要です。これには、「カートに入れる」ボタンや期間限定キャンペーンなど、ページ全体にCTA(コール・トゥ・アクション)を組み込むことが含まれます。さらに、カスタマーレビューやソーシャルプルーフを掲載することで、信頼感を醸成し、ユーザーの購買意欲を高めることができます。

楽天市場の売れる商品ページで意識するべきポイント

サムネイル画像に興味を惹く情報を入れる

ユーザーの興味を引くサムネイル画像を作成することが重要です。商品の最も重要な特徴を強調する画像を使用することで実現できます。また、サムネイル画像にテキストなどの情報を入れることで、より目を引く画像にすることができます。

丁寧な説明で長いページを作成する

ユーザーが必要とするであろう関連情報をすべて盛り込んだ、長いページを作ることが重要です。

最大登録数まで画像を設定する

できるだけ多くの画像を含めることも、成功する製品ページを作成する上で考慮すべき重要です。これは、楽天市場が許容する最大数の画像を使用して、製品をさまざまな角度から紹介し、最も重要な機能を強調することを意味します。

スマホ対応のデザインにする

現在の楽天市場の売上の約8割はモバイル経由での売上となっています。スマホに最適化されたページを作成することが重要です。これは、あらゆる画面サイズやデバイスでうまく機能するレスポンシブデザインを使用することを意味します。

ユーザー行動を意識してCTAを設置する

ページ全体に明確なCTA(コール・トゥ・アクション)を設けることで、ユーザーの行動を促し、購買につなげることができます。つまり、「カートに入れる」または「今すぐ購入する」というボタンをページ内の戦略的なポイントに配置することです。ユーザーの行動を考え、どこでアクションを起こすかを予測することが重要です。

まとめ

楽天市場で商品ページを作成する際、商品の販売に効果的なページを作りたいのであれば、いくつかの重要な要素があります。ユーザーの興味を引くサムネイル画像を作成すること、商品の重要な特徴やメリットをすべて盛り込んだ詳細な商品説明を書くこと、そして、できるだけ多くの画像を使って商品を紹介することが肝心です。また、モバイル端末に最適化されたページを作成し、ユーザーが行動を起こして購入するよう促す明確なコールトゥアクションを盛り込むことも重要です。これらのガイドラインに従うことで、楽天市場で成功する商品ページを作成し、売上アップとビジネスの成長に役立てることができます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ