【Amazon】スポンサーブランド広告に広告グループが追加

Amazonスポンサーブランド広告、複数の広告グループが作成可能に

22年以前は複数の広告グループを作成できなかった

22年までのバージョンでは、複数の広告グループを作成することができませんでした。

複数の広告グループによりクリエイティブ変更を行っても共通のキャンペーンが使用可能に

複数の広告グループを作成することにより、クリエイティブの変更を行っても共通のキャンペーンを使用することができるようになりました。

複数の広告グループ作成の注意点

機能実装前のキャンペーンは未対応

新しい機能が実装される前に作成されたキャンペーンには対応していない可能性があります。

スポンサーブランド広告の最適化

スポンサーブランド広告は審査基準項目が多く、最適化に時間を要する

スポンサーブランド広告は審査基準項目が多く、最適化には時間がかかることがあります。

共通のキャンペーンを利用して最適化が以前よりスムーズに

複数の広告グループを作成することにより、共通のキャンペーンを利用して最適化をスムーズに行うことができます。

まとめ

Amazonスポンサーブランド広告には広告グループの追加が可能になりました。22年以前のバージョンでは複数の広告グループを作成することができませんでしたが、現在は複数の広告グループを作成できるようになりました。また、複数の広告グループを作成することにより、クリエイティブの変更を行っても共通のキャンペーンを使用することができます。スポンサーブランド広告の最適化には審査基準項目が多く、時間を要することがありますが、複数の広告グループを利用することで最適化をスムーズに行うことができます。Amazonスポンサーブランド広告の活用や最適化に取り組んでいくことがおすすめです。

よくある質問

Q: スポンサーブランド広告の広告グループとは何ですか?

A: スポンサーブランド広告の広告グループは、複数の広告をまとめて管理する単位です。1つのキャンペーンに複数の広告グループを作成することができ、それぞれの広告グループに異なるキーワードや広告の設定を適用することができます。

Q: 22年以前のバージョンでは広告グループが作成できなかったのですか?

A: はい、22年以前のバージョンでは広告グループの作成ができませんでした。しかし、現在は複数の広告グループを作成することができるようになりました。

Q: 広告グループを複数作成するメリットは何ですか?

A: 広告グループを複数作成することにより、異なるキーワードや広告の設定を適用することができます。これにより、よりターゲットに合った広告を作成し、キャンペーンの最適化をより効果的に行うことができます。

Q: スポンサーブランド広告の最適化に時間がかかる理由は何ですか?

A: スポンサーブランド広告は審査基準項目が多く、厳格な審査が行われるため、最適化に時間がかかることがあります。また、広告グループの設定やキーワードの選定など、細かな設定を行う必要があるため、時間を要することがあります。

Q: 機能実装前のキャンペーンはどうなるのですか?

A: 機能実装前のキャンペーンには、広告グループの設定が適用されないため、以前の設定が継続されます。新しい機能を利用するには、新しいキャンペーンを作成する必要があります。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ