【Amazon】Amazonスポンサー広告の始め方

配信前の確認事項

Amazon出品用アカウントの種類を確認する

出品する前に、自身のAmazonアカウントが出品用アカウントであることを確認しましょう。出品用アカウントでない場合は、必要に応じてアカウントの変更手続きを行ってください。正しいアカウントであることを確認することで、スムーズにスポンサー広告を利用することができます。

セラーアカウントの「小口出品」はスポンサー広告を利用できない

「小口出品」のセラーアカウントは、スポンサー広告を利用することができません。

スポンサー広告を活用したい場合は、セラーアカウントを「大口出品」に変更する必要があります。

Amazonスポンサー広告の始め方

オートターゲティング機能を利用して配信を開始

スポンサー広告の配信を開始する際には、オートターゲティング機能を活用することができます。オートターゲティングは自動的にターゲットを選定し、広告を配信する機能で、初めてスポンサー広告を利用する場合にはおすすめです。オートターゲティングを利用することで、効果的な広告配信をスムーズに開始することができます。

広告レポートを活用してターゲティングを分析

広告レポートはAmazonスポンサー広告の効果を分析する貴重なツールです。広告レポートを活用することで、広告のターゲティングをより効果的に分析することができます。広告レポートを定期的に確認し、クリック率(CTR)、掲載回数、費用対効果(ROAS)などの指標を詳細に分析しましょう。また、レポート内のキーワードのランキングや成約率のデータを元に、ターゲティングの最適化を行い、広告のパフォーマンスを向上させることができます。

広告代理店運用には権限付与

セラーアカウントはセラーセントラルから招待を行う。

セラーアカウントを持っている場合、広告代理店を利用するためには、セラーセントラルの設定画面から広告代理店を招待する必要があります。広告代理店には、広告の運用や最適化を行うための権限を付与することができます。必要な権限を設定することで、広告代理店がセラーアカウントの広告を運用することができるようになります。

ベンダーセントラルは広告アカウントから招待を行う。

ベンダーセントラルの広告アカウントを利用する場合、広告代理店を招待する方法は、広告アカウントから行う必要があります。必要な権限を設定することで、広告代理店がベンダーセントラルの広告を運用することができるようになります。

まとめ

Amazonスポンサー広告の運用には、広告レポートを活用してターゲティングを分析し、効果的な広告を最適化することが重要です。また、広告代理店を利用する際には、セラーアカウントやベンダーセントラルの広告アカウントに対して権限を付与する必要があります。

よくある質問

Q: 広告レポートの活用方法は?

A: 広告レポートを定期的に確認し、クリック率(CTR)、掲載回数、費用対効果(ROAS)などの指標を詳細に分析し、広告のターゲティングを最適化することができます。

Q: 広告代理店を利用するにはどうすればいい?

A: セラーアカウントの場合、セラーセントラルの設定画面から広告代理店を招待し、必要な権限を付与することができます。ベンダーセントラルの場合は、広告アカウントの設定画面から広告代理店を招待し、権限を設定することができます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/30】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ