【効果絶大】​デジタルマーケティング専門家の見解で描くスマホ最適化の成功

ランディングページ最適化(LPO)とは

ランディングページ最適化(LPO)とは、ウェブサイト上のランディングページを改善するためのプロセスです。LPOの目的は、訪問者がランディングページ上で望む情報を見つけ、アクションを起こすことを促進することです。

ランディングページとは

ランディングページとは、訪問者が特定の目的を達成するために設計されたウェブページのことです。例えば、商品の購入、申し込み、ダウンロードなどがその目的になります。ランディングページは通常、ウェブサイト内の他のページとは異なるデザインやコンテンツを持ち、訪問者がアクションを起こしやすくするように設計されています。

ランディングページ最適化(LPO)とは

ランディングページ最適化(LPO)とは、ウェブサイト上のランディングページを改善するためのプロセスです。LPOの目的は、訪問者がランディングページ上で望む情報を見つけ、アクションを起こすことを促進することです。LPOには、ランディングページのデザイン、コンテンツ、フォームの配置、ボタンのテキストなど、多くの要素が含まれます。

スマホ向けランディングページについて

スマホ向けのランディングページとは

スマホ向けのランディングページとは、モバイル端末からアクセスすることを前提に設計されたランディングページのことです。スマホ向けのランディングページは、画面サイズや表示方法が異なるため、デスクトップ向けのランディングページとは異なるデザインやコンテンツが必要です。スマホ向けのランディングページは、スピードやレスポンシブデザインなどの最適化も重要な要素です。

ランディングページをスマホ向けに作成する目的

ランディングページをスマホ向けに作成する目的は、以下のようなものがあります。

スマホユーザーの直帰率を下げる

スマホユーザーは時間が限られており、デバイスの操作がデスクトップよりも制限されているため、スムーズな体験が求められます。スマホ向けランディングページを作成することで、スマホユーザーの直帰率を下げ、滞在時間を延ばすことができます。

ランディングページのCV率を高める

スマホ向けランディングページは、デスクトップ向けランディングページよりも、訪問者がアクションを起こしやすいような最適化が必要です。スマホ向けランディングページを作成することで、訪問者のコンバージョン率を高めることができます。

スマホユーザーのニーズを把握してランディングページを最適化する

スマホ向けランディングページを作成する際には、スマホユーザーのニーズを正確に把握し、それに合わせた最適化が必要です。スマホユーザーは、タッチ操作や縦スクロールに慣れているため、スマホ向けランディングページではそれらを活用した操作性やデザインが必要です。また、スマホ向けランディングページは、高速な表示速度やシンプルで分かりやすいコンテンツが求められます。スマホユーザーのニーズを把握し、それに合わせた最適化を行うことで、スマホユーザーのコンバージョン率を向上させることができます。

スマホLP最適化のコツ

スマホ向けランディングページを最適化する際には、以下のようなコツがあります。

電話番号をクリックすると電話がかけられる「CTC(click to call)」を設置する

スマホユーザーは電話をかけたい場合があるため、電話番号をタップするだけで電話をかけられる機能「CTC(clicktocall)」を設置することは有益です。これにより、スムーズなコミュニケーションを促進し、コンバージョン率の向上につながります。

ボタン(CTA)はシンプルに大きく

スマホの画面サイズは小さいため、ボタン(CTA)はシンプルで分かりやすく、大きめに設定する必要があります。また、複数のボタンがある場合には、その中でも最も重要なアクションを促すボタンをより目立たせるように工夫することが大切です。

クリッカブル要素は立体化するなどして強調する

スマホの画面は小さいため、クリッカブル要素を立体的にするなど、視覚的に強調する工夫が必要です。例えば、影を付けたり、立体的なボタンにすることで、ユーザーはクリックすることができるボタンなのだと認識することができます。また、色使いやフォントサイズにも注意し、読みやすいデザインを心がけましょう。

クリッカブル要素の周りには余白を設ける

スマホの画面は小さいため、クリッカブル要素の周りに余白を設けることで、誤タップを防ぎ、ユーザーのストレスを軽減することができます。また、クリッカブル要素同士が近すぎないように配置することで、操作性を向上させることができます。

見出しや文章は簡潔に

スマホの画面は小さいため、見出しや文章は簡潔で分かりやすくすることが重要です。また、文字サイズも大きめに設定し、読みやすいデザインにすることで、ユーザーの興味を引きつけ、情報を伝えやすくなります。

ヘッダーのロゴにはサイトトップへのロゴを貼る

スマホの場合、画面上部のヘッダーにはロゴを配置することが一般的です。このヘッダーのロゴにサイトトップへのリンクを貼ることで、ユーザーがトップページに戻ることができるようにすることが大切です。また、ホームボタンやメニューボタンなども設置することで、ユーザーの利便性を高めることができます。

まとめ

本記事では、スマホ向けランディングページ最適化について解説しました。スマホユーザーのニーズを把握し、クリッカブル要素の周りに余白を設けたり、ボタンをシンプルに大きくすることで直帰率を下げ、CV率を高めることができます。また、簡潔で分かりやすい文章や、ヘッダーのロゴにはサイトトップへのリンクを貼ることも重要です。スマートフォンを活用するユーザーは、PCからWebサイトをみるユーザーとアクションが異なります。スマホ向けランディングページを最適化することで、ユーザーエクスペリエンスを向上させ、ビジネスの成果を上げていきましょう。

よくある質問

Q: スマホ向けランディングページを作成するときに気をつけるべき点はありますか?

A: スマホ向けランディングページを作成するときには、「クリッカブル要素の周りに余白を設ける」「ボタンをシンプルに大きくする」「見出しや文章は簡潔にする」「ヘッダーのロゴにはサイトトップへのリンクを貼る」といった点に注意することが重要です。

Q: スマホLP最適化をすることで、どのようなメリットがありますか?

A: スマホLP最適化をすることで、「スマホユーザーのニーズに合わせたページを提供できるため、直帰率を下げることができる」「クリッカブル要素のデザインを工夫することで、CV率を高めることができる」「スマホユーザーにとって使いやすいページを提供することで、ユーザーエクスペリエンスを向上させることができる」「ユーザーエクスペリエンスの向上により、ビジネスの成果を上げることができる」といったメリットがあります。

Q: スマホLP最適化において、CTC(clicktocall)を設置することのメリットは何ですか?

A: CTC(clicktocall)を設置することで、ユーザーが電話をかける手間が省けるため、コンバージョン率を上げることができます。また、電話での問い合わせが増えることで、顧客満足度を高めることもできます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/06/03】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ