AmazonDSP広告とは?基本的な意味と実施するメリットを解説

AmazonDSP広告とは

AmazonDSP広告とは

AmazonDSP広告とは、広告主がAmazon Advertising上で配信することができる、オンライン広告を購入するためのプラットフォームです。

AmazonDSPの仕組みと特徴

AmazonDSPは、リアルタイム入札システムを使用して、オーディエンスターゲティングに基づいた広告を配信することができます。DSPにより、広告主はさまざまな配信先に広告を配信することができます。

AmazonDSP広告のメリット

Amazonのオーディエンスデータを活用できる

Amazonのオーディエンスデータにより、広告主は顧客の行動や嗜好に関する詳細な情報を得ることができ、広告キャンペーンのターゲットを絞り込み、キャンペーンのパフォーマンスを向上させることが可能です。これにより、コスト削減、コンバージョンの増加、他の広告主に対する競争優位性を得ることができます。さらに、オーディエンスデータを分析することで、将来の広告や製品開発に役立つ貴重な顧客インサイトを得ることができます。

Amazon外で広告を配信することができる

Amazonでは外部サイトにターゲティングして広告を掲載する機能を提供しています。このネットワークには、サードパーティのウェブサイトやアプリが幅広く含まれており、広告主はAmazonのプラットフォームを越えてキャンペーンのリーチを広げることができます。広告主はオーディエンスデータを使用して、Amazonのプラットフォームでオーディエンスをターゲティングする方法と同様に、これらの外部サイトで関連するオーディエンスをターゲティングすることができます。これにより、ブランドの認知度を高め、広告主のウェブサイトへのトラフィックを促進し、最終的に売上と収益の増加につなげることができます。

ブランディング効果が期待できる

AmazonDSPは、Amazonの膨大な顧客データとターゲティング能力を活用し、特定のオーディエンスにリーチできるため、強いブランディング能力を有しています。また、AmazonDSPは、Amazon直営サイトやその他のサードパーティサイトのプレミアムインベントリーを利用できるため、広告出稿をより自由にコントロールでき、高品質なインプレッションを確保することが可能です。このように、正確なターゲティングとプレミアム在庫の組み合わせにより、AmazonDSPはブランド認知の構築と強化のための強力なツールになります。

AmazonDSP広告の配信面

Amazon内

Amazon.co.jp、KindleやFireTVなどのAmazonデバイス、IMDbなどのAmazonが運営するWebサイトなど、Amazonのプラットフォームやサービス内で広告を表示することができます。

AmazonPublisherServices(APS)

APSは、Amazonが所有するプログラマティック広告プラットフォームで、広告主が第三者のウェブサイトやアプリの広告枠を売買できるようにするものです。広告主は、AmazonDSPを利用して、APSの在庫にある広告を購入し配信が可能です。

GoogleAdExchange

Googleが所有するプログラマティック広告プラットフォームで、広告主は第三者のWebサイトやアプリの広告枠を売買することができます。AmazonDSPは、GoogleAdExchangeの在庫広告を購入するためにも使用することができます。

AmazonDSPのターゲティング種類

AmazonDSPは下記のタイプのオーディエンスデータを提供しており、このオーディエンスを利用してターゲティング設定をすることが可能です。

  • デモグラフィック:Amazonの顧客の年齢、性別、世帯収入など。
  • 行動データ:Amazonでの過去の購入履歴や閲覧履歴。
  • インマーケットデータ:Amazonで特定の商品・カテゴリを購入した履歴
  • 興味関心:Amazonでの閲覧行動から推測される興味・関心
  • リマーケティングデータ:自社製品に興味を示したがまだ購入していない顧客

AmazonDSPの費用

AmazonDSP広告の課金方式

AmazonDSPの課金モデルは、CPC(Cost-Per-Click)またはCPM(Cost-Per-Thousand Impressions)のいずれかに基づいています。CPCモデルでは、広告主は、ユーザーが広告をクリックした場合にのみ課金されます。CPMモデルではその広告のインプレッション1000回毎に課金されます。

まとめ

AmazonDSP広告は広告主がAmazon内外のオーディエンスにリーチするための広告プラットフォームです。様々なターゲティングオプションを提供し、広告主はAmazonのオーディエンスデータを活用することができます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ