ショッピングカートシステムアプリは何が良い?無料版と有料版の違いに注目して紹介します

ショッピングカートシステムとは

概要

ショッピングカートシステムとは、オンラインストアで商品を販売する際に必要なシステムのことです。顧客が商品を選択し、カートに入れ、購入するまでの一連の流れを管理する役割を担っています。ショッピングカートシステムは、顧客にとってはスムーズな購入体験を提供し、販売者にとっては在庫管理や売上管理の効率化につながります。

ショッピングカートシステムの種類

ショッピングカートシステムには、オープンソースの無料で利用できるシステムや、有料の専用システムなど、さまざまな種類があります。また、自社で構築するオンプレミス型と、クラウド型のサービスもあります。導入するショップの規模や予算、目的に合わせて、適切なシステムを選択することが重要です。

ショッピングカートシステムの導入方法

ショッピングカートシステムを導入するには、まず自社のオンラインストアに合わせたシステムを選択します。その後、ショッピングカートシステムを設置するためのプラグインやアプリを導入し、必要な設定を行います。導入前には、ショッピングカートシステムの使い方やカスタマイズ方法についてのマニュアルや動画を確認することが大切です。

ショッピングカートシステムのメリット

ショッピングカートシステムの導入により、顧客にとっては、ショッピングのスムーズさや安心感の向上が期待できます。販売者にとっては、在庫管理や売上管理の自動化による業務の効率化。また、顧客データの蓄積や分析が可能になるため、顧客嗜好の把握やターゲットの設定、マーケティング施策の改善など、ビジネスの成長につながるデータ活用が可能になります。また、ショッピングカートシステムは、24時間営業が可能であるため、時間や場所を問わず商品を購入できる環境を提供できます。

無料で使えるショッピングカートシステムアプリ

無料で使えるアプリのメリット

初期コストが抑えられる

無料で使えるショッピングカートシステムアプリの最大のメリットは、初期コストが抑えられることです。自社サイトを構築する場合に必要な、サーバー代やシステム開発費用などのコストが発生せず、低コストでECサイトを開設することが可能です。

気軽に導入をしてみることが出来る

無料で使えるショッピングカートシステムアプリは、サイト運営に必要な機能が簡単に導入できるため、気軽に試してみることができます。また、初期段階で必要な機能だけを導入することができるため、無駄なコストを抑えることも可能です。

無料で使えるアプリのデメリット

機能に制限がある

無料で使えるショッピングカートシステムアプリのデメリットとしては、機能に制限があることが挙げられます。有料のアプリと比べると、機能面で制限があるため、ECサイトの成長に伴い、有料のアプリへの移行が必要になる場合があります。

拡張性が低い

無料で使えるショッピングカートシステムアプリは、拡張性が低いこともデメリットの一つです。サイトの成長に伴い、機能追加やカスタマイズが必要になる場合がありますが、無料で使えるアプリでは限界があるため、有料のアプリへの移行が必要になる場合があります。

無料で使えるアプリ一覧

STORES

STORESは、無料で使えるショッピングカートシステムアプリの一つで、初めてECサイトを開設する方におすすめです。簡単に導入できるため、気軽に始めることができます。

カラーミーショップ

カラーミーショップは、無料で使えるショッピングカートシステムアプリの中でも人気が高く、初めてECサイトを開設する方におすすめです。簡単に導入できるため、気軽に始めることができます。

Shopify

Shopifyは、無料で使えるショッピングカートシステムアプリの中でも人気が高いアプリで、ECサイトの運営に必要な機能が豊富に揃っています。

Squareオンラインビジネス

Squareオンラインビジネスは、無料で使えるショッピングカートシステムアプリの一つで、初めてECサイトを開設する方におすすめです。簡単に導入できるため、気軽に始めることができます。

MakeShop

MakeShopは、無料で使えるショッピングカートシステムアプリの中でも、多機能なアプリとして知られています。初めてECサイトを開設する方にも、ECサイトの拡張を考える方にもおすすめです。

BASE

BASEは、無料で使えるショッピングカートシステムアプリの中でも、使いやすさが高く、初めてECサイトを開設する方にもおすすめです。カスタマイズも簡単に行えるため、自分好みのECサイトを作り上げることができます。

有料で使えるショッピングカートシステムアプリ

有料で使えるアプリのメリット

機能が豊富

有料のショッピングカートシステムアプリには、多くの機能が用意されています。例えば、在庫管理や注文管理、顧客管理、決済機能などが充実しており、ECサイトの運営に必要な機能が網羅されています。

様々なデザインが用意されている

有料のショッピングカートシステムアプリには、様々なデザインが用意されています。自社のブランドに合わせたデザインを選ぶことができるため、より魅力的なECサイトを作ることができます。

独自ドメインが設定出来る

有料のショッピングカートシステムアプリを利用すると、独自のドメインを設定することができます。独自ドメインを設定することで、ブランドイメージの向上やSEO対策の向上に繋がります。

有料で使えるアプリのデメリット

コストがかかる

有料のショッピングカートシステムアプリは、利用するにあたって一定のコストがかかります。初期費用や月額費用など、コストについては事前に確認が必要です。

気軽に使ってみることが出来ない

有料のショッピングカートシステムアプリは、無料のアプリと比較して気軽に使ってみることができません。慎重に選定する必要があるため、導入には時間がかかる場合があります。

有料で使えるアプリ一覧

らくうるカート

らくうるカートは、クレジットカードやコンビニ決済、銀行振込、代金引換など、豊富な決済手段を用意しています。これにより、多様な顧客のニーズに対応することができます。 また、、商品ページや注文フォーム、決済画面など、細かい部分までカスタマイズできる機能があります。これにより、自社ブランドのイメージに合わせたショップを作成することができます。

futureshop

futureshopは、初めての人でも簡単に操作できるシンプルなデザインが特徴です。初心者でも迷うことなく、スムーズにショップを作成することができます。更に、SNSとの連携機能があり、商品を紹介するための投稿を簡単に作成することができます。また、検索エンジンに対応し、SEO対策が施されているため、集客につながるショップを作成することができます。

shopserve

shopserveは、オンラインストアの構築から運用までをトータルで支援するショッピングカートサービスです。初期費用や利用料金が低価格であることが魅力で、手軽にオンラインストアを開設することができます。また、デザインテンプレートやカスタマイズ機能も豊富で、自社のブランドイメージに合わせたオンラインストアを作ることができます。さらに、各種決済手段に対応しており、安心して利用することができます。ビジネスを拡大するための様々な機能も提供されているため、利用者から高い評価を受けています。

WTE

WTEは、日本語、英語、韓国語、中国語など、多言語に対応しています。海外展開を考えている企業にはうってつけのショッピングカートアプリです。また、WTEには、専門のサポートチームが常に対応しており、不具合やトラブルがあった場合も安心して利用することができます。

グーペ

グーペは日本の企業が提供する国産ショッピングカートシステムであり、豊富な機能やサポート体制が特徴です。多言語対応や国内決済手段の充実など、国内ビジネスに適した機能が充実しています。また、顧客管理や注文管理などのビジネス機能も充実しており、大手企業から中小企業まで広く利用されています。

W2Unified

W2Unifiedは、日本の企業が提供するショッピングカートシステムであり、多くの機能やデザインテンプレートが用意されています。また、ユーザーにやさしい操作性やサポート体制が評価されており、ビジネス拡大に対応した機能も充実しています。さまざまな決済手段に対応しているため、国内ビジネスに適しており、安心して利用することができます。

まとめ

ショッピングカートシステムアプリは、オンラインストアを開設する上で必要不可欠なツールです無料・有料のショッピングカートシステムアプリを比較し、自社に合ったものを選択することが成功への第一歩です。

よくある質問

Q:ショッピングカートシステムを選ぶ際に重視するべきポイントは何ですか?

A:ショッピングカートシステムを選ぶ際には、セキュリティー性・拡張性・カスタマーサポート・コストの5つのポイントを重視することが重要です。

Q:ショッピングカートシステムの導入にかかる期間はどのくらいですか?

A:ショッピングカートシステムの導入にかかる期間は、システムの種類や導入内容によって異なります。導入前には事前に確認しましょう。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2023/11/29】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ3選

ページトップへ