Amazon広告費売上高比率「ACoS」とは

ACoSとは

概要

ACoSとはAdvertising Cost of Salesの略で、Amazon広告において広告キャンペーンの効率を判断するための指標です。広告から生み出された総売上高に対する広告費の比率を算出するものです。

ACoSの計算方法

ACoSの計算方法は下記の通りです。

ACoS=(広告費÷広告による総売上高)×100

ACoSとROASの違い

ROASはReturn on Ad Spendの略で広告キャンペーンの投資収益率(ROI)を計算するものです。広告キャンペーンによって生み出された収益を、費やした費用に対する比率として測定します。ROASはパーセンテージで表され、(収益/広告費)×100で算出されます。ACoSとROASの違いは、ACoSが広告キャンペーンのコストに着目しているのに対し、ROASは投資対効果に着目している点です。

ACoSの最適値

ACoSの最適値は扱う商材や商品の利益率にもよりますが、一般的にACoSの平均数値が20~25%程度、最適値が10%~20%とされています。

ACoSの改善方法

ターゲティング別パフォーマンス分析

Amazonの広告ダッシュボードまたは分析ツールを使用して、各ターゲティングオプションのパフォーマンスデータを確認し、各指標を見て各ターゲットオーディエンスのパフォーマンスを判断します。各ターゲットオーディエンスのパフォーマンスを比較し、どのターゲットオーディエンスが最も多くの売上を生み出し、どのターゲットオーディエンスがうまくコンバージョンしていないかを判断します。分析結果を鑑みて適切な入札を行うことでACoSが改善されます。

ターゲティングの入札調整

Amazonでは、特定の製品カテゴリ、ブランド、顧客セグメントをターゲットにするなど、さまざまなターゲティングオプションを利用できます。ターゲティング入札調整は最も関連性の高いオーディエンスに到達するための方法で、各ターゲティングオプションの入札を調整することで、特定のオーディエンスにリーチするために費やす金額を抑制することができます。例えば、より多くの売上を生み出す可能性の高いターゲット層には入札額を増やし、コンバージョンが低いターゲット層には入札額を減らすという選択が可能です。

A/Bテストの実施

ヘッドライン、画像、ターゲット層など、広告のさまざまな要素を検証し、A/Bテストを行い最も効果的な方法を判断しましょう。

定期的なメンテナンス

定期的にパフォーマンスを分析し、改善すべき点を特定するメンテナンスを行いましょう。日々の細かい調整がACoS改善につながります。

まとめ

ACoSはAmazonの広告キャンペーンの効率性を判断するために使用される指標です。広告から生み出された売上に対する広告費の比率を算出するものです。ACoSを向上させるにはターゲティング入札の調整、効果判定の実施、定期的なメンテナンスにより広告キャンペーンを最適化していく事が重要です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ