検索クエリとは?その意味とキーワードとの違いから活用方法までを徹底解説

検索クエリとはなにか

検索クエリとは、検索エンジンで検索するときに入力する検索条件やキーワードのことを指します。例えば、Googleで「旅行 東京」と検索する場合、”旅行”と”東京”が検索クエリになります。

検索クエリの意味

検索クエリは、検索エンジンがウェブページや情報を検索する際に利用されます。検索クエリを入力することで、ユーザーは自分が欲しい情報に関連するウェブページを検索することができます。検索クエリの正確性や詳細度によって、検索結果が変化するため、適切な検索クエリの入力が重要です。

検索クエリとキーワードの違い

検索クエリとキーワードは似た意味を持つ言葉ですが、微妙な違いがあります。検索クエリは検索エンジンで検索するための検索条件やキーワードの集合であり、ユーザーが入力するものです。一方、キーワードは、ウェブページやコンテンツに含まれる重要な単語やフレーズのことを指します。検索エンジンは、ウェブページに含まれるキーワードを解析し、検索クエリに含まれるキーワードに一致するものを検索結果として表示します。

検索クエリの主な種類

検索クエリには、大きく分けて以下の3つの種類があります。

インフォメ―ショナルクエリ(情報型)

インフォメーショナルクエリとは、特定の情報を知りたいときに行う検索です。例えば、「ホテル 東京」や「ダイエット方法」などがインフォメーショナルクエリの例です。この種類の検索では、特定の情報に関する情報源を探し出すことが目的となります。

ナビゲーショナルクエリ(案内型)

ナビゲーショナルクエリとは、ある特定のウェブサイトにアクセスするために行う検索です。例えば、「Amazon」や「Twitter」などがナビゲーショナルクエリの例です。この種類の検索では、特定のウェブサイトに直接アクセスするための手段を探し出すことが目的となります。

トランザクションクエリ(取引型)

トランザクションクエリとは、商品やサービスを購入するといった、具体的な行動を起こす際の検索です。例えば、「マウスパッド 購入」や「フライト予約」などがトランザクションクエリの例です。この種類の検索では、購入や予約などの取引行為を行うための手段を探し出すことが目的となります。

検索クエリの活用方法

検索クエリは、ウェブサイトのSEOやリスティング広告作成、UI/UX改善など、様々な分野で活用することができます。

検索クエリをSEOに活用する

検索エンジン最適化(SEO)では、検索クエリをキーワードとして用いることが一般的です。ウェブサイト内に特定のキーワードを配置することで、検索エンジンからのアクセス数を増やすことができます。また、検索クエリの傾向を分析し、より効果的なキーワードを見つけることも重要です。

検索クエリをリスティング広告作成に活用する

リスティング広告では、検索クエリをキーワードとして用いることで、ユーザーにターゲットとなる広告を表示することができます。検索クエリの傾向を分析し、効果的な広告を作成することが重要です。

検索クエリをUI/UX改善に活用する

検索クエリの分析を通じて、ユーザーが求めている情報や商品・サービスの傾向を把握することができます。これに基づいて、ウェブサイトのUI/UXを改善し、ユーザーの利便性を向上させることができます。また、検索クエリから得られるデータを活用して、新たなコンテンツやサービスの開発にもつなげることができます。

まとめ

検索クエリは、ユーザーが検索エンジンに入力するキーワードやフレーズのことであり、情報型・案内型・取引型の3種類に分類されます。検索クエリはSEOやリスティング広告作成、UI/UX改善など、様々な分野で活用することができ、検索クエリの傾向を分析することでより効果的なマーケティング手法を確立することができます。

よくある質問

Q: 検索クエリとキーワードは同じものですか?

A:検索クエリとキーワードは似たようなものですが、少し異なります。検索クエリは、ユーザーが検索エンジンに入力する文字列全体のことを指します。一方、キーワードは、検索クエリの中から、特定の単語やフレーズを抜き出したものを指します。つまり、検索クエリは複数のキーワードから構成される場合があります。

Q: 検索クエリの分析にどのようなツールが使われますか?

A:検索クエリの分析には、Google AnalyticsやGoogle Search Consoleなどのツールがよく使われます。これらのツールを使用することで、ウェブサイトのアクセス状況や検索クエリの傾向を把握することができます。

Q:検索クエリを分析することのメリットは何ですか?

A:検索クエリの分析をすることで、ユーザーがどのようなキーワードでウェブサイトにアクセスしているかを把握することができます。これにより、より効果的なSEOやリスティング広告の作成が可能になります。また、検索クエリから得られるデータを元に、UI/UX改善や新たなコンテンツの開発などにも活用することができます。

Q: 検索クエリはどのように入力するのですか?

A:検索クエリは、検索エンジンの検索欄にキーワードやフレーズを入力することで入力することができます。また、ボイスサーチの普及に伴い、音声での検索クエリの入力も可能になっています。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ