ライブコマースとは?意味とメリットをわかりやすく解説

ライブコマースとは

概要

ライブコマースとは、オンラインショッピングの一種で、顧客がリアルタイムのビデオストリーミングを通じて商品やサービスを購入できる仕組みを指します。ライブ配信は通常、商品の専門家やインフルエンサーが司会を務め、商品を紹介し、その特徴や利点を強調し、顧客の質問にリアルタイムで答えます。

日本のライブコマース市場

日本におけるライブコマース市場は、より多くの消費者がこの新しいインタラクティブなショッピング体験を受け入れることで、急速に成長しています。顧客が製品やベンダーと直接関わることができるライブコマースは、従来のオンラインショッピングでは得られなかったユニークでパーソナライズされたショッピング体験を提供します。また、ライブコマースは、中小企業にとって、より多くの顧客にアクセスし、顧客基盤を拡大するための便利でアクセスしやすい方法です。

ライブコマースが注目されている理由

巣ごもり消費の増加

コロナウイルスの流行による在宅消費の増加により、消費者が自宅で買い物ができる便利で身近な方法として、ライブコマースへの関心が高まっています。

インターネット上の動画視聴者の増加

昨今インターネット上の動画視聴者の増加により、ライブコマースを通じて顧客にリーチする新たな機会が生まれました。インターネット上の動画視聴者の増加に伴い、ライブコマースは、企業が自社製品を紹介し、より多くの視聴者にリーチするためのインタラクティブで魅力的なコンテンツを配信することが重要です。

ライブコマースのメリット

商品の魅力を伝えやすい

ライブコマースでは、自社製品をダイナミックかつインタラクティブに紹介し、その特徴や利点をリアルタイムに強調でき、顧客のエンゲージメントを高め、販売する製品への関心を高めることができます。

顕在層に販売を促しやすい

ライブ配信で視聴者にアプローチすることで、より簡単に製品を宣伝し、リアルタイムで販売を促進できます。これは、より多くの消費者にリーチしたい中小企業にとって特に有効な手段です。

リアルタイムで顧客とコミュニケーションを取れる

ライブコマースでは、リアルタイムで顧客と直接コミュニケーションを取り、質問に答えたり、懸念事項を解決することができます。これにより、信頼関係を築き、顧客満足度を高めることができます。

ライブコマースと相性の良い商品・サービスの見極め方

ターゲットが10~20代

10〜20代の消費者はファッションやビューティー、家電製品など流行や見た目に敏感な商品に惹かれます。このような商品は、リアルタイムで簡単に紹介・実演できるため、ライブコマースに適しています。

まとめ

ライブコマースとは、オンラインショッピングの一種で、顧客がリアルタイムのビデオストリーミングを通じて商品やサービスを購入することを指します。ライブコマースでは、商品の特徴や利点を紹介し、顧客とリアルタイムで直接コミュニケーションをとることができます。日本におけるライブコマース市場は、このパーソナライズされたショッピング体験が顧客に受け入れられ、急速に成長しています。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > Amazon > 広告 > 【予算設定解説】Amazonスポンサー広告の効果的な予算と配信設定|成功のポイントも解説

ページトップへ