SNSマーケティング成功したいなら知るべき縦型動画|メリットやSNS別の活用法をご紹介

縦型動画と横型動画の違い

横長の動画はフレームが広く、横長であることが特徴で風景や集合写真、アクションシーンなど、広い視野を必要とするコンテンツに適しています。一方、縦型動画は、縦向きで撮影され、スマートフォンなど縦に持つモバイル端末での視聴に最適化されています。InstagramやTikTok、Snapchatなど、主にモバイル機器からアクセスされるソーシャルメディアプラットフォームで人気が高まっています。

縦型動画が増えている背景

Instagram、TikTok、Snapchatなどのソーシャルメディアプラットフォームは、ユーザーとのエンゲージメントを高め、没入感のある視聴体験を提供する方法として、縦型動画を採用しています。また、縦型動画の増加のもう一つの理由は、ライブストリーミングやユーザー生成型コンテンツの人気です。縦型動画はリアルタイムで撮影・共有しやすいため、ライブストリーミングやソーシャルメディアコンテンツに最適なフォーマットとも言えます。

縦型動画のメリット

差別化できる

横長の動画が溢れる中、縦長の動画はコンテンツを目立たせ、視聴者の注目を集めることができ、横長の動画と異なる視聴体験を提供し、競合他社との差別化を図ることができます。

画面サイズが上がる

モバイル端末で視聴する場合、縦型動画は横型動画よりも画面サイズが大きくなり、視聴者はより没入感のある体験をすることができます。また、画面サイズが大きくなることで、フレーミングや構図の自由度も高くなります。

完全視聴率が高い

縦長の動画は、横長の動画に比べて完全視聴率が高いという研究結果があります。これは、視聴者が画面全体を占める動画を離脱する可能性が低く、より魅力的な視聴体験を提供することができるためです。

縦型動画のデメリット

視野の制約

縦型動画は画面が縦長になるため、横型動画よりも視野が狭くなります。これにより、情報を伝える際に画面全体を活用することが難しくなります。

ユーザーエクスペリエンスの低下

多くのスマートフォンやデバイスは横型で使用されることが一般的です。縦型動画は画面全体を使えないため、視聴者が見る際に不便さを感じる可能性があります。

美術や映像表現の制約

映画やテレビなどのメディアは一般的に横型の視覚表現を使用しており、縦型動画ではそれらの表現が制限されることがあります。特にパノラマや広い風景などを表現する際に問題が生じることがあります。

各SNSでのマーケティング活用法

TikTok

TikTokは、若い視聴者の間で人気が高まっている短編動画プラットフォームです。TikTokで効果的にマーケティングを行うには、企業は自社の製品やサービスを紹介する魅力的で楽しい動画を作成することができます。また、TikTokの人気インフルエンサーとコラボレーションすることで、ブランドの認知度やエンゲージメントを高めることができます。

Instagram

Instagramは、さまざまなマーケティング機会を提供するビジュアルプラットフォームです。Instagram Stories、IGTV、Reelsなど、Instagramのさまざまな機能を活用して、ブランドや製品を紹介することができます。また、関連するハッシュタグを使用し、コメントやダイレクトメッセージを通じてフォロワーとエンゲージすることで、エンゲージメントとブランドの認知度を高めることができます。

Facebook

Facebookは、ターゲット広告やスポンサーポストなど、さまざまな広告オプションを提供する人気のプラットフォームです。Facebookにビジネスページを作成することで、ブランドの認知度を高め、フォロワーとのエンゲージメントを高めることができます。また、Facebook Liveを活用して、製品の紹介や舞台裏を伝えることも、エンゲージメントの向上につながります。

Twitter

Twitterは、リアルタイムの会話とニュースに重点を置いたプラットフォームです。Twitterを活用して、製品やサービスの最新情報を提供し、ツイートやダイレクトメッセージを通じて顧客と関わることができます。また、関連するハッシュタグを利用したり、Twitterのチャットに参加することで、ブランドの認知度やエンゲージメントを高めることができます。

縦型動画を活用するときの注意点

縦型動画を活用する際の注意点についてお話しします。

コンテンツの適正性を考慮する

縦型動画は一部のコンテンツに適していますが、すべてのコンテンツには適しているわけではありません。テキストや図表が多いコンテンツよりも、よりシンプルで垂直なイメージが強いコンテンツに向いています。

シンプルなメッセージを重視する

縦型のスペースは限られているため、複雑なメッセージや情報を伝えるのは難しいです。伝えたいメッセージをシンプルかつ効果的に表現するように心がけましょう。

キャプションの重要性

スマートフォンを使用しているユーザーは、通常、音声をオフにしていることがあります。そのため、縦型動画ではキャプションを使用してメッセージを伝えることが重要です。

視覚的に引き付ける要素の配置

縦型動画は画面が縦長になるため、視覚的な引き付け要素を画面上部に配置することが効果的です。最初の数秒で視聴者の注意を引くような工夫が必要です。

ソーシャルメディアプラットフォームの規格を考慮する

縦型動画を利用する場合、各ソーシャルメディアプラットフォームの動画規格に合わせて編集する必要があります。各プラットフォームが異なる規格を持っているため、適切なサイズで提供することが重要です。

テストと改善

縦型動画はまだ一般的な動画形式と比較して相対的に新しいです。効果を測定するためにテストを行い、視聴者のフィードバックを収集し、改善していくことが重要です。

これらの注意点を考慮することで、縦型動画の効果的な活用が可能となります。縦型動画は特定のシナリオや目的において非常に有用ですが、目的や視聴者に合わせて工夫することが大切です。

縦型動画を活用している企業の事例

ヨガウェアブランドルルレモン

人気のヨガアパレルブランドであるルルレモンは、自社のインスタグラムページで縦型動画を活用し、製品の動きを紹介しています。縦型動画を通じて、ヨガのポーズやワークアウトを紹介し、視聴者に没入感のある魅力的な体験を提供しています。縦型動画を活用することで、競合他社との差別化を図り、ターゲットとなる視聴者と効果的にエンゲージすることができています。

バケーションレンタルのオンラインマーケットプレイスAirbnb

Airbnbは、自社のInstagramページで縦型動画を活用し、ユニークなバケーションレンタル物件を紹介しています。縦型動画を活用することで、物件の内部と外観を撮影し、視聴者に没入感のある体験を提供しています。自社の物件を効果的に紹介し、従来のホテルとの差別化を図ることができます。

ピザチェーン店「ドミノ・ピザ」

ドミノ・ピザは、Instagramのページで縦型動画を活用し、ピザの提供やキャンペーンを紹介しています。縦型動画は、ピザや注文のプロセスをクローズアップしており、視聴者に没入感と魅力的な体験を提供しています。縦型動画を活用することで、効果的に商品を宣伝し、ターゲットとなる視聴者とエンゲージメントを築くことができるのです。

まとめ

縦型動画は、モバイル端末でより没入感のある視聴体験を提供し、画面占有率も高いため、より注目を集め、魅力的な動画となります。そのため、企業やコンテンツ制作者は、ソーシャルメディアプラットフォームでターゲットとなる視聴者とエンゲージする方法として、縦型動画を活用することが多くなっています。縦型動画を効果的に活用することで、競合他社との差別化を図り、ソーシャルメディア上でターゲット層とエンゲージしていきましょう。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > Amazon > 設定・手順 > 【重要情報】Amazonカスタマーレビューの種類と増やす方法|効果的なレビュー戦略を解説

ページトップへ